獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

アルシオーネ発見!

2012年06月09日 | CARS&F1

 「東京ホルモン」を探して由仁町内を徘徊していた際、偶然に面白いモノを発見。
    
 それは、地元のスバルディーラーさんに展示されていた「初代アルシオーネ」だった。
    
 このクルマが登場した’85年当時。私は「なんてカッコ悪いクルマなんだろう」と思っていた。
 だが、それから30年近くが経ち、その際立つウエッジシェイプが、今ではむしろカッコよく見えるから、不思議だ。
 土曜日だというのに、このディーラーさんはお休み・・・このクルマの詳細を確認することが出来なかったのが、実に残念である。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「東京ホルモン」でランチ | トップ | 真夜中のジジ放談:第4回「... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
商売っ気が・・・ (Tanac)
2012-06-10 12:37:45
アルシオーネってこっちですか(^_^;)
(でも土曜日に休んでますか・・・)

30年ですか。このかっこよさは・・・これにあって、失ったもの・・・
(クルマはかっこいいという想い?)

 
Unknown (ぼつ)
2012-06-10 15:15:58
アルシオーネ探索で辿り着きました

手前味噌ですが
アルシオーネのデザインは空力を追い求めた結果のデザインです
そう言う意味では機能美とも言えるかとい思います
機能美であれば時代を超えて理解されるものなのかもしれませんね

ちなみに、これはこの方ですね
http://c-koritsu.com/blog/?cat=55

アルシオーネVX (獅子丸)
2012-06-10 18:49:39
Tanacさんこんばんは。

「SVX」はもちろん素晴らしいですが、この「VX」も、今の時代で見ると、意外なくらいに素晴らしいです。
ああ、この大仰なウエッジシェイプ。
なにか「科学特捜隊」のクルマみたいで、カッコいいです!
時空を越えて (獅子丸)
2012-06-10 18:54:06
ぼつさん、こんばんは。

初代アルシオーネは、スタイルはもちろん、インパネも個性的で素晴らしいですよね!
http://www.carsensor.net/CSphoto/cat/SB/S019/SB_S019_F001_M001_2_L.jpg

実は、時代を超越した、名車だったのかもしれません。
当時これを理解できなかった、私はコドモでした・・・
AXですか (しん)
2012-06-16 15:38:39
こんにちは。
BP5.A.2.0i乗りなので、2.0i繋がりでいつも拝見させていただいております。

AX(アルシオーネ)、おそらく2.7VXと思われます。

最近、この世代のスバル車、アルシオーネ・レオーネに惹かれています。

今の車にはない魅力(魔力!?)があり、このAXはまさに垂涎モノ(笑)

ハイトコントロール装着のクーペなんて、当時皆無です。クーペボディでハイトコントロールをあげて、悪路を走る‥なんて想像(妄想!?)したら、今でも乗りたいと思わせるのに充分です(苦笑)

国産はミニバンと燃費追及のクルマばかりで趣味的に壊滅状態なので、この当時のクルマに行き着くのかも知れません。

同じBP5乗りとして、よろしくお願いします。
’80年代のスバル車 (獅子丸)
2012-06-16 16:57:16
しんさん、こんにちは。

このアルシオーネの時代のスバル車。
当時高校生だった私は、大嫌いでした(笑)
ですが、今見ると、このアヴァンギャルドさというか独自性は、まさにシトローエン並で、垂涎モノですよね!
http://www.youtube.com/watch?v=8KUWkXXhE8c

また、いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
今後も、レガシィ2.0iレポートを地味に続けていく所存ですので、こちらこそ、末永くよろしくお願いいたします!

コメントを投稿