★【検索・ランキング:①~⑩】 論述・穴埋めのトレーニング 

大学入試の基礎知識
[▲▲▲]=穴埋め・正誤問題⇒小論述・中論述・大論述(1万字)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第41号:国立大 F&Mマガジン

2009-10-16 05:08:05 | 図書館
[総合ランキング] デイリー : 3152位 月間 : 16871位
[ジャンルランキング] 高校生 : 29位

記事一覧 | 早稲田ウィークリー・・・ »
2009-10-16 05:06:40
国立大 F&Mマガジン【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
テーマ:高大連携情報誌 

検索の達人
検索の達人 一覧の一覧

第41号:国立大 F&Mマガジン@国立大学財務・経営センター
2009-10-16 Fri 04:58

【検索の達人 ■■■】■■■に文字を記入!高大連携情報誌 調べもの新聞
【ブログ=穴埋め・論述問題】


第41号:国立大 F&Mマガジン@国立大学財務・経営センター 受信トレイ
国立大 F&Mマガジン・編集室 2009年10月15日17:43
Reply-To: mail-maz@zam.go.jp
To: nakamurayoshio@gmail.com
返信 | 全員に返信 | 転送 | 印刷 | 削除 | メッセージのソースを表示




☆★☆★==========================☆★☆★
第41号 平成21年10月15日

国立大 F&Mマガジン
(F=Finance、M=Management)

【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

国立大 F&Mマガジン第41号をお届けします。

当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

多くの方々にご覧いただけるよう、記事にも工夫を重ねてまいります。
学内等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますよう、よろしくお願いし
ます。

※このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。
(なお、リンクが無効になる場合があります。)

※現在の配信希望 2728件 (2009.10.15現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】

・特別寄稿
『大分大学における多様な社会連携の推進
‐法人化後の歩みと大学間連携‐』 大分大学長 羽野忠
・財産管理・施設整備に関する情報
・経営相談室情報
・経営相談室ホームページのご案内
・業務情報
財務レポート&環境報告書ポータルサイトについて
会議室予約のご案内
・研究部より
・編集担当から
・編集後記

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□特別寄稿
『大分大学における多様な社会連携の推進
‐法人化後の歩みと大学間連携‐』

大分大学長 羽野 忠

法人化後の国立大学では、従来の教育・研究に加えて、社会連携が3本
柱の一つとして大学の任務に位置づけられました。各大学では、全国版で、
あるいはそれぞれが立地する地域で、さまざまな社会連携事業を推進され
ていると思います。本学では「地域拠点大学として教育・研究・医療の成
果を地域社会に還元することにより、地域社会との連携と共存を図り、そ
の発展に貢献する」ことを大学憲章の目標に掲げ、法人化当初より多様な
連携に取り組んできました。本稿ではこれまでの活動を紹介するとともに、
最近力を入れている大学間連携を活用した社会連携について述べます。

⇒▽本文はこちらから
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/1/1764


■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□財産管理・施設整備に関する情報

◇研究協議会における配付資料掲載のお知らせ◇
平成21年9月29日(火)、「平成21年度国立大学法人等の財産管
理に関する研究協議会(第2回)」を無事に開催することができました。
非常の多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。この場を
お借りしてお礼申し上げます。
また、その際に行ったアンケート調査の結果においても、「大変参考に
なった」、「参考になった」とご回答された方の割合が80%を超え、参
加者の皆様にとって非常に有意義な協議会であったことがわかりました。
なお、本研究協議会の配付資料を当センターHPに掲載する予定ですの
で、是非ご活用下さい(掲載予定日:平成21年10月16日)。

(資料はこちらから▼)
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/2/1764

◇施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行上、疑問点等ある場合は、お
気軽に下記あて先までお問い合わせください。個別又は本メールマガジン
にて回答させていただきます。

◇各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等あればお気
軽に下記あて先までお問い合わせください。当センターで委嘱している弁
護士、司法書士等の専門家と協力して個別又は本メールマガジンにて回答
させていただきます。

◇◇「財産管理・施設整備に関する情報」の掲載内容に関する
お問い合わせ先◇◇
施設助成課
Tel 03-4212-6101,6110 Fax 03-4212-6600
E-mail finance@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室情報

