亀歩の出逢

血糖値の関係で1日約1万歩を目指して散歩に励んでいますが、その散策の途中等で遭遇した事柄を主に更新しています。

「目黒川への花見」

2018-03-24 | ウオーキング
「目黒川 : 中の橋」


 今日は5分咲きとの開花予想だったが、毎年「今年こそーーー。」と思えながら行けなかった目黒川へ、NHKの報道写真を見せられながら東横線中目黒駅から田園都市線池尻大橋駅までの、約4㎞にわたる800本あまりのさくら祭りに連れ合いと行ってきた。
青空とは言い難いが何とかこぼれ陽に当たりながら中目黒の駅を降りたが、報道の勢もあってか目黒川の両岸通りは外国からの観光客も含んで予想通りの大混雑、それに、目黒川に架かる橋が思ったより多く、橋の上から望む川面の桜が綺麗なので立ち止まっての記念写真やら自撮りに興ずる人達も多数居て、幼稚園か保育園の遠足かとおもわんばかりののろのろ歩きで花見が出来る様な状態ではなかったが、何とかレンズの先を見物客の肩越しに突っ込んで写真を撮らせて貰ったのでご覧下さい。
また、今回は2012年の3月末に3階建ての美術館を開き、昭和生まれの作家を中心にした日本画の収集品を展示する「郷さくら美術館:東京」で、「第6回郷さくら美術館桜花賞展」を開催しており、これを観賞したかったのも一つの目的だったので最初に美術館に入館し、これからの日本画壇を担う気鋭の画家の魅力ある日本画を約1時間堪能してから、散りはじめまではいかないがほとんど満開に近い花を愛でながら池尻大橋駅まで最高の花見をさせて頂きました。




「郷さくら美術館:東京」

「郷さくら美術館桜花賞展」入場券他

「中島千波 : 櫻曇の目黒川」2013年

「那波多目功一 : 春に思う」2014年

「京都絵美 : 篝火」2017年

「高木かおり : 丘の桜」2017年



コメント   この記事についてブログを書く
« 「健康坂道ウォーク」に参加 | トップ | 「能と狂言」観賞 »

コメントを投稿