ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

初夏の薫り

2019年05月25日 | みんなの花図鑑

里山の林の道

若葉の光沢がまばゆく

木漏れ日が目に優しい

風に乗って甘く爽やかで

微かな薫りが届く

さて、何の薫りか

 

薫りの来る方向に視線を向ける

そこには白い小さな花が

沢山咲いていた

薫りの主はエゴノキか

 

薫りを言葉で伝えるのは難しいから

『初夏の薫り』とでも

長い花柄の先で白い花が揺れている

三夏の始め

野原に咲く花は

ニワゼキショウ、ユウゲショウ、ブタナたち 

《ニワゼキショウ》

アヤメ科/ニワゼキショウ属/一年草

 

花言葉は繁栄、豊かな感情、愛らしい人

花言葉がぴったりで頷ける

《ユウゲショウ》

アカバナ科/マツヨイグサ属/多年草

 

振り向かないで...

《ブタナ》

キク科/エゾコウゾリナ属/多年草

 

別名タンポポモドキ、頭花はよく似ています

数本に分かれた花茎は長く直立し茎先に黄色の花

遠目には宙に浮いて見える

風に揺れる様は不思議な趣きがある

野鳥の水浴びはお腹が半分ほど浸かる位の

いわゆる、じゃぶじゃぶプール

頭・顔を半分ほど水に浸けると同時に

頭は水中で左右に高速反転

羽は軽く畳んで水を打つ

大体これが野鳥の水浴びもしくは行水の作法

ところが、このヤマガラくん(or さん)はとても大胆なポーズ

勢いあまって引っくり返ってしまったのか

上向き姿勢で水浴びを楽しんでいる様子

 

そんなに楽しいの

森のキビタキのカップル

彼は水場で彼女を呼んでいます

周りを警戒しているのか彼女は近くの枝でじっと動かない

やむなく彼は彼女の元へ

そして何処かへと去って行きました

スズメのつがいは仲良く水浴び

メジロの萌黄色の羽も

陽ざしの下の新緑も

初夏の彩り

小出川の方角からアオサギが飛んで来ました

遠く木の頂きで羽を休ませ

谷戸の池の方向を眺めている

風薫り梢を渉る

午後の野鳥たちの里山の杜

 

エゴノキ

エゴノキ科/エゴノキ属/Japanese snowbell

英名が詩的でお洒落

 

長い花柄の先に下向きに咲く

まるで音符が並んでいるよう

風が吹くたびに

初夏のメロディを奏でる


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 小出川佳景 | トップ | 三浦海岸のスナビキソウ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メロディ (attsu1)
2019-05-25 18:29:18
こんにちは^^

どのお写真も、初夏のエネルギーにあふれていますね。
そして、エゴノキの花、ぶら下がって咲く姿が、可愛いくて、好きな花の一つです^^
それをメロディにイメージするハナミズキさんのセンスも素敵です^^

鳥たちの水浴び、楽しそう~
時々、集団で、水浴びしていますが、なんでかなぁなんて思います^^;
それにしても、動きの観察力も凄い(@_@)

キビタキ、ただでさえ出会えないのに、カップルの水浴びなんて出会ってみたいです^^
Unknown (shirohanamizuki)
2019-05-26 10:28:06
RE:メロディ
attsu1さん、おはようございます。

良いお天気の日の新緑の輝きには格別なものがありますね。

それで初夏の里山散歩の林の中で『これぞ新緑の輝き』と感じた部分を目の前の風景から切り取ってみました。

若葉の輝き、甘い薫りでテンションがアップして、エゴノキの花が下向きに連なって咲く様子が楽譜に書かれた音符の様に思えて、ついついこの様な文章に。^ ^

里山の森から囀りは聞こえるのですが中々水飲場に姿を見せてくれないキビタキですが運良く見れました。(^^)

エゴノキの花、新緑をテーマにした写真、夏日続きで水浴びを楽しむ野鳥たちの写真に嬉しいコメントを頂きありがとうございました。︎ 《 ハナミズキ 》
エゴノキの♪、キビタキ (mamasan)
2019-05-31 19:18:24
こんばんは。
エゴノキ、音符にたとえられて、本当に素敵な表現です。
初夏の、花たちは、風に舞って、さわやかに咲いていますね。

キビタキ、ナイスタイミングですね。
今年は、会えたのですが、うまく撮影することができませんでした。
水浴びの場面を撮影できるなんて、ほんとにラッキーですね。
Unknown (shirohanamizuki)
2019-06-01 21:18:53
mamasanさん、こんばんは。
初夏の薫りに嬉しいお便りありがとうございます。

エゴノキの香りを楽しみながら枝で仲良く並んでゆらゆら揺れている白い花を見ているうちに何となく音符に思えてブログにアップさせてもらいました。

歳を重ねるにつれ、いつしか忘れていた子供の頃の感受性を思い出したような気もして、きっとこれは大切にしなくっちゃ、と密かに思った次第です。 ^^;

鳴き声が聞こえても水場になかなか姿を見せてくれないキビタキくんなのですが、この日はとてもラッキーでカメラに捉えることができました。(^^)
次は枝にペアで止まっているところを撮ってみたいとチャンスを伺ってるところです。^ ^

瑞牆山の登山道でキビタキだけでなくオオルリにも出会えたのではないでしょうか。mamasanさんのアップ楽しみにしています。︎ 《 ハナミズキ 》

コメントを投稿