白井 子どもの放射線問題を考える会

私たちは保護者の目線で、低線量被曝の危険から子ども達の今と未来を守るために活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学校での放射線副読本に、爆発後の建屋写真や汚染地図が載りました

2014年03月07日 | 放射線ニュースなど語ろう

 文部科学省が、放射線についての新しい副読本を発表しました。希望する全国の小、中、高校に配布します。
 事故後のぼろぼろになった原発建屋の写真を初めのページに載せたり、福島だけでなく白井も含めた関東地方も放射性物質で汚染されていることを地図で示しています。欲を言えば、低線量被曝の危険性を強調して欲しいですが、いろいろな意見があるなかでは、やむを得ないと思います。
 私達の意見(子ども、日本の未来を守ること)が、ある程度反映されて良かったと思います。 


 (kaw)

コメント   この記事についてブログを書く
« 子どもの命を守るのが国の義... | トップ | 解釈改憲による集団的自衛権... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

放射線ニュースなど語ろう」カテゴリの最新記事