ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

奥高尾桜咲く尾根の道

2019年04月15日 | みんなの花図鑑

『奥高尾の千本桜がそろそろ見頃ですよ』

天の声に導かれ高尾山から小仏城山の尾根道

裏高尾の一丁平を

久し振りに歩きました

 

薬王院入口に建つ楼門

内側を守護する多聞天と持国天

外側を守護する増長天と広目天が

身の穢れを洗い流してくれます

【薬王院山門(四天王門】

 

高尾山頂のソメイヨシノは満開

午前九時前の山頂はまだ静かな時間が流れています

山に吹く風は肌寒いが心地よい

【高尾山頂の桜】 

丹沢山系を従えて威風堂々の白銀の富士山

四月にしては稀な丹沢の名残り雪に山桜のとり合わせが妙

【山桜と富士山と】 

高尾山から小仏城山の春の尾根道は千本桜で知られています

片道およそ2.4km、コースタイムは70分

コースの中ほどに絶景の一丁平展望台があります

【一丁平展望台の桜】 



ここからは、湘南江の島が見える筈と相模湾方向に目をやると

三浦半島の手前に湘南海岸に寄り添うように江の島の影

【湘南江の島】 

富士山は女神

桜のように美しい

木花開耶姫(このはなさくやひめ)

左の一番高い大室山、右の高い御正体山、今倉山は三人官女か

誰が作ったのでしょうか 雪だるまが微笑んでいます

【霊峰富士の眺め】

今日は白銀の南アルプスが見える

左から蝙蝠岳、塩見岳、広河内岳、農鳥岳

右端の高い山は大菩薩嶺の滝子山

【南アルプス】



小仏城山に続く尾根道にはソメイヨシノが満開

昭和2年(1927)に山桜が200本

昭和40年代にソメイヨシノが700本

地元青年団によって植えられたのが千本桜の始まり

【千本桜】



高尾山はすみれの山

尾根道にエイザンスミレ、アオイスミレ、タチツボスミレなど

20種類ほどのすみれが道しるべ

【道標スミレ】

 

山頂の城山茶屋前の休憩広場

お昼前、三々五々、ハイカー達が昼食に訪れる

北からの風にはためく『営業中』の幟

その向こうに富士山が居る 

【小仏城山頂のソメイヨシノ】

とろりとしただし汁に、なめこ、山菜、豆腐

美味しい!!の言葉しか思い浮かばない

【城山茶屋名物のなめこ汁】

はるかスカイツリーがくっきり、視界良好です

東京タワー、横浜ランドマーク・タワーも見えるクリアな大気

【小仏城山からの展望】 

小仏城山から高尾山に戻る道すがら

見上げると上弦の月が桜の梢に懸かります

【上弦の月】

満開のミツバツツジと山桜

新緑に囲まれた急こう配の中を

ケーブルカーがすれ違います

【高尾山ケーブルカー】 

薬王院飯縄権現、四天王のお導きと霊峰富士、奥高尾千本桜の美しさ

そして、山々を吹き渡る春風に

世俗の穢れが浄められ、心身ともリフレッシュして

足取り軽く下界に還ってまいりました

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 早春賦 | トップ | 鎌倉の春 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高尾山の春 (attsu1)
2019-04-15 17:23:20
こんにちは^^

こんなに空気が澄んでいる日は、
年に何度もないのでは、と言うぐらい
澄んだ空気の日ですね^^

名所と桜、富士山、山並み、ケーブルカーと
高尾山のパンフレットがこのままできそうです^^
雪だるまも、素敵なアクセントですね^^

ハナミズキさんの写真は、
いつも何か安心感のある写真で、
見ていると穏やかな気持になります。

普段の行いの良さ?
それにしても、最高の日にお出かけしましたね^^
Unknown (shirohanamizuki)
2019-04-16 08:52:21
attsu1さん、おはようございます。

奥高尾に出かけたのは4/11、前日は終日の雨で山間部は雪でした。それで空気中のホコリは洗い流されクリアな青空が広がったのでしょう。

当日、山に来ていた人は皆これ程に晴れた日に来たことが無いとお昼の休憩タイムで話していました。

富士と桜は青空に映え、遠くの南アルプスがハッキリと見えて、春の山行きの醍醐味が味わえとてもラッキーでした。

尾根道で思わず足を止め見入る満開の桜に出会うたびに、数えきれないほどの写真を撮り続けました。
その中からお気に入りを選んでブログに 載せた訳ですが、その桜の美しさがattsu1さんに届き、安らぎを感じたとのお便りは私にとって最高のお褒めの言葉、とても嬉しく思いました。

