東かがわ市立白鳥中学校ブログ

東かがわ市立白鳥中学校の様子を紹介します。

6年生!体験入学しました(社・数・音)編

2018年01月31日 | PTA
来年度,白鳥中に入学予定の小学6年生と保護者の方を対象に入学説明会がありました。
児童のみなさんは,簡単なオリエンテーションの後にジョイントレッスンを体験しました。
全ての教科を体験して欲しいのですが,本年度は数・社・理・音・美の5教科です。
英語については,小中連携で中学校の英語教師が小学校で授業を行っているので,今年度はありません。
どの授業も担当の先生方が得意とする内容だけあって,魅力的な授業に児童のみなさんの目は輝いているように思えました。
4月から一緒に頑張りましょう。楽しみに待っています
たくさん写真が撮れましたので,3回連続でお送り致します。
本日は,全体会と社会・数学・音楽の授業の様子です。
            

PTA交流事業開催されました!

2017年09月16日 | PTA
保護者同士,保護者と先生との親睦を図る事を目的に,本年度もPTA交流事業が開催されました。
講師は,「お菓子作りの魔術師」とも呼ばれる(私個人の見解ですが…)元PTA役員の富田さん。
お菓子からキャラ弁まで作り出すその技術は,一見の価値があります。機会があれば,見せてもらって下さい。本当に凄いです。
富田さんのお子さんが柔道部に所属していたこともあり,よく差し入れをしたそうです。
そのこともあり,柔道部員内では「めちゃめちゃ料理が上手い」かつ「食べるのがもったいないぐらい綺麗なお菓子を作る」との噂がたっていました。
ちょうど,PTA交流事業で講師を引き受けてくれる方を探していた所,その噂を聞きつけ,お願いをしたところ,何とか承諾を得ることができました。
本日の内容は,餃子を作った後に残ってしまう餃子の皮を使った「ピザ&パイ」です。
それなら,作った事がある…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,そのクオリティの高さには驚かされます。
それに,餃子の皮の使った「ミルフィーユ」という,予定には無かった秘策まで…披露していただきました。
体験コースは何と4コース!
①餃子の皮を使ったピザ,②餃子の皮を使ったパイ,③餃子の皮を使ったクレープ,④餃子の皮を使ったミルフィーユ
楽しく会話をしながら,1時間程で作りました。
             
私は,クレープコースに入ったのですが,周囲から,美味しそうな香りが漂ってきて,そちらの方に気が取られて,なかなか集中出来ませんでした。
試食した結果,すべてが期待以上のお味だったのですが,男性陣からは,「餃子の皮を使ったパイ」が大人気,女性陣からは,「餃子の皮を使ったクレープ」が好評でした。確かに,クレープは,本当にクレープ生地かと思わせるぐらいのしっとり感があり,予想を大きく上回る美味しさでした。
来年度も引き続き,PTA交流事業を実施しようと思います。
本年度,都合が合わずに参加出来なかった方,是非とも来年度は御参加下さい。まったく堅苦しくない,冗談や笑いが飛び交う会です。
私自身としては,「お菓子作りの貴婦人」(これも,私個人の見解です)と呼ばれる富田さんのお菓子作りをシリーズ化したいともくろんでいます。

お菓子作りしませんか。

2017年08月24日 | PTA
餃子を家で作っているとどうしても,餃子の皮が余ってしまいます。
翌日,ワンタンスープとして使ってみたりするのですが,「もったいない…」と思いつつ,処分してしまうことがあります。
そんな話をしていると,元PTA役員の富田さんが「お菓子にして食べられますよ。男の子でも簡単にできます。」とのアドバイスが。
そこで,私だけでなく,同じ悩みを持つ人にも知ってもらおうと,PTA交流事業で「餃子の皮を使ったお菓子作り」を実施することになりました。
富田さんのレパートリーは広く,餃子の皮を使うお菓子もいろいろあるようですが,昨年度が甘いお菓子だったことや,朝食に利用してもらうことも考え,本年度は「餃子パイ&餃子ピザ」作りの講習会としました。
     
何度か,富田さんの御厚意で,試作品を作っていただいたのですが,「これが餃子の皮!」と思うほどのクオリティの高さとなっていました。
「餃子の皮を使っています」と言わなければ,本当のパイ生地やピザ生地で作ったものと思うほどの食感と味でした。
「手軽でおいしい」&「朝食やおやつにぴったり」とくれば,是非ともみなさんにも知っていただきたく思います。
ただし,会場が中学校の調理室であることもあり,参加人数には制限がありますので,出来るだけお早めの申込をお願いします。
明日(8月25日),子どもさんが申込用紙を持ち帰りますので,御確認ください。
当日,作ったお菓子は持ち帰れます。また,「餃子パイ&餃子ピザ」以外にも試食品がありますので,お楽しみに。