★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

子ども目線の映画

2017-06-17 23:37:32 | 映画


子ども目線といったことばを聞くと、「ブルーベルベット」を思い出す。この映画は非常に素朴な映画でわたくしなど、小学生の頃のどぶ板とか田んぼの世界を思い出すくらいだ。世の中はふしぎなことばかりであるが、その代わり、チューリップや蟻などが大きく見える。この世界に帰ることはできない。大人や教師が想像する子ども目線など、疲れた大人の妄想である。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米架空戦記 対 反知性主義 | トップ | 火星人と蛍 »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事