★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

石清尾八幡宮を訪ねる7(香川の神社109――薄曇りのお昼編)

2017-12-14 13:45:59 | 神社仏閣


延齢坂という坂からの入り口もあるのであった。ここからは拝殿にショートカットで一気に行けるのである。延齢とかいいながら、ここから車でびゅんと行ってしまったら逆に足腰が弱る気がしないでもないのであるが、気にしないことにする。実際、これからは運動より金があるかないかで死ぬか生きるかが決まる世の中で――。開かれた神社だねえ……。いっそ「氏子中心の神社」とか「地域に貢献、石清尾八幡」とか世間にアピールしてはどうであろう。横の大学は最先端を走っているので、もう学生中心とか地域貢献とかいうミッションインポッシブルを掲げてかなり経つ。おかげでどんどんいろいろなものが下がっておるが……



この神社は、壕まであるな。さすが、開かれていると見せかけて、ちゃんと神域を守っているのである。象牙の塔というものをまねしたに相違ない。

この記事をはてなブックマークに追加