高大連携情報誌

「99%のゴミ情報」に踊らされない為に!。
【①~⑩】から[コピー&ペースト]⇒①用語集(▲▲字)②研究の手助け!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【宮本亜門・検定】  附:【日本の大学 学部の一覧】抜粋

2008-11-16 08:00:12 | ▽大学ニュース(高大連携)
高大連携情報誌 調べもの新聞
『大学受験ニュース』(ブログ版)


【検索の達人 ■■■■】 ■■■■に文字を入力!

【宮本亜門・検定】

【宮本亜門】【Miyamoto Amon】 【1958年1月4日-】【日本の演出家】
【銀座生まれ】
【血液型】【O型】【ミュージカル】【ストレートプレイ】【オペラ】
【レビュー】
【略歴】
【『アイ・ガット・マーマン』】【演出家デビュー】【文化庁芸術祭賞受賞】
【スタンフォードセンター・リッチフォーラム劇場】
【ニューヨーク・オン-ブロードウェイ】
【『太平洋序曲』(Pacific Overtures)】
【東洋人初の演出家】
【『Into The Woods』】【朝日舞台芸術賞】【秋元松代賞】
【トニー賞4部門】【ノミネート】
【『TEA: A Mirror of Soul』】【米・サンタフェ・オペラ】

[編集] 来歴
【喫茶店を営む父】【松竹歌劇団専属の元ダンサーであった母】
【幼少時代から実家の向かいにある新橋演舞場に通いつめ】
【幼稚園時代から藤間流日本舞踊を習い始める】【中村勘三郎】
【港区立白金小学校】【玉川学園】【不登校に陥り約1年間引きこもり生活】
【窓の無い自室で様々なレコードを聴く生活の中で演出家を志す】
【慶應病院の精神科での診察が功を奏し】【再び学校に戻る】
【演劇部【主役】
【演劇デビュー】【「キネマ旬報」】【小池修一郎】【玉川大学演劇専攻科】
【内緒で受けたミュージカル『ピピン』のダンサーのオーディションに受かる】【先生に相談】
【退学をして社会に出た方が良い】【アドバイス】【ダンサーとしてデビュー】
【『ヘアー』の出演】
【六本木のショータイムのあるクラブでアルバイトをし資金を調達】
【池尻大橋にダンススタジオをオープン】【ロンドンへ「遊学」】
【ロンドンにいる2年間で見た舞台の数は700以上】
【演出家を目指すため名前を亮次から亜門へ改名】
【オリジナルミュージカル『アイ・ガット・マーマン』】
【演出家としてデビュー】
【諏訪マリー、中島啓江、田中利花】【文化庁芸術祭賞を受賞】
【「ジャニーズ系の演出家」】
【ミュージカル『エニシング・ゴーズ』『サウンド・オブ・ミュージック』を大地真央の主演で成功】
【ネスカフェ】【ゴールドブレンド「違いのわかる男」】【一般的に認知】

【宮本亜門といえば、ブロードウェイ・ミュージカル」という違和感を払拭し、アジアへの興味を作品にしたいと、オリジナルミュージカルであるアジア三部作『香港ラプソディー』、サイケ歌舞伎『月食』、熱帯祝祭劇『マウイ』を発表】

【『狸■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ム』】
【批評家が観劇しないという状況で極度のスランプ】
【1年間休業】【舞台から完全に離れる】【本籍を沖縄県に移転】
【アメリカ統治下の1960年代の沖縄】
【『BEAT』を撮り、ベネチア国際映画祭に正式招待される】
【挫折したといえば★★★★のときだと語っている】
【捨てられていた子犬を拾い、ペットとして飼い始める】

【このエピソードは、2005年に発売され絵本「あっ!〜ぼくがさがしていたものは」の原案】

【ミュージカル『太平洋序曲』を新国立劇場で上演】
【作詞家のJohn Weidmanが劇団四季のミュージカルの上演のために東京にいた】【亜門版の『太平洋序曲』を観劇】
【自分自身の事ではなく亜門演出がいかにすばらしかったか讃えた】【リンカーンセンターの国際フェスティバル】
【ワシントンD.C.のケネディーセンター】
【ニューヨークのオン・ブロードウェイ】【東洋人初の演出家としてデビュー】
【トニー賞において同作品は4部門にノミネート】
【『アイ・ガット・マーマン』】【ニューヨーク・マンハッタン】
【9月11日、アメリカ同時多発テロ事件】
【稽古場へ向かう途中のグランドセントラル駅でテロの事を知る】
【極度のストレスを感じテロの喧噪から逃れるため、2週間後バンコクへ】
【滞在初日に交通事故に遭い重傷を負うも一命を取り留める】。
【東京二期会】【モーツァルト】【3部作】
【『ドン・ジョヴァンニ』『フィガロの結婚』
【『コジ・ファン・トゥッテ』】
【文化庁芸術祭大賞(音楽部門・関東参加公演の部)を受賞】。
【サンタフェ・オペラ】【作曲家】【ミュージカル「テイクフライト」】
【日本プレミア】
【ワシントンD.C.のケネディーセンター】【ドリームガールズ】
【ヘンリー・クリーガー (Henry Krieger)】
【新作ミュージカル「UP IN THE AIR」】

[編集] 外部リンク
オフィシャルページ
日本音声保存
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E4%BA%9C%E9%96%80" より作成
カテゴリ: 日本の演出家 | 1958年生 | 東京都中央区出身の人物


最終更新 2008年10月28日 (火) 11:19。










高大連携情報誌 調べもの新聞
『大学受験ニュース』(ブログ版)


【検索の達人 ■■■■】 ■■■■に文字を入力!

