ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

小出川佳景

2019年05月07日 | みんなの花図鑑

富士、箱根、丹沢を

春霞みが淡く包み

山並みとの境が朧げな空高くで

雲雀さえずる朝

からし菜の堤を歩く

 

【セイヨウカラシナ】

アブラナ科/アブラナ属

 

水温む川で水鳥が遊び

からし菜が微笑む

 

水鏡に映るからし菜と水鳥のとり合わせ

大好きな風景の一つです

 

《 バン 》

ツル目/クイナ科

茅ヶ崎では夏場は見かけない

 

 

《 コサギ 》

コウノトリ目/サギ科

留鳥

後頭の冠羽が美しく靡く

 

 

そよそよと吹く風に

木の葉が舞うように流されながらも

互いに寄り添い

からし菜に集う

 

 

かつてはタゲリが餌を啄んでいた田にれんげの花

日本の農村の原風景を見ているようです

 

【ムラサキケマンとオオバン】

《ムラサキケマン》

ケシ科/キケマン属

 

《 オオバン 》

ツル目/クイナ科

留鳥

近づくと警戒されて仲間の元へ

【ヘラオオバコ】

オオバコ科/オオバコ属

ヨーロッパ原産の一年草

江戸時代に渡来

葉の間から花茎が伸び

小さな花を穂状につける

意外と思われる人がいるかも知れませんが

茅ヶ崎にはぶどう園や梨園を栽培する農家があります

ぶどうは藤稔、梨では豊水が主な品種

 

小出川沿いにも梨園があり

垣根越しに梨の花が楽しめます

【梨の花】

バラ科/ナシ属

最近「小出川に親しむ会」と言う

市民団体を偶然に知った

 

1987年に女性を中心に

「子供たちにきれいな川を残したい 」

との思いで発足したことや

 

小出川堤の護岸整備にあたり

「自然の姿を残して欲しい」と言う

この会のお願いの声が行政に届き

小出川の美しい風景が残された

と言うエピソードも

 

先人の努力の恩恵に感謝しつつ

今朝も朝露の堤を歩きます

 

美しい小出川に癒されながら

 

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 鎌倉の春 | トップ | 初夏の薫り »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しい川 (てんちゃん)
2019-05-07 21:41:58
撮影されたのは、きれいな青空だったのでしょうが、写り込んだ青空や岸辺の叢の美しさが素敵で、それらを純に映している川の素晴らしさを感じました。
こんなにたくさんの水鳥が集まっている川は、素晴らしいのが当たり前です。
おはようございます^^ (attsu1)
2019-05-08 07:44:06
小出川、美しい景色が続きますね。

春の何気ない景色の中に、素敵な景色がたくさん
川面に映るセイヨウカラシナ、そして水鳥、
レンゲの花の綺麗なこと。
時間ものんびり過ぎているのを感じます。
梨の花って、こんなに綺麗な花だったんですね^^

「小出川に親しむ会」、こうしたボランティア活動が、綺麗な小出川を守っているんですね。
Unknown (shirohanamizuki)
2019-05-08 20:21:55
てんちゃん、こんばんは。

ブログでご紹介の辺りの左岸は水田、右岸は畑などがあって、富士、丹沢や大山を遠景の田園風景も楽しめるところです。春は河津桜、これからは紫陽花を散策で楽しませてくれます。

水鳥の餌場、休息地としての自然が残されていることもありサギ、カモはいつでも、時どきはカワセミの姿を見ることができますし、近くの田には雉が出没するようです。そんなこともあって私のお気に入りの散歩コースの一つになっております。

小出川堤を散歩していた時に、道端の人目を憚るような所にこの市民団体の活動の主旨を記した小さな掲示板を見つけました。
「どうしてここだけ自然の堤防が維持されているのか?」と思う疑問符がとれるキッカケでした。

今まではこれが当たり前と思って小出川堤を散歩していましたが、この様な美しい小出川の風景の恩恵に与ることができるのも市民のボランティア活動や行政の対応の賜物だったと知り、これからは感謝の気持ちで散歩しようと思う今日この頃です。

お便りありがとうございました。(ハナミズキ)
Unknown (shirohanamizuki)
2019-05-08 20:27:59
attsu1さん、こんばんは。

小出川の春の景色に美しさを感じて頂きありがとうございます。とても嬉しいです。

この様な美しい景色が残されているのには、それだけの理由があったと言うことを今回教えられました。
「子供たちにきれいな川を残したい」と思う気持ちが大きな推進力となり、自然の美しい姿が残されて、今では茅ヶ崎の大切な宝物になっています。

それに、昨年までは川に葦が繁殖し土砂が堆積し洲が広がり川の流れを阻みゴミも目立っていましたが、川の浚渫などで写真の様に岸辺の花を水鏡に映す綺麗な川面に回復して水鳥も多く戻って来ました。
今まではこれが当たり前と思って小出川堤を散歩していましたが市民団体や行政の環境保護の取組みのおかげ、とても素敵なことですね。

お便りありがとうございました。(ハナミズキ)
守られた美しい自然^^ (夕顔)
2019-05-08 22:31:55
山々を春霞みが淡く包み
山並みとの境が朧げな空高くで雲雀さえずる朝・・・

素敵なプロローグに始まる春の小出川叙景詩…BGMは放課後の音楽室♪…?

こんばんは~^^お久しぶりです。
ご無沙汰ばかりでごめんなさい。
いつ拝見してもハナミズキさんのお写真は明るく色鮮やかで気持ちがいいですね^^
空を写すブルーの川面にからし菜の黄色が映えて綺麗です。
まるで黄色の薔薇の花びらを浮かべたみたいな
波紋がゆらゆら広がって バンは優雅ですね♪
そよ風に流れながら草むらをひらひら舞う白い妖精さんたち…
レンゲ畑もムラサキケマンも夢のよう。

私もその場にいるような気がします^^

ヘラオオバコは里山の田んぼのあぜ道でよくみかけます。
そう言えば秋月にも盆地のまわりの山の斜面に梨畑がたくさんあります。
まだお花に間に合うかな~
ハナミズキさんの素敵なブログを拝見していたら見に行きたくなりました(^^)/
地域の方たちに守られた素晴らしい自然…見せていただいてありがとうございます(*^^*)
Unknown (shirohanamizuki)
2019-05-09 20:08:54
RE:守られた美しい自然

夕顔さん、こんばんは。
その日は朝から暖かで穏やかな良いお天気、雲雀の囀りと私の大好きなゴンチチの曲がBGMで静かに流れているような長閑な春の朝でした。^ ^

遠くの山並みに目をやると淡く春霞の中に収まって、「春はあけぼの、やうやう白くなりゆく山際・・・」の風景はきっとこんな感じだろなと詩人気取りで眺めていました。

その余韻が悪戯したのかちょっと背伸びしすぎと思いながらも「春霞が・・・」あの拙い一節をブログに載せました。(汗)

その様に思っていた所に夕顔さんから『春の小出川叙情詩』とお褒めの言葉を頂き、嬉しく思うと同時に背伸びして入っていた肩の力がすっと抜けて楽になりました。

空と岸辺のからし菜が映る川面で水鳥が動くたびにさざ波が起こり水鏡がゆらゆらする様子が不思議と面白く楽しめました。これも自然を大切に守ろうとする人々のお陰ですね。

「小出川佳景」で私がお伝えしたかった“身近な自然の中にある美しい景色も先人の知恵で守られている”ということを、さりげなくコメントのタイトルに挙げて代弁して下さったこと、これはありがたいですね。感謝状ものです。(^^)

ありがとうございました。(ハナミズキ)

コメントを投稿