わにの日々-中西部編

在米30年大阪産の普通のおばさんが、アメリカ中西部の街に暮らす日記

アメリカ史上最大の大学入試不正事件にびっくり

2019-03-13 | アメリカのニュース
 だってアメリカの入試って、日本みたいに試験の結果で白黒付けるっていうんじゃなくて、高校時代のスポーツ参加やら、ボランティア経験等も考慮されるので、下駄を履かせるのも簡単そうだし、なにより親の寄付金額とかも重要じゃありませんか?トランプや娘のイヴァンカが名門のペンシルヴァニア大学のウォートン・スクール出てるのも、金積んだら入学できるって証明しているようなもん。

 今回の事件で、自分の子供を裏口入学させるために大金をはたくことなんかできない庶民の私が知ったことは2つ。替え玉受験や回答修正とか出来るんだぁ~、という驚きの事実と、その見返り金として支払われたといわれる数千万程度の寄付じゃ、受け入れてもらえないんだ、って事。

このニュースを伝えるYahoo!の記事によると、
入試準備クラスに通うことのできる富裕層の子どもたちは、ぶっつけ本番で試験を受けなくてはならない子どもよりも有利な立場にある。そのつながりは明確にはされないが、相当な額の慈善寄付を行うことは合格するためによく取られる手段だ。大学施設などの建設に十分な資金を提供した最富裕層には、入学が何世代にもわたって保証されることもあった。

 トランプ親子だけではなく、決してお勉強の出来なさそうなジョージ W.ブッシュも、天下のイエール出てるもんねw

 今回、名前の挙がった南カリフォルニア大学なんて、学費も超お高いので有名で、授業料だけで4年で7万ドルはかかるそうです。それにLAど真ん中のお家賃等も考えれば、費用は相当なものに。あと、中国からの留学生が超大いのも有名。キャンパス、中国人だらけ、中国語だらけで、ここは何処?なる。要は、金持ち学校ってことなので、今回、マクグラシャン被告が、息子のUSC入学のために支払った25万ドル程度の寄付じゃ、大学側に受け入れてもらえるレベルじゃないんでしょう。

 裏口で受かったセレブの子供たちのせいで押し出されてしまった子がいたら可哀そうだけど、裏口とばれて大恥かいた本人たちも辛いでしょう。流石に、退学させられなかったとしても、自主退学するしかないようねぇ。押し出された子達は、名門校に受かっていたかもしれないくらいだから、きっと他のいい学校にも受かっていたに違いない。むしろ、本当に本人の知らないところで親が勝手にやってたなら、相当なトラウマだと思う。

 うちの息子たちは、のほほ~んと志望大学に受かって、のほほ~んと楽しく大学生活を送っているけど、高望みせず、身の丈に合った学校を受けたからだと思う。私は、一応アメリカでは「難関」といわれる学校の大学院に行ったけど、学部生たちの授業についていこう、良い成績を取ろう、そして周りを出し抜くための競争は壮絶でした(大学院はそれほどでもない)。実力もないのに難しい学校に行ってた子達は、中で苦労してなかったんだろうか?それとも、お金積んで家庭教師付けたり、レポートの代筆やってもらってたんでしょうかね~?

 でも、裏口入学なんて、今に始まったことじゃなくて、昔からあったと思うのですが、今更、なんで急に大々的に操作したのかしら?なんとなく勘繰っちゃう…
コメント

春は進め

2019-03-11 | 日記
 今年もまた、「Spring forward(春には進める)」が、やって参りました。かつては夏時間と呼ばれていたけど、その名にはそぐわなくなってしまったので、Day Light Saving Time (日光節約時間)と呼ばれる約9か月間。残り3か月が、「標準時間」なのですが、1年の4分の一だけ「標準(Standard)って、なんか違和感。でも、日光無駄時間とも言えないし、「冬時間」とか?

 昔はもっと「夏」になってたような気がしたのは、気がしただけじゃなくてで、現在の3月の第二日曜日に時計を一時間進め、11月の最初の日曜に戻すようになったのは2005年からで、それ以前は一年を半々に分けて、4月の最後の日曜に進めて、10月の最後の日曜に戻してたそうです。

 最初に言い出したのは、ベンジャミン・フランクリン。どうせ、その辺りだろうなってと思ったら、やっぱりだった。1784年に「光熱費が減ってお得じゃね?」と、ベンおじさんが示唆したものの、当時は完全無視されました。それが、第一次世界大戦中の1918年に、節電目的で始まったそうです。戦時の緊急措置で始めたものが、その後、延々100年以上も続き、州によってバラバラだったサマータイムが統一されたのも1966年で、半世紀以上前。

