ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

鎌倉の春

2019年04月23日 | 歳時記

極楽寺駅で 江ノ電を降りる 

緩やかな坂を登ると

藁ぶきの鄙びた山門が見える

真言律宗の極楽寺である

 

【極楽寺】

極楽寺から極楽切り通しを歩き

長谷の御霊神社、光則寺、高徳院

鎌倉の桜を楽しみます 

【御霊神社】

【光則寺】

光則寺の花海棠は樹齢200年

鎌倉三海棠の一つ

 

鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は

美男におわす夏木立かな

与謝野晶子

 

桜の頃に来られたのなら

どのような句を詠まれたのか...

 

【高徳院 鎌倉の大仏さま】

段葛は葉桜の若葉色

鶴岡八幡宮の

青みを帯びた屋根、朱色の柱 

【段葛】

よしの山

峰の白雪ふみ分けて

いりにし人のあとぞこいしき

 

しづやしづ

しづのおだまきくりかえし

昔を今になすよしもがな

 

白拍子静御前が大和の吉野山で別れて来た

愛する人、義経を偲んで舞ったという古事にちなみ

今に伝えられている静の舞

 

【鶴岡八幡宮舞殿 静の舞】

 

 

 

流鏑馬は欽明天皇の時代(6世紀)

大分の宇佐八幡宮に

天下泰平、五穀豊穣を祈願し

流鏑馬を奉納したことが始まり

 

鎌倉の流鏑馬は1187年8月に

源頼朝が鶴岡八幡宮の放生会で

奉納したのが始まり

 

【鶴岡八幡宮 流鏑馬神事】

 

全力で疾走する馬

弓の弦を引き絞る射手

人馬一体の雄姿は美しい

 

鎌倉の春を彩る古式豊かな舞いと

武芸の美の余韻を残し

巨福呂坂の歐林洞で一休み

 

そして、建長寺へと

 

鎌倉五山の第一位

巨福山建長興国禅寺

臨済宗建長寺派大本山

 

【建長寺 三門】

三門、法堂、方丈の屋根の偉容が

鎌倉五山第一位を今に伝える

境内の小径

往時のいでたちの鎌倉びとが

ふと現れそうな静寂の小径

刻の流れを静かに見守る
方丈石垣の立壷菫

桜散り

葉桜の季節へ移ろう

吾妻鏡の古都鎌倉に

桜の花も葉桜も

よく似合います

 

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 奥高尾桜咲く尾根の道 | トップ | 小出川佳景 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます^^ (attsu1)
2019-04-24 09:01:21
光則寺の花海棠、樹齢200年とは、凄い!!
そう言えば、こんな大きな花海棠、見たことないです。
青空の元、鎌倉巡り、謂われを交え、素敵な写真で、
流れるように楽しませていただきました。
それにしても、ハナミズキさんは、歴史にも、詩にも、お詳しい(@_@)

静御前、まさにこんな方が、舞っていたのかもですね^^
RE:おはようございます (ハナミズキ)
2019-04-24 15:33:20
Attsu1さん、こんにちは。

映画の海街diaryで登場した極楽寺、長谷界隈の桜を観ようと思い立ち長谷を歩いたのは桜満開の4/5でした。

その折、鎌倉まつりのポスターで静の舞(4/14)や流鏑馬神事(4/21)が紹介されていたのを見て、久し振りにこちらも見物したくなり、4月は三度足を運びました。

鎌倉まつりで演じられる静の舞と流鏑馬神事の歴史・由来などを詳しく記載したパンフが配布されていましたので、そこから引用させて頂きました。(汗)^^

静の舞の演者の衣装も白拍子、静御前も同様の装束で頼朝の前で舞ったと伝えられています。
きっと、義経を思いながら一心に舞ったのでしょうね。
おおよそ20分の舞いの世界に引き込まれ演者の舞姿を追っていました。

鎌倉では海蔵寺、妙本寺、そして光則寺の海棠が有名です。なかでも光則寺の海棠は鎌倉市天然記念物に指定されている名木で大事に育てられています。
このお寺の境内には他にも多くの山野草が育てられていますので四季折々のお花を楽しみに訪れる人も多いです。

この四月は歴史と伝統を伝える春の鎌倉をたっぷり味わうことが出来ました。

Attsu1さん、お便りありがとうございました。
鎌倉便り (mamasan)
2019-04-26 22:16:07
こんばんは。
鎌倉は近いようで、やはり遠い。
こうして、紹介していただけると、春の鎌倉を、存分に楽しむことができました。
流鏑馬も、迫力ある雰囲気が伝わってきますし、
静香御前の舞も、本当にこんな感じだったと想像して見せていただきました。

今年、庭にカイドウ桜を、植えました。
鎌倉のお寺さんとまではいきませんが、大きく育ってくれると良いなと、思っています。

素敵なお店も紹介してくださって、鎌倉に行ったときは、寄ってみたくなりました。
Unknown (shirohanamizuki)
2019-04-27 14:14:31
RE:鎌倉便り
mamasanさん、こんにちは。
靜の舞、流鏑馬は京都・奈良と違う武士(もののふ)の古都、鎌倉ならではの演目が披露され、当時の様子を思い起こさせる行事に触れ感動してしまいました。

mamasanさんのおっしゃる通り、迫力たっぷりで凛々しく美しいお祭りです。
ご都合がよろしければ来年の鎌倉まつりを是非ご覧下さいませ、おススメです。^ ^

カイドウの花のツボミはサクランボの様で花の咲く前から楽しめますね。来年の春が待ち遠しいですね。
(ハナミズキ・花見好き^ ^)

コメントを投稿