白井 子どもの放射線問題を考える会

私たちは保護者の目線で、低線量被曝の危険から子ども達の今と未来を守るために活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月8日に白井で甲状腺エコー検診を行います

2014年09月27日 | イベントお知らせ

甲状腺エコー検診を行います。

福島では103人の子供で甲状腺がんが見つかりました。
通常は100万人に1人か2人なのですが、30万人で103人です。
放射線で発生すると言われている病気です。

子どもを守るためには、定期的な検診が重要と言われています。
しかし、診てくれるお医者さんがほとんどいないので、なかなか受診できません。
そんななかで、白井で甲状腺エコー検診を行える運びになりました。

日時 :11月8日(土)午後1時~5時
協力医:野宗義博先生 島根大学医学部総合医療学講座外科教授
場所 :白井市 桜台センター
対象 :被爆時18歳未満 できたら5歳以上(泣くと検査ができなくなるので)
    ただし、福島県からの避難者は大人でも受け付けます。
主催:関東子ども健康調査支援基金

予約時必要な事項:
 保護者氏名、
 西暦での生年月日、
 男女別、
 住所、
 連絡先(℡番号だけでなく、次回以降の検診のためメルアドもお願いします。)
 子ども(複数可)の氏名、男女別、年齢
 費用(カンパ)は一人 1.500 円となります。

詳しくは、shibata-k@rurbannet.ne.jp 090-4068-3792柴田までお問い合わせください。

コメント

菅谷昭さんの講演会 1月25日(土) 南流山

2014年01月08日 | イベントお知らせ

菅谷さんの講演会が下記の通りあります。
 日時:1月25日(土)
     午後1時 開場
     1時半  講演開始
     3時半  終了予定
 場所:南流山センター 大ホール
     南流山駅より 徒歩4分 (白井駅から30分程度です)
 タイトル:放射線から子どもたちを守るために、私たちができることを一緒に考えませんか?
 主催:菅谷昭講演会実行委員会
     (関東ネットの親達も参加しています)
 後援:流山市、流山市医師会、流山市教育委員会 他

 医師会や教育委員会も後援してくれています。
その一方で、千葉県は同じ日の同じ時間に「放射線に関する講習会」を催します。
こちらの講習会は放射能は大丈夫という内容のようです。
なんとえげつないのでしょう。

菅谷さんを招いた市民を応援しに、講演会に参加しようと思います。


コメント

明日(12日)、被災者の救済を求め、国会前で請願行動

2013年11月11日 | イベントお知らせ

明日(12日)、被災者の救済を求め、国会前で請願行動が行われます。各地からの報告やデモがあります。私も参加したいです。

http://act48.jp/  より抜粋します。

私たちは二つのことを求め、国会請願署名を集めています。
1.原発事故子ども・被災者支援法の十分かつ具体的な施策の実施を求めます。
2.賠償請求の時効問題を抜本的に解決するための特別立法を求めます。

11月12日、私たちの声を届けに国会に行きましょう!
集会と請願行動にご参加ください。

11月12日(火)のスケジュール
■集会…10:20~11:50 (開場:10:00)
会場:日比谷コンベンションホール(旧都立日比谷図書館B1F)
地図> http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

申込み不要です。どなたでもご参加ください。
参加費:500円 (当日、受付でお支払ください)

内容:
【現状分析】
子ども・被災者支援法
…河崎健一郎さん(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
原発事故被害損害賠償の時効問題
…水上 貴央さん(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
【各地からの報告】
福島からの報告
…野口 時子さん(郡山在住)
関東ホットスポットからの報告
…増田薫さん(放射能からこどもを守ろう関東ネット) 他

■デモ・請願行動 日比谷公園発 12:10~
※デモだけの参加も歓迎

主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動
連絡先:
【福島】 国際協力NGOセンター(JANIC)福島事務所
    福島県福島市栄町6-5 南條ビルA-3F
    TEL:024-573-1470 FAX:024-573-1471
【東京】 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
東京都豊島区池袋3-30-22-203
TEL : 03-6907-7217 FAX : 03-6907-7219

コメント

被災者支援法の基本方針案の説明会 13日(金)

2013年09月10日 | イベントお知らせ

原発事故子ども・被災者支援法の基本方針案の説明会が、福島と東京で開催されます。
福島は9月11日で、東京は9月13日です。

申込期限は11日の午後5時です。

復興庁による説明会のお知らせ

1.日時
平成25年9月13日(金)10:30~12:30 (開場 9:30)

2.場所
TOC有明コンベンションホール EASTホール (東京都江東区有明3丁目5)

3.議題(予定)
(1)被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)について
(2)その他

 (kaw)

コメント

講演会 チェルノブイリ原発事故後の現状とドイツ環境政策を視察して

2013年06月05日 | イベントお知らせ

日時:6月9日(日) 午後2時~4時
場所:千葉県白井市桜台センター 視聴覚室
講師:東葛病院 土谷良樹医師

主催:白井 子どもの放射線問題を考える会
  問合せ 柴田圭子 090-4068-3792
      shibata-k@rurbannet.ne.jp

 原発事故から2年経ちました。
 千葉県北西部は事故直後の風の流れのために、ヨウ素やセシウムなど放射性物質によって汚染されました。ホットスポットが点在し、チェルノブイリ法で言えば、「移住する権利を有する地域」に相当するところもあります。放射性物質は目に見えず臭いもありません。意識から遠のくのも早いように思われます。
  しかし、低線量被ばく状態の中で暮らしているという事実から目をそらさず、予防原則に立って、影響を受けやすい子どもたちのために、私たちにできることをしていきましょう。
 27年前に事故を起こしたチェルノブイリ原発近隣住民の健康状態と脱原発宣言をしたドイツの環境施策を視察してこられた土谷先生のお話をうかがいます。
 

 

コメント