梓想庵 あずさ丸日記

梓想庵のあずさ丸が、脱力しながら、つづる日々。

秋の夜長がチンチロリン。

2018年09月12日 20時06分10秒 | たわごと

ばんこんは。



今日もかわいいあずさ丸じゃ。



ブログの更新が進んでおらず、もうすぃわけござらぬのぅーん。(←謝る気ないんじゃないか)




実は、いろいろ販売できる準備が整いました(名前が知らないけど芸人みたいに)




でも、この秋の夜の虫らしく、チロチロと小出しにして、お客さんに楽しんでもらおうと思いまする。 は?





この秋も楽しみにしてくだされ。


こうご期待じゃ。


コメント

秋の夜じゃな・・・(いえまだ8月です)

2018年08月29日 19時05分34秒 | たわごと

ばんこんは。


秋の夜が大好きなあずさ丸じゃ。



虫の声って、本当にいいと思いませぬか? リーン


毎晩、月を見ながら団子を食いたいものでございまする。そこ




ニュースで「サンマが豊作」って聞くたびに、はぁーサンマと栗ご飯が食べたい


ってなるのじゃが、ここにボンって誰かつくっておいてくれませぬかな。人頼み




やっぱり大戸屋にいくしかないかな。 どこまでも人頼み



さて。そんなサンマだの栗だのおいしそうな秋の味覚はおいて置いて、


梓想庵にも旬のものがいっぱいだよ急に




まずは、これ



刀剣販売むしゃ処で、今週発売となった「蛍丸」の模造刀じゃ


これがまた長くて、事務所にいる拙者の領域を侵略しているのじゃが


先程、初回制作のご用意分は売り切れとなりましたのじゃ。わーい





で。次なる旬はこれ



女性のための弓具やさん 弦月で、先週販売となった女性用弓道着「月数衣(つきかずごろも)」水色じゃ。


かわいいー 


こちらも絶賛販売中じゃ




まぁ、刀の「蛍丸」がサンマみたいなものなら、弓道着の「月数衣」は栗ご飯みたいなものじゃな。





は?





ちなみに、「月数衣」は商品名をなかなか覚えてもらいづらくて、


売ってるこっちまで「つきかず ごろも」だっけ「ころも」だっけ?


って混乱しているのじゃが、確か「つきかずごろも」でした。はい。



ま、「天ぷらごろも」みたな感じでござります。 また食べ物



では、月だの天だの、空の話で涼しくなったところで、 いや食べ物


今日はここまでじゃー







コメント

夏休みを満喫しておりますかの?

2018年08月07日 18時32分42秒 | 刀剣販売

こんにちは。あずさ丸じゃ。



拙者、あずさ丸は、「あずさ」という実在するお馬さんの分身なのじゃが、


先日、その本家あずさの様子を見に行ったところ、“夏を耐えてる老馬感”がハンパじゃなかったのじゃ



全エネルギーを“夏を耐えることだけ”につかってる感じでござりました。暑いからねー


大丈夫かなぁ・・・・拙者の分身・あずさは・・・頑張れ、あずさ





さてさて。


最近の梓想庵には、続々と新刀剣たちのサンプルが工房から届いておりまする。


各職人さんにお願いして作ってもらっているので、つくりも大きさもバラバラなのじゃ。


そんなこともあって、拙者の滞在している事務所が、どんどん段ボールに埋もれていって、活動エリアが狭いのじゃ。せまっ



新刀剣たちの写真をお見せできないのが残念じゃが、今後撮影など準備を進めまするので、

お盆玉を握りしめて、今しばらくお待ちくださいませチャリーン




できれば、この夏~秋にかけて、蛍丸・乱藤四郎・太鼓鐘貞宗・厚藤四郎を販売したいと思っておりまするのじゃ。へぇ





ちなみに、刀剣販売むしゃ処の弟分・西洋銃剣スイセイバーという西洋武具の通販サイトも、

拙者が、ちまちまと可愛がって運営しているのじゃが


最近は、新たにかっこいい&美しい銃を追加したり、サイトを見やすくしたりと改良を重ねたのじゃ


よかったら、見て下され →西洋銃剣スイセイバー



日本刀剣は、なんとなく黒いイメージに映える奥深さがあるのじゃが、闇じゃよ


西洋の武器というのは、赤や植物といった華やかな中に映えるイメージなんじゃがな。


じゃがじゃが。


ジャガイモっておいしいじゃが。←急にどうした



ふぇー。


明日も頑張りまする。




コメント

おまけという楽しみ、悲しみ、喜び、そして旅立ち。

2018年07月25日 10時48分18秒 | たわごと

こんにちわんこそば。


今日も暑くてしんどい、あずさ丸じゃ。




最近、おまけのカンカンを作ったことをブログに書いたのじゃが、


それ以来、梓想庵のスタッフ達の心に火がつき、


おまけ制作に燃えだしたのでござりまする。







刀剣販売むしゃ処のかっこいいイメージに合うように、店主が作った、

ボールペン。





こだわりは、ゆるゆるな拙者(あずさ丸)のイラストを入れたところでござりまする。




そして、なんと字が書けるんです



はぁ?






