ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

早春賦

2019年03月27日 | みんなの花図鑑

 

大山・丹沢山系がまたも雪化粧した先週の朝
昨日までは暖かかったのに今朝の風は肌寒く

 春は名のみの風の寒さよ・・・🎶

 ついつい、懐かしいフレーズを口ずさみます
決してユーミンの『春よ、来い』ではありません

 【大山・丹沢山系に三月の雪】

 とは言え、相模の国のカタクリの里では
カタクリ、三角草などの山野草
陽光桜、淡墨桜など見頃を迎えています

 【カタクリ】

 ユリ科/カタクリ属
発芽から開花まで7~8年

 まさに妖精の群舞、歓びの歌が聞こえる

 

 【シロハナカタクリ】

 凛と一輪咲く清楚でシックな白いカタクリ

 【竜田草】

 メギ科/タツタソウ属/多年草
花色は藤紫色、藤色と紹介されているが
この個体の蕾の色は青色が強く
男の子っぽい妖精 

 【岩団扇】

 イワウメ科/イワウチワ属/多年草
花言葉は『春の使者』 

 【三角草】

 キンポウゲ科/ミスミソウ属/多年草
雪の下でも常緑であることから
『雪割草』の名でも知られている
赤、白、ピンク、水色等の色とりどり

 【ショカツサイ】

 アブラナ科/オオアラセイトウ属/一年草
別名にムラサキハナナの名がある

 春の日差しをたっぷりと浴びた薄紫色の花が華やいでいます

 【陽光桜】

 天城吉野と寒緋桜を交雑させて作出した園芸種
作者は高岡正明氏(教員)
第二次世界大戦中に戦死した生徒たちの
冥福を祈って各地に桜を贈ることを思い立ち
25年の試行錯誤の後に誕生させた品種(ウィキペディアより) 

 

 【淡墨桜】

 種はエドヒガン
岐阜県根尾谷の淡墨桜のDNAを持つ桜が大きく育ち
わが世の春を謳歌している、ようです 

 

靖国神社のソメイヨシノは21日に開花宣言が出され
今日、27日の昼のニュースで早や満開
いよいよ花のお江戸は春本番になりました

 

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 小出川の春 | トップ | 奥高尾桜咲く尾根の道 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カタクリの里 (attsu1)
2019-03-27 19:09:45
こんばんは^^

もしかしたら、ニアミスしていましたか?^^
それにしても、ハナミズキさんに、
かかると、カタクリ、それぞれの妖精たちが、まさに妖精になっています。
文章もとても、美しく花たちを彩っています。
私なんて、数撃ちゃ当たるの世界ですが。
何か、一枚一枚が、素敵で、同じカタクリの里でも、別世界のようです^^
Unknown (shirohanamizuki)
2019-03-27 20:38:40
こんばんは ^ ^
attsu1さんのブログを拝見して私もどこかですれ違っていたかも、とビックリしていました。

私の知り合いの御夫婦と同じカタクリの花を撮ろうとしてばったり鉢合わせでびっくりのサプライズがありましたので、ダブルのサプライズでした。

素敵なコメントを頂きとても嬉しく読ませて頂きました。ありがとうございます。

attsu1さんはとても謙遜されていますが、attsu1さんのブログは毎回すごく素敵な旬の写真とイキイキとした語り口で綴られていて何時も楽しませて頂いています。

これからも皆さまから嬉しいコメントが頂けるよう、楽しいブログの投稿に努力したいと思います。よろしくお願い致します。(感謝) ^ ^
憧れのカタクリ♪ (夕顔)
2019-04-13 21:18:32
こんばんは~^^
今日宝珠寺のヒメシダレザクラにいただいていたコメントを発見(@_@。
本当にお返事もせずに失礼していました。
申し訳ありません。
お返事今書いてきました。<(_ _)>

さて…カタクリ、タツタソウ、イワウチワ、ミスミソウと憧れのスプリングエフェメラルたちのなんて美しいこと!!
ハナミズキさんの手にかかると皆とっても美人さんですね♪
カタクリは九州には自生していなくて4年前だったか…みん花の時に
山口県の一番遠いところまで遠征して初めてこの妖精が光を浴びてくるんと反り返る可愛い姿を見た次第です。
なので群生のお写真はまさに歓びの歌が聞こえます。
今年は山や野草の撮影にいつも連れて行ってくれる花友さんが忙しく
ついに早春の野草たちには会えませんでした。
その代わり一人でも行けそうな桜をいくつか見て回ってきました(笑)
桜は山に入らなくてもいいし必ずカメラマンさんが何人もいらしているので夜でも大丈夫でした(^.^)
ハナミズキさんの美しい桜の予告編拝見して
きっと桜をアップされるだろうな~って首を長くしてお待ちしていますね(^^)/

Unknown (shirohanamizuki)
2019-04-15 04:48:08
夕顔さん、おはようございます。

早春賦に嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
カタクリは日本国内どこでも育つものと思っていましたが、夕顔さんのお便りを見て、生育の南限はどこか調べてみましたら、ウィキペディアには“九州では熊本県だけでカタクリが生育している”と記載されていました。

何故、熊本だけ?、不思議ですね。これも妖精と呼ばれる所以でしょうか。
それで、お近くのカタクリの里へ遠征されたのですね。その行動力、フットワークの良さを見習いたいですね。^ ^

カタクリ、三角草、節分草などなどのスプリング・エフェメラルの花便りが届くと、もののけに取り憑かれたかのように花の里にでかけてしまうのは花好きの証しですね。

これら山野草が辺り一面所狭しと咲き乱れている様を目の当たりにすると気持ちの昂ぶりを覚えます。
まるで妖精が歓びの歌を謳っている、と思えるほど。
この様な若い感性をいつまでも持ち続けていたい、大事にしたいと思う今日この頃です。

この度は丁寧なご挨拶をいただき、逆にお手数をお掛けしてしまったのではないかと恐縮しております。 ありがとうございました。

コメントを投稿