思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』で怒涛の政治批判!自ら進んで全体主義国家の一員を生きる?

2017-12-19 | 社会批評

自ら進んで全体主義国家の一員になるかのような生き方しかできない日本人では、とても残念です。独自の精神世界をもつ「個人」になれずに、国民という集合意識 内 人間として生きるのでは、ニューヨークタイムズ東京支局長のいう通り「これほど異常な民主主義国家は見たことがない」で終わります。超えましょう、長州支配=明治維新の国体主義国家を。

ひさびさに、芸能の本領発揮の漫才に拍手喝采です。テレビ局は、忖度して彼らを消去するかな? 
(ほんとに削除されていますので、ここからどうぞ
https://www.youtube.com/embed/TSuTqdwqKyU



以下は、リテラの記事です

ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』で怒涛の政治批判連発! 原発、沖縄基地問題、コメンテーター芸人への皮肉も

2017.12.18

村本「コメンテーターなんて情報集め、センターマイクの前で吐き出す」 

「政治ネタはNG」という空気が蔓延するテレビ界に迎合せず、しかもきっちりと「話芸」というかたちに落としこんだその技量は素晴らしいものだ。事実、ツイッターではウーマンラッシュアワーの話題が急上昇、多くの人が2人を称えた。

 そして、印象的だったのは、ネタを終えた村本の一言だ。番組のエンディングで流れた映像では、ステージ袖の村本は「ただコメンテーターで終わる芸人といっしょにしないでほしい」とカメラの前で述べた。また、ツイッターでも、〈コメンテーターなんか情報集めにしか過ぎなくて、おれがほんとに吐き出す場はセンターマイクの前だけ〉とつぶやいた。

 奇しくも先週金曜日、安倍首相に誘われ焼肉を囲んだ松本人志。同日には米軍ヘリ窓落下事故を受けて沖縄県の翁長雄志知事が官邸で米軍機の飛行中止を求めたが、安倍首相は面会もせず、そのくせ、松本や指原莉乃らといった面子と会食。一方、松本は自身の番組『ワイドナショー』(フジテレビ)で安倍首相を平身低頭で迎え、無批判に擁護を繰り返し、ついには“メシ友”に成り下がった。これぞ、地に落ちた「コメンテーター」の姿だろう。

 だが、『ワイドナショー』にもコメンテーターとしてたびたび出演してきた村本は、安倍政権を刺激することを恐れてテレビが取り上げようとしない原発や沖縄の基地問題を、漫才というかたちにして「これでいいのか」と視聴者に投げかけた。

〈ほんとに吐き出す場はセンターマイクの前だけ〉という芸人としての矜持と、権力や空気に巻かれないという覚悟。──もしかすると今後、テレビ界には村本は使いづらいという空気が流れるかもしれないが、視聴者は彼らの笑いにビビットに反応したということをよく覚えていてほしい。視聴者が見たいものは、予定調和のコメントでも、ましてや権力の犬となった芸人ではないのだ。(編集部)


https://www.youtube.com/watch?v=pAHQGLOCbwo&t=41s  YouTubeへ。

(上記は削除されてしまいましたので、ここからhttps://www.youtube.com/embed/TSuTqdwqKyU )

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主主義国で、日本ほど「生... | トップ | チャイコフスキー交響曲6番... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会批評」カテゴリの最新記事