 私の住んでいるところは緯度が高いので、やっと家を出るころに明るくなってきたなぁと思っていたのに、いきなり真っ暗時間に逆戻り。節電じゃなくて、逆に電気代かさみますよ。夏には夜の9時を過ぎても明るいままだけど、一般的なアメリカの家庭は、フツーに家でテレビ見てると思うの。ヒャッハー!9時なのに明るい~!って、夜な夜なアウトドアを楽しんでる人のほうが少数派だと思うの。むしろ、今週の「いだてん」の四三くんみたいに、外が明るいので眠れない子供たちに親は苦労する。

 節電に関しても、実際、アメリカにおける電力消費量は、あんまり変わらないらしい。代わりに、心臓発作、脳溢血、交通事故が多いのがこの日で、裁判における判決も、普段より厳しくなる傾向がある等々が報告されています。んだって。百害あって一利無しみたいな感じだけど、なんで止めないのかは、ゴルフ業界への悪影響など、企業利益の観点からなのだそうです。確かに、退社後にご流布して、そのあとBBQでビールをプハ~、最高!って人にとっては嬉しいし、健康に良い面もあるのでは、という意見もあります。ま、心臓発作とか事故とか起こさなきゃ、ですが。

 ならば、「標準」の方を止めちまえ!ということで、いくつかの州が検討中だそうです。トランプも、「オレは無くしても構わないと思う」ってツイートしたらしいく、一つくらい、いいことしろよ、と。壁作るよか、喜ぶ国民ずっと多いわ。ああ、眠い…


ほんと、これ
コメント

トランプはじわじわと追い詰められている

2019-03-08 | アメリカのニュース
バージニア州連邦地裁のT.S.エリス判事は、昨日7日、脱税や国外の銀行資産を隠した罪などで、トランプ大統領陣営の元選対本部長、ポール・マナフォート被告(69)に禁錮47か月の実刑判決と罰金5万ドルの支払いを言い渡しました。今朝のNPRでは、短すぎっ!と、話題になっています。連邦基準を鑑みると、12~25年のはずだそう。

 とはいえ、これとはまた別に、来週にはさらに10年分、ウクライナのためのロビー活動を隠してた罪への量刑も加えられる予定で、晩年は刑務所で暮らすことになりそう。マナフォート自身は「死んでもトランプに恩赦なんか求めるもんか」と言っているそうですが、どうせウソだろ、って意見もありました。マナフォートは、トランプ陣営とクレムリンの関係解明の鍵となる存在です。2016年の大統領選へのロシアの介入や、モスクワのトランプタワーに関する疑惑への証拠を握っている可能性があります。トランプは今朝も強気で、「ロシアとの共謀なんてない。魔女裁判だ!」とツイートしていますが、どんな証拠書類が出てくるか、興味津々ですね。

 トランプの元顧問弁護士である、マイケル・コーエンの捜査・裁判も続いているし、議会への虚偽発言等で有罪判決を受けるのは必至という状況。で、トランプ一家はいつ刑務所に行くの~?
コメント

罷~免来い、はーやく来い

2019-03-07 | アメリカのニュース
2020年のアメリカ大統領選に向けて、なんとかチランプを引きずり下ろしたい民主党からゾロゾロと大量の候補者が出馬表明をしていますが、本命に近いと思われていたヒラリー・クリントン姐さん、ブルームバーグ元ニューヨーク市長は不出馬を表明。曰く、「、「予備選プロセスで、民主党の本選挙での勝利の確率が減り、トランプ氏再選につながるような極端な事態に陥ることは絶対避けるべき」で、「ドナルド・トランプを打ち負かし、米国を再び結束させるのに最も優位な立場に立つ民主党員をわれわれが指名することがぜひとも必要」という発言に、100万回くらい頷いたわたくしにございます。

 他にも、学生に大人気のたバーニー・サンダース上院議員(ヴァーモント州、無所属)、マサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員、前回は出馬を見送った、ジョー・バイデン前大統領が有力候補と目されていますが、この面々はお年がお年なのが心配です。私的に注目しているのは、カリフォルニア州選出のカマラ・ハリス上院議員と、元コロラド州知事のジョン・ヒッケンルーパー氏。

 ヒッケンルーパー氏は、私がコロラドに住んでいた時の、デンバー市長でした。元気に自転車で市庁舎に通勤していたので、なんとなく若いのかと思ってたけど、67歳だって。微妙。でも、デンバー市長時代から、環境保護に力を入れ、コロラド州知事時代には、全米初のメタン排出規制を実施、他にもヘルスケア加入者の拡充や銃購入者の身元調査徹底などを実現した遣り手なのですが、全国的には知名度が低いのが弱点らしい。実際、グーグルで検索すると、いとこのジョージ・ヒッケンルーパーばっかり出てくるw でも、成功したビジネスマンで、財政危機にあったデンバー市を立て直した実績もあるヒッケンルーパー氏を、アメリカはもっと知るべき。