_/_/経営相談室 事業案内_/_/

【財務経営】

◆第2回財務経営支援研究会について
9月29日(火)に財務経営支援研究会を開催し、今年度の取組事例
の整理等について議論を行いました。

◆第3回国立大学法人若手職員勉強会について
多数の参加申込みをいただき、ありがとうございました。各国立大学
法人等から総勢116名にご参加いただくこととなりました。
現在、より良い勉強会になるよう検討を重ねております。参加予定の
皆様どうぞ楽しみにしていてください。
企画委員の高橋さんより開催に向けての想いを綴っていただきました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
================================================================
第3回国立大学法人若手職員勉強会の開催に向けて
-「熱い心」と「冷静な頭」-


第3回国立大学法人若手職員勉強会企画委員
国立大学法人福島大学企画部門企画総括グループ
高 橋 和 子

1.はじめに ~全国にはこんなにすごい人達がいたのか!~
採用後から今まで受講した研修や勉強会等々の中で一番記憶に残っ
ているのは、昨年参加した「第2回国立大学法人若手職員勉強会」で
す。「昨年受講したから記憶に新しい」のではなく、実例研究、グル
ープワーク、基調講演、分科会といった多様なプログラムを通して「
全国の大学には自分と同年代ながら頑張っているすごい人達がいるも
のだ」と刺激を受け、「自分は何をしてきたのだろう…」と自問と後
悔を繰り返しながら帰りの新幹線に乗っていたからです。

⇒▽ 全文はこちらから
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/3/1764

◆第2回国立大学法人係長クラス勉強会について
第1回企画委員会に引き続き、検討を行っております。近日中に各大
学人事担当課長あてに開催通知を送付させていただく予定としておりま
すので、各法人・機関におかれましては、参加対象者へ広くご周知いた
だきますようお願い申し上げます。

◆国立大学法人取組事例調査について
現在、平成20事業年度以降の各法人の取組事例について整理を行っ
ております。特色ある取組事例については、後日訪問調査をさせていた
だき、広く情報提供をしていく予定です。
ご協力をお願いいたします。 


【病院経営】

◆人事労務ワークショップを学術総合センターにて開催しました
今年度が初の試みとなります「人事労務ワークショップ」が10月1
3日(火)・14日(水)と2日間にわたり開催されました。全国の国
立大学附属病院から人事労務担当者が集い、活発な議論が交わされまし
た。
詳細については次号で報告いたします。

◆第3回国立大学附属病院若手職員勉強会について
多数の参加申込みをいただき、ありがとうございました。各国立大学
附属病院等より総勢99名にご参加いただくこととなりました。
現在、より具体的なプログラムを企画委員一同で検討を重ねていると
ころです。参加予定のみなさまは楽しみにしていてください。

◆国立大学病院業務改善取組事例調査について
現在ご推薦いただきました事例につきまして、ワーキンググループの
メンバーで抽出・整理作業を行っております。
整理できた段階で、各大学病院へフィードバックさせていただくとと
もに、特色ある取組については直接訪問させていただく予定となってお
ります。
ご協力をよろしくお願いします。

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室ホームページのご案内

_/_/経営相談室 ホームページ_/_/
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/4/1764
経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
また以下のコンテンツがご利用いただけます。

◆国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
各国立大学法人より公表されている業務の実績に関する報告書から、
当センター経営相談室財務経営支援研究会の調査・相談員が業務改善の
参考となる事例を抽出したものです。
なお、各年度の取組事例を事項別に並び替えを行いました。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/5/1764

◆大学訪問調査による「取組事例」について
各国立大学法人において行われている業務改善の取り組みについて、
報告書からの事例抽出および各国立大学法人等からの推薦を受け、財務
経営支援研究会および病院経営支援研究会の調査・相談員が訪問調査を
行いました。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/6/1764

◆国立大学法人若手職員勉強会について
2008年度の成果を取りまとめたリーフレットとともに分科会で討
議した内容について、下記に成果をアップしています。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/7/1764

◆国立大学法人係長クラス勉強会について
2008年度のグループワークで討議した内容について、下記に成果
をアップしています。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/8/1764

◆国立大学附属病院若手職員勉強会について
2008年度の成果を取りまとめたリーフレットとともにワークショ
ップで討議した内容について、下記に成果をアップしています。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/9/1764

◆医事ワークショップについて
2008年度のワークショップで討議した内容について、下記に成果
をアップしています。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/10/1764