【宮本亜門・検定】

宮本 亜門(みやもと あもん、Amon Miyamoto 1958年1月4日-)は、日本の演出家。東京・銀座生まれ。血液型はO型。ミュージカル以外にストレートプレイやオペラも手掛ける。


目次 [非表示]
1 略歴
2 来歴
3 主な上演作品年表
3.1 ミュージカル
3.2 オペラ・オペレッタ
3.3 ストレートプレイ
3.4 映画
3.5 レビュー
4 著書
5 関連項目
6 外部リンク



[編集] 略歴
1987年 『アイ・ガット・マーマン』で演出家デビュー。翌年、文化庁芸術祭賞受賞
2001年 『アイ・ガット・マーマン』を米・スタンフォードセンター・リッチフォーラム劇場で上演
2004年 ニューヨーク・オン-ブロードウェイにて、ミュージカル『太平洋序曲』(Pacific Overtures)を東洋人初の演出家として手がける
2004年 ミュージカル『Into The Woods』の演出で朝日舞台芸術賞の秋元松代賞を受賞
2005年 『太平洋序曲』がトニー賞4部門でノミネート
2007年 『TEA: A Mirror of Soul』を米・サンタフェ・オペラで上演

[編集] 来歴
喫茶店を営む父と、松竹歌劇団専属の元ダンサーであった母との間に生まれる。幼少時代から実家の向かいにある新橋演舞場に通いつめ、幼稚園時代から藤間流日本舞踊を習い始める。同じ時期に中村勘三郎と学んでいる。
港区立白金小学校から玉川学園へ進学。高校1年生のとき不登校に陥り約1年間引きこもり生活を送る。窓の無い自室で様々なレコードを聴く生活の中で演出家を志すようになる。1年生の終わりに慶應病院の精神科での診察が功を奏し、再び学校に戻る。ミュージカル『ゴッド・スペル』を映画で見て感動し、演劇部に上演を依頼。そこで主役をやる事になり演劇デビューを果たす。評判の良かったこの作品は、「キネマ旬報」に記事にされ、噂を聞きつけた小池修一郎と初めて会う。そのあと玉川大学演劇専攻科へ進学。


【中略】

その後『狸御殿』『ガールズ・タイム』『ボーイズタイム』などに挑戦するが、批評家が観劇しないという状況で極度のスランプに陥る。
1996年から1年間休業し、37歳から約4年間、舞台から完全に離れる。休業中、ネスカフェのCF撮りのときに訪れた沖縄へ行く。このとき本籍を沖縄県に移転。現在も居住している。沖縄滞在の間、アメリカ統治下の1960年代の沖縄を舞台にした映画『BEAT』を撮り、ベネチア国際映画祭に正式招待される。のちに、挫折したといえばこの映画のときだと語っている。撮影中、捨てられていた子犬を拾い、ペットとして飼い始める。名前を映画からとって「ビート」と名付ける。このエピソードは、2005年に発売され絵本「あっ!〜ぼくがさがしていたものは」の原案となる。
2000年ミュージカル『太平洋序曲』を新国立劇場で上演した際、この作品の作曲家のスティーヴン・ソンドハイム(Stephen Sondheim)が高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式に参加するために東京にいたことと、作詞家のジョン・ワイドマン(John Weidman)が劇団四季のミュージカルの上演のために東京にいた事が重なり、亜門版の『太平洋序曲』を観劇。亜門が巨匠のように崇めているスティーヴン・ソンドハイムの評価と感心が高く、高松宮殿下記念世界文化賞の授賞スピーチで、自分自身の事ではなく亜門演出がいかにすばらしかったか讃えたほどだった。この作品は2002年にリンカーンセンターの国際フェスティバルと、ワシントンD.C.のケネディーセンターへ招聘される。2004年にはニューヨークのオン・ブロードウェイで東洋人初の演出家としてデビューし、翌05年にはトニー賞において同作品は4部門にノミネートされた。




【中略】



[編集] 主な上演作品年表

[編集] ミュージカル
1987年 アイ・ガット・マーマン
1988年 アニーよ銃をとれ
1989年 エニシング・ゴーズ (日生劇場)




【中略】



2007年11月 テイクフライト (東京国際フォーラムCホール)
2008年2月 UP IN THE AIR (ケネディセンター・米国)
2008年3月 祝祭音楽劇 トゥーランドット (赤坂ACTシアター)
2008年5月 ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜、(帝国劇場)

[編集] オペラ・オペレッタ
1988年 愛の妙薬
1989年 オペレッタ メリー・ウィドウ
1990年 コズィ・ファン・トゥッテ
1999年 オペレッタ ピノキオ
2002年 フィガロの結婚