 私はヒッケンルーパー氏贔屓ですが、カリフォルニア州民の息子たちは、 カマラ・ハリス上院議員ファンです。お母さんはインドからの移民、お父さんはジャマイカからの移民で、54歳と比較的若い。もっとも、クリントン大統領が46歳、オバマ大統領が47歳で就任したことを思えば、決して若くはないのですが、前回の選挙時の候補者の面々や、トランプが就任時70歳だったことを思えば、まだまだ先が長い。スパイダーマンも、アフリカ系アメリカ人とプエルトリカンのミックスな時代、二世で、シングルマザーに育てられ、地方検事、司法長官として敏腕をふるった切れ者です。カリフォルニアにおいては、保守的、慎重すぎるという批判もあるようですが、中西部に住んでる私から見たら、彼女が推進してきた政策は十分に急進的だよぉ

 他にも、満を期しての出馬、マサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員や、ニュージャージー州選出のコーリー・ブルッカー上院議員、37歳と若いインディアナ州サウスベンドのピート・ブティジェッジ市長等々、より取りみどりな面々ですが、大統領が限りなく黒い疑惑だらけけで、自分のわがままが聞き入れられないと議会を無視して予算を回そうとする無茶苦茶等々の、今の異常事態を何とかしてほしい!

 だいたい、先のベトナムでの米朝首脳会議だって、「予想外にも合意に至らなかった」という記事をみましたが、一体何を予想していたのか全く謎。北朝鮮が核保有を全面的にあきらめるなんて夢物語を信じていた人はいないだろうし、トランプを支持する弱みを見せないこと、常に強気な態度で支持を得ているトランプは、非核化なしに制裁解除、支援を約束するほど甘くない。私は、単にトランプが、自分の長年のフィクサーである、元顧問弁護士のマイケル・コーエンの下院での公聴会から、国民の目を逸らせるために仕組んだ、派手なイベントとしか思えない。ノーベル平和賞どころか、逆上した金が何をしでかすか心配。

 イスラエルとの密着、ロシアとの裏関係の一方で、EUや近隣カナダ、メキシコとの通商をかき回し、中国とは貿易戦争になりかねず、移民政策は国境問題のみならず、私のようなグリーンカード保持者も次の更新を心配しなきゃなんない状態、国立公園はなぜか狭くなるし、臆面もない金持ち優遇、アメリカの製造業を盛り立てるはずが、関税で逆に弱体化させ、農業も中国との関税合戦でピンチ。言い出したらきりがない。私としては、2020年まで待たずに、今すぐ弾劾・罷免してほしいですよ!


思わず笑ったTIME誌のカバー。先々週のだから、まだヒラリー姐さんやブルームバーグさんがいる
コメント

スパイダーマン・スパイダーバース

2019-03-03 | 映画・ドラマ・本
 なるほど、これは新しい!と、思いました。失った妻子を取り戻すために、巨大な加速器を用いて異次元と繋がろうと目論むキング・ピンの野望を阻止するため、異なった次元のスパイダー達が集結。キング・ピンの実験を阻止しようとして亡くなったいつものスパーダーマン、金髪碧眼ピーター・パーカー26歳の次元では、クモ・ナンバー42に刺された黒人とラティーノのミックスの中学生、マイルズ・モラリスが、スパイダーマンの遺志を継いで、新たなスパイダーマンとして成長するお話です。そこに家族愛や、友情、自分は一人じゃない、仲間がいるんだ、そして人生の中でやり直しができることなら、やり直す勇気を持とうってメッセージが伝えられ、さっぱりとした味わいの秀作でした。



 スパイダーバースには48人の異なったスパイダーマンがいるそうですが、キング・ピンと、マッドな科学者、ドクター・オクトパス(の娘さん?)の実験で、中途半端に歪んだ次元から飛ばされてきた他のスパイダー達は、白黒世界のスパイダー・ノワール、ピーターが倒れた世界でスパイダー・ウーマンとして戦うグウェン・ステーシー、「こんにちは~」って相棒のマシンとともに未来から来た二次元アニメのペニー・パーカー、マーベルの動物世界ラーヴァル・アースから来たピーター・ポークことスパイダーハム、そしてマイルズの世界から少し未来から来た中年ピーター・パーカーと、いうユニークな面々。

 それぞれの次元に応じて画面が異なり、効果音が書き文字で出てきたり、インクのかすれが表現されてたり、漫画とCGアニメの融合がセンス良く表現され、お話もテンポよく進みます。メイおばさんも、バッドマンのアルフレドのような役割もこなしてかっこいい!昨年、デジタル世界に移住したスタン・リー御大も、コミックショップの店主他、色んな所で顔を出しています。監督曰く、アニメーターが皆、御大を描きたがったから、なんだって。

 なーんか本命が外れたり、受賞者への評価が割れたり、物議の絶えない今年のアカデミー賞だけど、長編アニメのノミネート作全部観て、他の作品も気に入った私も、これは革新性やクリエーティブさで一抜けてるって納得でしたよ。劇場で見たらよかった~

コメント