愛国社会主義研究会

愛国社会主義(National Socialism)による日本及び世界の再建を模索する研究会です。

ニュースを斬る~2679年1月13日【日米地位協定問題】

2019年01月13日 18時47分03秒 | 政治情勢
政府、説明から「国際法」削除 米軍に国内法不適用根拠

1/13(日) 5:00配信 朝日新聞



 米軍が日本で活動する際のルールを定めた日米地位協定に関し、政府は日本の法律を米軍に原則適用しないと説明する理由に国際法をあげることをやめた。国内法の適用による基地問題解決を求める声が強まるなか、適用しない根拠となる国際法を示せないことへの批判をかわす狙いだ。

 政府は1970年代ごろから国会で「一般国際法上、外国軍隊には特別の取り決めがない限り接受国の法令は適用されず、日本に駐留する米軍も同様」と答弁してきた。外務省のホームページにある「日米地位協定Q&A」にも明記していたが、11日に修正した。

 修正後は「一般に、外国軍隊や構成員等は個別の取り決めがない限り、軍隊の性質に鑑み、公務について受け入れ国の法令の執行や裁判権等から免除される」とし、米軍に国内法を原則不適用とする理由から「国際法」の言葉を削った。

 変更前の説明に対し、日本弁護士連合会は2014年の意見書でそうした国際法はないとし、「領域主権からして米軍にも日本法令適用が原則」と表明。地位協定に関する米政府の諮問委員会も15年の調査報告書で、受け入れ国の法適用が国際法の原則としている。

 野党は国会などで政府の立場を「被占領国当時の日米関係」と批判。沖縄県も国内法の制限が米軍機の飛行などに及ばないことを問題視しており、政府は地位協定への反発が強まらないよう説明の変更を決めた。

 ただ、外務省は説明の変更について「批判をふまえわかりやすくしたが、『原則不適用』の根拠となる国際法があるという見解は変えていない」とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日米地位協定問題】

敗戦植民地の醜態極めり

自衛と東洋解放の一大戦争であった大東亜戦争は連合国との衆寡の差に押され奮戦及ばず敗れた。
日本を占領したアメリカは冷戦が始まると共産陣営に対する前線基地として日本を利用した。
一方で吉田茂らは国防に投じる予算を最小限に抑え、経済建設に全力を投入するため日米安保を推進した。

我々は吉田茂の考えはこの時点では有益なものであったと評価する。
結果として日本は高度成長を遂げて、アメリカに追い付かんばかりの経済力を得たのである。
しかし、この時代の日本人は延々とアメリカ占領体制が継続するとは思っていなかっただろう。

日本が対米従属から脱却する最大の好機はバブル経済とソ連崩壊が起きた1980年代末であった。
最大の脅威であるソ連が無くなり、アメリカを圧倒する経済力をもって国防を整備し、日米安保を廃止するべきであったが、日本政府はそれをしなかった。

その後、バブル崩壊により経済は低迷、アメリカ式の新自由主義は国民を貧困に追いやった。
互いに利用する関係であった日米安保は、アメリカが完全な主人となった。
アメリカの臣下と成り下がった小泉純一郎に至っては、大義なきイラク侵略に追随し、自衛隊を派遣したのである。
東亜解放の精神に殉じた英霊は何と思うだろうか。

ロシアが疲弊し北方領土を奪還する機会も活かせず現在に至り、安倍晋三政府は愚かにもロシアの言うがままに金を出し、2島返還すら確約させずに平和条約へ進もうとしている。
それもやはり、日米安保があるために返還された北方領土にアメリカ軍が置かれることを警戒していることも原因になっている。

経済力は中国に追い抜かれ、今や日本は米中両属の二重属国になる危機にある。

アメリカ・ロシア・中国に抗えない現在の情勢の最大の根幹は日米安保なのである。

そして、日米安保とセットである日米地位協定によって日本国民は幾度も涙を飲まされてきた。



アメリカ軍による事故やアメリカ軍人の犯罪行為を前に日本の行政は何もすることが出来なかった。
戦友国であり、同じ敗戦国のドイツ・イタリアは米軍基地を管理し犯罪も裁くことが出来る。



この情けない状態を解決することこそ日本国民の権利と生活を守り、英霊に恥ない国家をつくる急務である筈だが、日本政府は日米地位協定の根拠となる国際法がないことを誤魔化すことしか出来ないでいる。

何とも情けない現状ではあるが、これを打破するためには日本国民の怒りを我々のような皇道派・民族派が汲み取り広げていき、やがて維新政党・新風のような民族主義政党が躍進して自民党政府に取って代わるしかない。

ドイツのヒトラーは果断な勇気と知略をもって20年でヴェルサイユ体制を打破した。
70年以上継続しているヤルタ・ポツダム体制はヴェルサイユ体制よりも強固な壁である。
だが、日本民族の生存を掛けて戦後体制を打破しなければならない。
そして、世界の不平等を正して道義によって地球に秩序を築かなければならない。

悠久の大義に結集せよ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 皇道派、「偽愛国者」の差別... | トップ | ニュースを斬る~2679年1月27... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治情勢」カテゴリの最新記事