竜の郷あれこれ

龍ヶ崎市と周辺の名勝、観光地、行事、身の回りのことなどを写真と文書により紹介します。「気まぐれ写真日記」もご覧下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛久沼白鳥2020

2020-05-11 04:30:26 | 市の鳥・白鳥

 地球全体が、コロナウイルス騒ぎに揺れる2020年、ここ日本の

茨城県龍ヶ崎市牛久沼で今年も白鳥の子供たちが誕生した。

 生まれたのは牛久沼の下流の水辺公園脇の入り江で、4月28、29日

ころである。

 私が、行ったのは4月30日で、数人が上からのぞき込んでいた。

  この季節、水田に水を送るために水位を上げてあり、巣の上部

まで水に浸かり、危うく卵が水没しなくて済んだようである。

  雛は、鶏の雛によく似ているが、多少大きいくらいである。

  翌日あたりから、巣の周りを親について泳ぐようになった。

  雛たちは、巣の周りにいるが、徐々に活動範囲を広げる。

  親のあとを追って泳ぐ。

  3,4日後には、広い湖面にも出て親と一緒に100,~200m

泳いで行く。

 水辺公園の浅瀬になったところで、人々が与える、パンくずや

野菜、草などを食べる。

 人々のすぐそばまで来るが、近づき過ぎないよう、親が見張って

いて、人を威嚇することがある。

  時々水から上がり、草地で寛いだり、柔らかい草を食んだりする。

  親が草を食んでいるとき、子は草の上で寛いでいる。

  それが済むと、親子一緒に水辺に戻って行く。

  水の上をすいすいと泳ぐ。

  上のデッキから、パンなどを投げてやると、皆で食べる。

  人々は、優しく見守ったり、写真に撮ったりしている。

  皆は、無事、元気に育つことを願っている。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 龍ヶ崎市駅誕生 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

市の鳥・白鳥」カテゴリの最新記事