ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

凌霄花に思う  ~ 残暑お見舞い ~

2019年08月13日 | みんなの花図鑑

この花はいつも『力』をくれる
不思議と気力が満たされるのを覚える

強い真夏の日差しに
臆することなく身を晒し
燦々と輝く凌霄花よ

鮮やかな花びらの色彩は
君の生命の強さの源

真夏の熱波を
幾枚の強靭な葉群が
したたかに吸収し
より高く空に蔓を伸ばす



境内に凌霄花が
今を盛りに咲いている



凌霄花には幸せな風景がよく似合う
花に耳を寄せると
晴れやかなファンファーレの調べと
幸せな会話が私には聞こえる



比企が谷戸の妙本寺から小町通りを抜け
巨福呂坂のトンネルをくぐる

『暑い』、『熱い』、昼下がり

やがて北鎌倉の建長寺
三門が見える
『涼しさ』と『冷たさ』を求め
静かな古都のオアシスに入る

鎌倉野菜のエキスが溶け込んだお冷やが嬉しい



苔に見立てた抹茶を
ふんだんに振りかけたアイスで
火照った体をリセット

お冷やが喉に優しい



残暑お見舞い申し上げます
           令和元年 盛夏
         ハナミズキ

コメント (4)