◆経営改善方策に係る事例及び事例募集
経営相談室では財務・経営の改善に関し、広く情報を提供するため、
経営改善、取り組みの事例を収集しております。
ご紹介いただける事例がございましたら、ご提供をよろしくお願いい
たします。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/11/1764
現在、国立大学法人財務管理等に関する協議会等で発表された16件
の事例を紹介しています。

◆経営相談フォーム
また、経営相談室においては、経営相談に係る質問も受け付けており
ます。各研究会等で検討の上、回答をさせていただきます。
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/12/1764

◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
経営相談室
E-mail management@zam.go.jp


【中略】

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集後記

十五夜や大型台風は9月にあるものと思っていましたが、今年は10月に
入ってからで、不思議な感じがします。台風で大きな被害を受けられた地域
の皆様にはお見舞い申し上げます。
センター横の街路樹の銀杏にも実が生る季節となり、秋の気配です。

さて、今月のメルマガをお届けします。

今月の特別寄稿は、大分大学長の羽野先生にお願いしました。社会連携を
キーワードに産官学連携、地域連携、大学間連携とそれぞれに取り組む姿が
記述されております。教育基本法にも社会貢献が記載され、特に法人化以降
各国立大学法人の取組は積極的になり、様々な形で現れるようになりました。
羽野先生どうもありがとうございました。



【中略】


国立大F&Mマガジンは皆様方の寄稿とご協力により配信されています。
今後とも皆様方のお役に立てる情報提供を円滑に進められるよう、努めて
まいります。
どうぞよろしくお願いいたします。(Y.I )

■■■■==========================■■■■
□編集・発行
編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
伊 東 陽 子
発 行:
(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
学術総合センター10F
TEL 03-4212-6311・6312
ご意見・ご要望は、編集担当にどうぞ
E-mail mail-maz@zam.go.jp
国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
http://cz.biglobe.ne.jp/cl/A02201000109/1897266/23/1764
■■■■==========================■■■■










[参考資料] オープンキャンパス (過去3年間)参加者

【2008年】【2007年=基本】【2006年】=4~12月 順位は【2007年】を基本とします

早稲田大学①5万2797 ①5万0600 ①5万6840
立教大学 ⑤3万6700 ②3万8000 ⑥2万6500
日本大学 ②4万7589 ③3万7230 ②3万8919
明治大学 ③4万4108 ④3万7000 ③2万8918
東北大学 ④4万1448 ⑤3万6376 ④2万7331
法政大学 ⑥3万4008 ⑥3万175 ⑤2万6616
東洋大学 ⑦2万9878      ⑦2万5742
関西大学 ⑧2万8948 ⑦2万7257 ⑧2万5036
中央大学  2万1154 ⑧2万3155 1万7857
青山学院大学⑨2万5884⑨2万1016 ⑨2万1841
上智大学  2万0138 ⑩2万
立命館大学 1万7183 ⑩2万   1万8397
慶應義塾大学⑩2万3566 1万9632 ⑩1万8990
近畿大学   2万1324 1万7078 1万5558
関西学院大学 1万5260 1万6065 1万4105
武蔵野大学  7500 1万4000
九州大学  1万4710 1万3601 1万4581
大阪大学  1万6681 1万3587 1万0883
東海大学  1万9531 1万3380 1万3048
神奈川大学 1万4753 1万2899 1万2216
玉川大学  1万4141 1万2000 1万1000
龍谷大学  1万2366 1万1679 1万0166
千葉大学  1万3219 1万1486  9274
大阪市立大学 1万0786 1万1009  8487
成蹊大学        1万1000 1万1600
広島大学  1万3258 1万0940 1万2000
明治学院大学 1万1616 1万0478  7736
同志社大学  1万1570 1万0215 1万4082
神戸大学  1万3323 1万0061  9259
創価大学       1万  1万7000
東京農業大学 9867  9755  9985
共立女子大学 1万0194  9753
横浜国立大学 1万1064  9650 9169
東京家政大学 1万2910  9631 8486
京都産業大学 1万0508  9411 8476
筑波大学  8947  9369 8918
学習院大学 1万3581  9343 7710
北里大学  7830  9115 6787
福岡大学 1万0535  8997 8667
岩手大学  8990  8788 7640
専修大学  1万2366  8727 6044
目白大学       8700 6877
埼玉大学      8696 8301
聖徳大学     8498 1万0200
京都大学 9218  8487 7210
関西外国語大学 8564 8415 7679
北海道大学 8079  8399 6174
国学院大学 9678 8359
岡山大学 8449  8320 9312
大東文化大学 8156 5904
名城大学  8145 7554
関東学院大学   8000 7303
京都女子大学  7844 6724
熊本大学  8309  7700 7653
獨協大学  8873  7700 7180
同志社女子大学 8510  7668
日本女子大学  9707  7661 5822
文教大学  9105  7615 7604
東京大学  9100  7600 6200
首都大学東京 8969  7578
千葉工業大学  8219  7471 7355
新潟大学  6205  7408 6576
帝京平成大学  9971  7380 6453
愛知学院大学  5188  7368
中京大学 7223  7735
金沢大学 7094  7000 7548
甲南大学  7995  6997 6031
神戸学院大学  6700  6942 6371
亜細亜大学  7902  6741 7606
名古屋大学  6808  6696 6647
大阪府立大学  7914  6113
静岡大学  6176  6087 7500
東北学院大学  6900  5934 4873
明星大学  6484  5853 5135
東京電機大学  6300  5599 4658
女子栄養大学  5250  5502 5255
武庫川女子大学 5333 5500
武蔵大学  6868  5490 3901
南山大学  6243  5447 5574
金城学院大学  5329
多摩美術大学  6526 5286 4495
桃山学院大学  6059  5200
京都精華大学  5100
昭和女子大学  6907  5039
愛知大学  6000  5000 4350
武蔵野美術大学 5075  5526 5076
国際基督教大学 5200  4951
大阪経済大学  5002  4919 4124
東京工科大学  5629  4900 6470
明海大学  4872 5126
東北福祉大学  5788 4832
佛教大学  5269 4692 4604
東京農工大学  4546
広島修道大学  4515
文化女子大学  4456 4200
広島国際大学  4415
北九州市立大学  4413
東京外国語大学  4400 4800
東京学芸大学  4400 4000
大阪教育大学  4382 4092
弘前大学  4358
宇都宮大学  5572 4295
信州大学  5308 4281
群馬大学  6105 4239 4005
中部大学  5610 4200 3860

