竜の郷あれこれ

龍ヶ崎市と周辺の名勝、観光地、行事、身の回りのことなどを写真と文書により紹介します。「気まぐれ写真日記」もご覧下さい。

令和初の新年令和二年2020年

2020-01-06 14:51:04 | 行事

  2020年(令和2年)を無事迎え、龍の郷におけるいくつかの

行事に参加したので、紹介します。

  まず、初日の出を迎えるため、小貝川の堤に行った。

  未明、空は格子縞の雲に覆われていたが、面白い日の出になる

ことを期待して、躊躇無く行った。

  小貝川に着くと、既に多くの人が堤の上に居た。

  日の出時刻の6時50分になっても、日は雲に隠されていた。

  多くの人があきらめて帰り、わずかの人だけが残る7時20分頃、

雲の合間から、日が差し始めた。

  その後、家に帰り、雑煮の朝食を食べた後、ここ20年くらい、

ほぼ毎年参拝している成田山新勝寺に行った。

  参道は、多くの人で埋まっていた。

  本堂前に10時45分頃たどり着いたが、階段への道は、ぎっしりと

人でいっぱいであった。

   本堂へ、上る人々

 

 二日には、日の出頃、雲が一つも無く、日の出がしっかりと

見えた。

 その後、近くの女化神社へ行った。参道にはそれなりに人が

並んでいた。

 

  一月五日の日曜日、やはり一つも雲が無く、近くの田園地帯

から、富士山がきれいに見えた。首都圏がまだ休みで、空気が

澄んでいたようである。

 また、同じ方向に東京スカイツリーが見え、折しも、龍ヶ崎鉄

道の車輌が通って行った。

  その後、龍ヶ崎市文化会館での出初め式を見に行った。

最初に、とび職組合の儀式があった。

引き続いて、梯子の上で、いろいろスリリングな演技が披露された。

梯子の頂での、バランスが重要そうな演技がいろいろ見られた。

  今年もいい年であることを祈った。

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 龍ぼん祭2019 | トップ | 松葉写真クラブ2020写真展 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

行事」カテゴリの最新記事