愛国社会主義研究会

愛国社会主義(National Socialism)による日本及び世界の再建を模索する研究会です。

ニュースを斬る~2679年2月20日【勝者と敗者】

2019年02月20日 13時18分18秒 | 歴史
「勝利のキス」写真の水兵が死去 95歳

2/19(火) 5:22配信 AFPニュース



【AFP=時事】第2次世界大戦(World War II)の終結を祝う米ニューヨークのタイムズスクエア(Times Square)で、女性にキスをする姿が写真に収められ有名になった元水兵のジョージ・メンドンサ(George Mendonsa)さんが死去した。95歳。

 娘のシャロン・モラー(Sharon Molleur)さんがプロビデンス・ジャーナル(Providence Journal)紙に明らかにしたところによると、メンドンサさんは17日、ロードアイランド州ミドルタウン(Middletown)の養護施設で転倒して発作を起こし、息を引き取った。

 写真はアルフレッド・アイゼンスタット(Alfred Eisenstaedt)氏が米誌ライフ(Life)のために撮影した4枚のうちの1枚で、白い看護服を着た女性に覆いかぶさり、熱烈にキスをするメンドンサさんの姿が捉えられている。写真は「タイムズスクエアの対日勝戦記念日(V-J Day in Times Square)」というタイトルでライフ誌に掲載された。

 戦時中、太平洋地域での任務に就いていたメンドンサさんはこの日、一時帰国中だった。メンドンサさんは自分が写真の水兵だと長く主張していたが、両者が同一人物であることは最近になって顔認識技術によりようやく確認された。

 写真の女性のグレタ・ジマー・フリードマン(Greta Zimmer Friedman)さんは2016年、92歳で死去している。【翻訳編集】 AFPBB News


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

故人には慎んで哀悼を表するが、同じ時刻に敗戦した国の人間としては複雑な気持ちだというのが正直なところである。


(勝者 水兵と看護婦)


(敗者 降伏文書調印に赴く重光葵外相、梅津美治郎参謀総長ら日本全権)

日本人の国民性(当時なら尚更であるが)ならば、もし日本が勝利していたとしてもこのようなことはしなかっただろう。恐らくドイツ人もしない。
イタリア人は性格的にありそうだが。

日本は敗者にも敬意を払ってきた。敵を称えるということが武士の時代から当たり前であったのだ。


(那須与一)


(武田信玄に塩を送った上杉謙信)


(ステッセル将軍と乃木将軍)


(孫文像に敬意を払う日本兵)

我々もまた政治的に様々な敵と相対することになるだろう。
だが、敵に敬意を払う武士道は忘れないつもりだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ニュースを斬る~2679年2月18... | トップ | 住宅の所有は人権である~「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事