【出典:2010年度版 大学ランキング 朝日新聞出版 p354~357】
早稲田塾総合研究所主任研究員、Webサイト【大学プロデューズ・ノート】主宰 倉部史記
2008年(4~12月)。学生数500人以上 5万2797(早稲田大)~4746(中村学園大)

【出典:2009年度版 大学ランキング 朝日新聞出版 p362~365】
旺文社『蛍雪時代』編集長 伊藤明朗
2007年(4~12月)。学生数1000人以上 5万0600(早稲田大)~105位:4200(東京成徳大・中部大)

【出典:2008年度版 大学ランキング 朝日新聞出版 p86~89】
東京工科大学広報課 ・入試課 後藤健夫
2006年(4~12月)。学生数2000人以上 5万6840(早稲田大)~105位:3860(中部大)




【速報】=【東北大学メールマガジンより】

【2】数字に見る東北大学
☆オープンキャンパス参加者数、国立大学で断然トップ。

全国の高校生、東北大学の仙台へ。全大学第1位の「参加者割合」。
杜の都仙台に、県外ナンバーの大型貸切バスが続々と集結する…。
こんな日々が、年に二度、仙台の恒例行事となりました。一つは、「仙台七夕」。
二つ目が、「東北大学オープンキャンパス」です。たとえば2008年には、
「41,448人」の高校生らが、全国から東北大学に駆けつけました。

→ 全文を読む
http://www.alumni.tohoku-university.jp/2009/august/suji.html




【学ぶ! 暮らす! タウンエリアで選ぶ! キャンパスガイド 首都圏の大学 全245校を掲載 晶文社】
☆オープンキャンパスカレンダー付き 現役学生に聞いたナマの声が満載!  東京の歩き方 JR編・私鉄編 2009年6月20日 第一刷発行 編集 晶文社学校案内編集部 




最近の記事

早稲田ウィークリー メールマガジン 2009年10月15日号 (10/16)
若山牧水  北原白秋  高校生クイズ (10/15)
■■■高等学校一覧(えひめけん■■■■■■■■■■■■)は、■■県の (10/15)
高校生クイズ【穴埋め・論述問題】 森鴎外 (10/14)
假名遣意見  森鴎外]   (明治四十一年六月) (10/14)



コメント   この記事についてブログを書く
« 坪内逍遙大賞 受賞者決定! ... | トップ | 坪内逍遥  十歳以前に読ん... »

図書館」カテゴリの最新記事