亀歩の出逢

参加した行事や突然遭遇した事柄を主に更新し、2016年以前の画像はファイルの関係で削除しました。

「玉川神社と久品仏:浄眞寺」

2020-09-27 | ウオーキング
初めての参拝「玉川神社」


 「しらはた21」主催の「坂道健康ウォーキング」に参加させて頂き、先日散策した「等々力渓谷」を経由し「玉川神社」と久し振りに「久品仏:浄眞寺」に参拝し、歩行距離約5kmを8,000歩位で散策し楽しんできました。
先日は勤め先の知人達とのウォークだったが、今回は地元の方達13名 (内女性6名) の先輩達との同行だったので、少し疲れを感じたのも本音ですが、天候も多少雨がと心配していたが何とか降られずに、薄日がこぼれる天候に恵まれ「誰が晴人だ ? 」と騒ぎながらの散策に楽しい一日を過ごさせて頂きました。
昼食は自由ケ丘のSHUTTERSと言うイタリア料理店で、「トマトミートソーススパゲティ」等が美味しいとの話題があり、約1時間も3蜜 (密閉・密集・密接) を心配しながら和気あいあいと食事をしてきましたのでアップしておきます。

「玉川神社」は、等々力駅近くの目黒通り添えに有り創立の年代は不明だが一説には文亀(1501~1504年)中の頃と伝いられているとのことで、最初は「元熊野社」と言い紀州の熊野を本宗とする氏神で、平安朝時代の熊野信仰の隆盛時代に熊野の分霊(イザナギ、イザナミ、コトサカオウノミコト等)を迎い発祥したらしいとのこと。明治41年に天照神大御神等の神々を合祀し「熊野神社」から地名をとって「玉川神社」と改称したと参拝の栞に記されていました。
 「久品仏浄眞寺」は、本堂に立派な「釈迦如来像」があり、他の三仏堂に「久品仏像」が九体収められていることから「久品仏」として有名な寺で、大井町線の駅名にもなっており説明するのは憚られるので記載しないが、以前にアップした際に書かせて頂いたと思うが、務めていた会社の先代社長のお墓があり、10年くらい前までは毎年春・秋のお彼岸に連れ合い共々参拝させて頂いていたが、ここ数年ご子息の「もう長いので参拝不要」との申出がありご無沙汰していたが、序でと言うと失礼かもしれないが、ウオークで参拝したので久し振りに線香をあげさせて頂いた。

「久品仏:浄眞寺総門」

本堂の「釈迦如来像」

昼食会場「Luz自由ケ丘}3階の「SHUTTERS」

「等々力渓谷」撮影ポイントの赤い橋 (上は環状八号線)


コメント   この記事についてブログを書く
« 「3蜜(?)ウオーキング」 | トップ | 「名月と金色絨毯など」 »

コメントを投稿