白井 子どもの放射線問題を考える会

私たちは保護者の目線で、低線量被曝の危険から子ども達の今と未来を守るために活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白井の甲状腺エコー検診は、即満員でした。

2017年12月10日 | 活動報告・おしゃべり会・講演会など

年に1回程度「関東子ども健康調査支援基金」の皆さんとエコー検診を行っていますが、今回は、あっという間に満員になりました。初めて受診される方も大勢いました。
これは、教育委員会の後援により、学校を通してお知らせできたことが大きいと思います。
今まで気にはなっていたけれど、どうしたらいいか分からなかったという声も聞きました。

NHKでも小児甲状腺がんの発生(福島では1回目に異常なしでその後に見つかった子供がいること)について放送しており、自分達が暮らす千葉や関東ではどうなるのか不安になるのも、もっともだと思います。
先生に親身に診ていただき、お話をすることで、少しでも不安を拭えたらと思います。

今回は、カザフスタンからの留学生も先生と一緒に来られました。カザフスタンでも福島の原発事故は重く受け止めらているとのことでした(カザフスタンでは核実験場の問題があります)。

また、原発事故問題に取り組んでいる おしどりマコ&ケンさんも見学に来られました。2月4日(日)には松戸市民劇場でトークライブを行います。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 市民活動まつりの発表資料です | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動報告・おしゃべり会・講演会など」カテゴリの最新記事