亀歩の出逢

血糖値の関係で1日約1万歩を目指して散歩に励んでいますが、その散策の途中等で遭遇した事柄を主に更新しています。

「健康坂道ウォーク」に参加

2018-03-18 | ウオーキング
美味しいパン屋「自家製酵母パン:もあ小麦館」


 昨日、東京の桜が昨年より4日平年よりも9日早く、また1953年以降の記録では16日に開花した2002年と2013年に次ぐ3番目の早咲きとの発表が有ったが、今日も朝のぽかぽか陽気と地元の「おやじの会」の案内に誘われて、いつもは連れ合いと出掛けるが「おやじの会なら参加は俺1人だね。」と言って「第13回健康坂道ウォーク」に参加して来た。
雲ひとつ無いと言うと語弊があるがそれに近い快晴のなか鷺沼駅からのスタートで、八幡坂を下り国道246号に面した小さな祠で1688年銘の地蔵尊、阿弥陀仏の有る「阿弥陀堂」に参拝してからチョト遠回りになったが、宮前郵便局先の行列の出来る美味しいパン屋「自家製酵母パン:もあ小麦館」でコーヒーを御馳走になって一服、足も多少軽くなって近くの「福王寺」と「有馬神明神社」に参拝、坂道を登って深紅の花をつけたヤブツバキで知られる「下有馬不動堂」も参拝し有馬・野川生涯学習支援施設「アリーノ」を右手に見ながら1591年に安立和尚27歳の時に創建し400年以上の歴史が有ると言われる「長善寺」で待望の桜の花とハクモクレンを眼前にしホットしつつ下有馬バス停からカラフルな東急バスで鷺沼駅に戻り、丁度昼時となり出発時は連れ合いに「帰宅してから昼飯をーー」と話していたが、何度も食べた美味しい駅前地下の蕎麦屋「よしみや」で「盛りせいろ」と「鰊の煮付」を食べ、駅から腹ごなしにウオークの続きで午後2時過ぎに帰宅した。
地元の散策は「何時も見ている風景で新鮮味が無く、何時でも行ける。」と言う感覚であまり出掛ける気がしなかったが、今回十年ぶりの地元散策に街の建物や畑の風景も変わっていて、新たな遭遇にビックリしながら約5㎞をおよそ15,000歩での散策は、参加者の皆さんとワイワイガヤガヤと話し合いながらの楽しいウォークを楽しませて頂きました。

「阿弥陀堂」

「有馬神明神社」

「下有馬不動堂」

「長善寺」

長善寺の「さくら(河津桜かと思ったが不明)」

こちらも美味しい鷺沼駅前地下の「蕎麦処よしみや」

鷺沼駅からの帰り道で遭遇し帰宅後調べたところ「野生化したワカケホンセイインコ」とのこと(嘴が桜花と同じ色で見分け難い)。サクラは「寒緋桜」。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「お雛様」 | トップ | 「目黒川への花見」 »

コメントを投稿