これからも山の花の美しさに癒される気持ちを忘れずに山野草を撮り続けたいと思います。ありがとうございました。
高尾山 (mamasan)
2019-04-16 17:29:03
ハナミズキさん、こんにちは。
かなり健脚でいらっしゃるのですね。
素晴らしいです。

4月13日、一丁平で、花見をしていました。
私は、6日の、明神ヶ岳で、ほとんど、ばてていましたので、今回の高尾は、日影沢から散策して、萩原作業所を登り、一丁平につきました。
山桜が満開で、とてもすがすがしかったです。
雪の後で、山も、綺麗でしたね。
ハナミズキさんの、文章を読みながら、思い返していました。

私は、お留守番で、みんなは、城山、陣馬山まで行き、また合流して下山しました。


スミレをたくさん撮影したのですが、同定が難しく、どうも、スミレの名前は、苦手なようです。

ニリンソウが、川沿いに咲いていて、とても素敵な景色でした。
またいつか、どこかの山でお会いできると良いですね。

城山茶屋の、なめこ汁、美味しそうですね。
Unknown (shirohanamizuki)
2019-04-17 05:47:15
mamasanさん、おはようございます。
お便りありがとうございます。

4/13の一丁平で千本桜を楽しまれていたのですね。
土曜日もとてもいいお天気でしたから素晴らしい山のお花見が堪能できたことでしょうね。

高尾山には色んな種類のすみれが咲いているので、すみれの名前当てクイズで楽しんでいます。

でも、このクイズ遊びはリュックを背をったまましゃがんでは写真撮り、また立ち上がりの繰り返し、結構膝を酷使して歩くことになり後半のくだり坂がきつくなります。そういう意味では私は健脚じゃないかも知れませんね。^ ^

すみれ好きのmamasanはかなりの健脚系ハイカーさんとお見受けいたします。
日影沢からの陣場山、明王峠経由で城山、高尾山の折返しルートで踏破されるmamasanのパーティの皆さんもかなりの猛者ですね。

明神ヶ岳にも登られたようですね。
山頂からの金時山と富士山の眺めが好きなので私はたまにですが登ります。
宮城野橋登山口から明星ヶ岳の大文字焼きの辺りまでの登りで結構汗をかいています。

近くの山で山野草が咲く頃にもしかしたらお会いするかもしれないですね。陣場山でセンブリが咲く頃、そんなサプライズが起きれば楽しいですね。(^^)
贅沢な時間 (てんちゃん)
2019-04-18 09:50:19
東京には4年も住んでいたのに、完璧に金帰月来だったので、全然近くを回りませんでした。高尾山は惜しかったなって思っています。これが東京都内とはびっくりです。
特に山の中にある桜の素晴らしさ、もともと田舎育ちなので、その美しさと逞しさがわかります。
そしてきれいに見える冨士山、私は冨士が見える所ならば一生懸命探しますが、とてもいい天気でよかったですね。 登山電車も好きです。
とても贅沢な時間を過ごされたようで羨ましい。
Unknown (shirohanamizuki)
2019-04-18 12:57:28
てんちゃん、こんにちは。
山の桜はよく見ると太い枝が折れていたりで枝ぶりは公園のものより荒削りで、雨や風に耐えて咲く逞しさ、野趣があります。
登山道で豪快な咲きっぷりの木が急に現れると『おぅ、すごく頑張っているなぁ』と見る方も元気を貰います。

都内にお住まいの時に高尾山のことをご存じなくて山登りしなかったとの由、桜か紅葉の季節に一度お出かけして頂きたかったですね。^ ^
でも、お仕事で忙しいとなかなか山に登ってリラックスしようという気分にはならないでしょうから仕方ないですね。

高尾山ケーブルカーには日本一があります。
それは31度18分の急勾配の線路、話のネタに機会があれば是非高尾山に。紅葉の季節もよろしいですよ。(ハナミズキ)

コメントを投稿