そして、もう一つ。 女性用弓道具販売の弦月のイメージに合うように、女性スタッフがつくったのが、

カンカン。

 意外にオサレ―



中は何も入ってないように見えて、窒素や酸素などの空気が詰まっています



要するに、何も入ってないんじゃな。





 どちらも、いい感じ(←誰も褒めてくれないから自分で褒めた)





なので、おまけのグッズが欲しい人は、是非、リピート購入してくだされ。




いや。そんな陳腐なグッズ目当てに買う人、いませんて。




ちなみに、リピート購入してくだった場合でも、

時期やお客様の購入内容によっては、おまけが変わったり、

あるいは、なかったりする場合もありますので、ご了承くださりませ。





いやいや、そこさわやかに言うとこ、違いますよ。





おまけ文化って、ほんとなんなんでしょうな。私、わんわん



傾向として、うちの店主は、売れ行きが悪いときには、たくさんおまけをつけたくなる精神みたいでござりまして。


気づいたら、リピーターじゃないお客さんにもおまけつけてるときがありますのじゃ。



もっとー・・・もっとおまけをー・・・・ ← ひからびた店主




ま、いわゆる、根っからの貧乏根性ってやつですな。チーン




それに反して、女性スタッフは、“おまけより”思考でござりまして。うげー


物を追加するよりも、サプライズでプレゼント仕様にしたりなどと、そういったことが良いのではないかと考えているようでござりまする。




まぁ・・・・結局、どちらも、「おまけ=値引き」という結論にはならないようでござりまして。チャリーン


「もらえるものはもらいたい。という、ケチケチした百姓根性なのでござりまする。ナム




梓想庵は、小さい小さい小粒で、弱小なお店なので、どうぞ許してくださりませ。


以上、本日のおまけ討論会でござりました。「え、そんなのいつやってた?」「知らないよね」



「ボールペンほしいと思った?」「いらないよね」




「カンカンほしいと思った?」「いらないよね」




「じゃ、ワンワンほしいと思った?」「え、いらないよね」




「じゃ、ワンコそばは?」「いらないよね」




「じゃぁ、ウサギそばは?」「は、いらないし。」




「じゃ、おまけで段ボールに蕎麦入ってたら?」「いや、いらないよね」




「しかもゆでた蕎麦入ってたら?」「むしろ、やだよね」



「段ボールふにゃふにゃになるよ?」「は、知らないし」




うげー (←想像して気持ち悪くなった)




今日も、すみませんでしたっ シュタッ


貴殿は健やかにお過ごしくださいませ。






コメント

灼熱の弓体験。

2018年07月15日 14時48分18秒 | 修学体験


ああぁぁぁぁっぁ、あっつい。




取り乱して、ごめんなされ。


今日もさわやか、脇汗なんてみじんもかかない、あずさ丸でござりまする。 大ウソつき




先週の暑い中、久しぶりに弓体験処でのお仕事がございましてな。


7月は修学旅行シーズンではないもんで、特別授業のような?学校の企画だったようじゃ。




見よ、この強すぎる陽射しと、青い空と緑の草たち





ちなみに、この2つのシルエットが、梓想庵の店員たち。




左の中肉中背が店主で、右が今回の助っ人・コウケンさん。スラリ



コウケンさんは、これまでも何度か弓体験のお手伝いをして下っているのじゃが、

まさに梓想庵に貢献してくださっている、スーパー助っ人のお一人なのじゃ



今回は登場しなかったのじゃが、他に、スーパー着付け担当の、かわいい紅葉さんもいるぞ

 うふふ



で。暑い中、中肉中背で、ずんぐりむっくりの店主が、20分も講習もさせていただきましたのじゃ

 女子生徒(この人より、コウケンさんが良かったなぁ…)





ただでさえ蒸し暑いのに、もう店主の講習でお腹いっぱいだってさ。←ひどい


生徒さんたちも、講習より、たかってくる蚊と戦うのに忙しいってさ。チーン





くっ・・・僕のしゃべうり魔力(パワー)もここまでかっ・・・




がんばれ、我らが、梓想庵の店主。




お給料はお主にかかっておるぞ他人事





色々忙しくて、最後に生徒さん方に見せようと思っておった刀たちも、布をかぶったまま出る幕はなかったのじゃ。






ふぇー、真夏の弓体験は、さすがにキツいのぅ。


梓想庵スタッフたちも、30代中盤に差し掛かってきて、大分へたりやすくなっておりましたとさ。





弓体験のお手伝いをしたいという、若くてフレッシュな方、是非代打お願い致しまする。他人任せ





コメント