ハナミズキの花だより、鳥だより

山野草や野鳥に出会えた喜びを絵日記風につづります。

夏を涼しく ~ 水面に咲く花たち ~ 

2019年07月12日 | みんなの花図鑑

今年も夏至が過ぎて

もう蓮始開(はすはじめてひらく)の候に

 

もう海岸には海の家が並び

カラリとした青空や

涼気を誘う水辺が恋しくなるころ

 

梅雨の合間の晴れた日は

梅雨明けが待ち遠しい

そんな時水面に咲く睡蓮を見るのがお勧めです

 

 

県立大船フラワーセンターの睡蓮の池

水辺の憩いに安らぎと涼しさを与えてくれる

 

 

朝に目覚めて宵に睡るところから

睡る蓮、『睡蓮』

 

未の刻に目覚める

ヒツジクサの名の品種もある

 

水面にも自らの姿を映して

静かに美しさを際立たせている

 

 

熱帯性睡蓮のクリント・ブライアント

蕊の周りが妖しげに発光しているようにも見える

 

 

かつて訪れた陶板の世界の名画が楽しめる美術館

 

館内のモネの池の睡蓮

池のカラータイルが花を引き立て

花も葉も一つになって美しい

 

 

金沢街道岐れ路の三叉路の

イタリアンのお店で見かけた

白い水草の花

 

オオカナダモ

トチカガミ科/オオカナダモ属/外来種

 

 

ハート形の葉が可愛い

黄色の花はアサザ

 

ミツガシワ科/アサザ属/多年草

 

 

最近では睡蓮のイメージを

湘南乃風の『睡蓮花』の歌で

太陽の花をイメージする若い人が大勢いるようですね

 

「太陽の花は向日葵」と答えるのは昭和の私だけ...

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 小出川のあじさい ~ 梅雨... | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (attsu1)
2019-07-12 17:14:34
水面に浮かぶ、睡蓮、何か、幻想的ですね。

コメント返しのようになりますが、
先日、NHKの番組で、モネの睡蓮をAIで、
復元する番組をやっていましたが、
それを思い出しました。
モネも、幻想的な池の睡蓮を見ていたんでしょうね。
カラータイルと睡蓮の一枚、不思議なアートのようですね。

今の子達は、湘南乃風の『睡蓮花』ですか。
私も、夏は、やはり大きなヒマワリか、定番の朝顔ですね^^

夕方になってやっと、雲が取れてきました。明日は、何か撮りに行けるかな?^^;
Unknown (shirohanamizuki)
2019-07-13 22:07:36
こんにちは、『モネ 睡蓮 よみがえる“奇跡の一枚”』、私もその番組を見ました。(^^)

第二次世界対戦中に行方不明になっていたモネの《睡蓮、柳の反映》がルーブル美術館で発見された時は作品のほぼ上半分が欠落していたそうですね。

その欠落部分を睡蓮シリーズの筆致、色使い、絵の具の元素分析などを元にモネの感性を人工知能化し、モネなら欠落部分はこのように描いたであろうと想定し復元するまでのプロジェクト番組でした。

最後に完成した作品を見てびっくり、違和感なくとても感心してしまいました。

今、国立西洋美術館の松方コレクション展で《睡蓮、柳の反映》の原画と想定復元した絵の両方が観れるそうですし、明日Eテレ午前8時の日曜美術館で松方コレクションのモネの作品も紹介されるようですよ。^ ^

attsu1さんも夏の花はヒマワリ派でしたか^_^
今日はどこかお出かけされましたか、お目当ての花は撮れましたか? 次のアップ楽しみにしています。

お便りありがとうございました。《ハナミズキ》
おはようございます^^ (attsu1)
2019-07-14 10:39:31
そして、日曜美術館「3000の数奇な運命~松方コレクション 百年の旅路~」
こんな歴史が有ったとは、驚きとともに、バラバラになってしまったコレクション、
焼失した800枚が、とても残念ですね。

『天空のお花畑 大雪山 “小さな賢者”の物語』、もう一度見てみました。
ミヤマリンドウ
ウスユキトウヒレン
マルハナバチ、凄い自然の仕組みです^^
思い出させてもらって、ありがとうございます。
Unknown (shirohanamizuki)
2019-07-14 14:07:25
attsu1さん、日曜美術館をご覧になられたのですね。

「我が国の人々が西洋人の心を理解する手助けをしたい。」と言う“志し”から、蒐集した3000点もの作品の数奇な運命にビックリさせられました。戦災・災害で焼失した作品は本当に残念です。

松方幸次郎氏がモネの睡蓮の絵を譲り受けようとモネが大好きな100年モノのブランディを手土産にモネ宅を訪問したと言う面白いエピソードが番組で紹介されていましたが、その時、モネと松方氏がどの様な会話を交わしたのだろうかと想像して興味が尽きませんでした。(^^)

attsu1さんの蕊のお話がきっかけで久し振りに《天空のお花畑 大雪山 “小さな賢者”の物語》を私も観ました。そして植物の知恵の奥深さに改めて驚かされました。
こちらこそ感謝感謝です。《ハナミズキ》

コメントを投稿