白井 子どもの放射線問題を考える会

私たちは保護者の目線で、低線量被曝の危険から子ども達の今と未来を守るために活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千葉県白井市桜台地区【三本松公園】測定

2011年11月04日 | 計測会の報告
           
安心したいので



近所の三本松公園にDoseRAE2を持って計測してきました。

先日、市役所都市環境課の方がから砂場の砂は部分的に入れ替え数値がさがったとのお返事をいただきました。


                



とっても高い数値がでてがっかりしました。安心して子どもを遊ばせたいので、線量計を買いましたが、とても安心できる数値ではありませんでした。



ブランコ周辺高さ50cm  0,44μシーベルト





砂場の砂   0,45μシーベルト/毎時






残念でした。とてもじゃないけど、遊べません。先日1歳と少し位の女の子が砂場でスコップもって遊んでました。

危険だよ!!


と言いたいところでしたが、何故か放射能に関しての話題をしてはいけない雰囲気を作り出してる


白井市


しかも安心できる数字を目指して動いてくれているのかわからない


千葉県


暫定基準値超えの汚染水を海に垂れ流し(市原エコセメント)、暫定基準値超えの椎茸やお茶が流通して、県知事はシンガポール視察。今、優先すべきは成田にカジノではありません。


この異常な放射線量を認めてください!



低せん被爆の恐ろしさについて、広島の新聞社「中国新聞」が記事にしています!!

http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/fukushima/series/Fs201110290001.html


さすが、被爆地、ヒロシマ。「被爆」とか「放射能」という言葉がNGではありません。
向き合っています。これが正しいと思います。小学生の頃から、核の恐ろしさを教えてくれる県です。

「正しく恐がる」わたしにはこの言葉がわかりません。放射線量が高いうちは、公園で遊ぶ場合の時間制限や、立ち入り禁止措置をとるべきです。どうして、できないのでしょうか?


子は宝


子どもを守ってください!!



(miru)


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 急募!考える会で一緒に活動... | トップ | 白井複合センターにて勉強会 »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
砂場 (久)
2011-11-04 23:31:32
砂場、高いですね。
うちの1才8か月の娘は今まで一度も砂場で遊ばせたことはありません。
そろそろ公園デビューを考えていた矢先の311でした。

砂場で遊ばせないことによる子どもへの精神的悪影響と、

0.45μシーベルトの砂場で遊ばせることによる、生涯にわたるかもしれない悪影響、

どちらを選ぶか?

私は
行政に働きかけ、少しでもきれいな環境に戻すことができたら、砂場で遊ばせる選択をしたいです。

今の状況、行政が動くだけで解決する問題ではありません。
他人まかせではなく、自ら動ける保護者になるのが、安全への近道です。
え? (久)
2011-11-04 23:34:17
え?
ブランコ周辺50センチの高さで0.44μシーベルト?
それは高いですね………

桜台、高いです。
けやき台よりずっとずっと高いです。

桜台地区を徹底的に計測し、除染のお願いをし、市民の方への情報提供する必要あります。
印西市 (桜台の住民です。)
2011-11-05 00:41:48
さっき千葉ニュー中央から戻りました。
千葉ニュー中央駅0.1μ台です。
がんばりの成果かもしれない。

道路渡ったら白井市に
途端に0.3~0.4μに
何もしてない結果かもしれない
低線量被ばく (mitoya)
2011-11-05 00:43:10
国は甲状腺がんが
子供達に発症してから
何をしてくれるのでしょうか?
賠償されても
健康は戻らない。
自己責任なのです。
この線量に麻痺してませんか? (OT)
2011-11-05 00:53:54
この件で3回くらい、お願いしたのですが、意味無しですね。落ち葉をどうにかしないことには、砂場の砂を入れ替えたところで線量は下がりません。順番が逆ですね。何度もブルーシートをお願いしてるんですが、ダメです。聞いていただけません。もういい加減、疲れました。何回同じことを言えばいいのかわかりません。

自己責任といえば、生肉の件でもニュースになっています。生レバーなんてお肉屋さん業界ではあたりまえの危険な食べ物です。生肉を生で小さな子どもに食べさせるなんて、本当に危険です。

危険なものはやはり危険なんです。

まずは親が子どもを守らなければいけない。

そのために知識を得る努力をしていただかないことには、何も始まらないかもしれません。

国は何も補償してくれないですよ。

福島の子だって、高線量のところに住んでる状態です。どうしたらいいのかわかりません。でも、しっかりとした知識を得て、放射能を認め、子どもを守る。間違いじゃないです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

計測会の報告」カテゴリの最新記事