【中略】




[編集] 著書
夕学セレクション宮本亜門「亜門流コーチング」(日本音声保存)
ミュージカルにディープ・キス(マガジンハウス)
亜門日記・極私的オペラ考(音楽之友社)
ALIVE 僕が生きる意味をみつけるまで(日本放送出版協会)
あっ! ~ぼくがさがしていたものは(著:まつどう きょうた 絵:いまなかしんいち 原案:みやもとあもん)(講談社)

[編集] 関連項目
演出家
ミュージカル
オペラ
ストレートプレイ
TBS『いのちの響』
クリス松村

[編集] 外部リンク
オフィシャルページ
日本音声保存
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E4%BA%9C%E9%96%80" より作成
カテゴリ: 日本の演出家 | 1958年生 | 東京都中央区出身の人物


最終更新 2008年10月28日 (火) 11:19。
















高大連携情報誌 『大学受験ニュース』(ブログ版)

検索の達人・情報の達人・学部の一覧
【検索の達人  ■■■■】 ■■■■に文字を入力!

【学部の一覧】


学部の一覧(がくぶのいちらん)は、日本に設置されている大学の学部の一覧である。


[編集] 学部の一覧

[編集] ア行
アジア太平洋学部 (立命館アジア太平洋大学)
アジア太平洋マネジメント学部 (立命館アジア太平洋大学)
医学部
異文化コミュニケーション学部 (立教大学:2008年4月設置予定)
医療衛生学部
医療看護学部
医療技術学部
医療健康科学部
医療工学部
医療福祉学部
医療福祉工学部
映像学部(立命館大学)
栄養学部
英語情報マネジメント学部 (秀明大学)
園芸学部(千葉大学)
応用生物科学部 (岐阜大学/東京農業大学)
応用生物学部 (中部大学)
応用生命科学部 (新潟薬科大学)
小田原保健医療学部
音楽学部
音楽・文化学部 (上野学園大学)

[編集] カ行
会計ファイナンス学部  (名古屋商科大学)
海事科学部 (神戸大学)
外国語学部
開発工学部
海洋学部 (東海大学)
海洋生命科学部 (北里大学)
海洋科学部 (東京海洋大学)
海洋工学部 (東京海洋大学)
科学技術学部
化学生命工学部 (関西大学)
香川薬学部 (徳島文理大学)
学芸学部
家政学部
学校教育学部
環境園芸学部(南九州大学)
環境学部(広島工業大学)
環境科学部
環境共生学部
環境・建築学部 (金沢工業大学)
環境システム学部
環境情報学部
環境創造学部 (大東文化大学)
環境都市工学部 (関西大学)
環境人間学部
環境理工学部 (岡山大学)
看護学部
看護医療学部 (慶應義塾大学)
看護栄養学部
看護福祉学部
環境保健学部
観光学部 (立教大学ほか)
基幹理工学部 (早稲田大学)
危機管理学部 (千葉科学大学)
基礎工学部 (大阪大学、山口東京理科大学)
技能工芸学部 (ものつくり大学)
キャリアデザイン学部 (法政大学)
九州工学部 (近畿大学(学生募集停止):産業理工学部に改組)
教育学部
教育地域学部
教育地域科学部
教育福祉学部
教育福祉科学部
教育文化学部
教育人間科学部
共生科学部
行政社会学部
教養学部
グローバルエンジニアリング学部 (工学院大学)
グローバル・メディア・スタディーズ学部 (駒澤大学)
経営学部
経営経済学部
経営情報学部
経営政策学部
経営文化学部
経営法学部
経済学部
経済経営学部
経済情報学部 (姫路獨協大学)
芸術学部
芸術情報学部
芸術工学部 (九州大学ほか)
芸術文化学部
言語コミュニケーション学部 (東京国際大学)
健康栄養学部
健康科学部
健康福祉学部
健康メディカル学部
現代経営学部
現代国際学部
現代社会学部
現代生活学部
現代中国学部 (愛知大学)
現代福祉学部 (法政大学)
現代文化学部 (東京女子大学)
現代法学部 (東京経済大学)
公益学部 (東北公益文科大学)
工学部
工学資源学部 (秋田大学)
工芸学部
国際学部
国際英語学部 (中京大学)
国際・英語学部 (大阪女学院大学)
国際開発学部
国際環境工学部 (北九州市立大学)
国際関係学部 (日本大学/立命館大学ほか)
国際教養学部 (早稲田大学/上智大学ほか)
国際経営学部
国際経済学部
国際交流学部
国際コミュニケーション学部
国際社会学部
国際情報学部
国際食料情報学部 (東京農業大学)
国際政治経済学部 (青山学院大学ほか)
国際地域学部 (東洋大学)
国際日本学部 (明治大学:2008年4月設置予定)
国際文化学部 (法政大学ほか)
国際文化交流学部
こども学部 (東大阪大学)
子ども科学部
コミュニケーション学部 (東京経済大学)
コミュニティ振興学部
コミュニティ福祉学部 (立教大学)
コンピュータサイエンス学部 (東京工科大学)
コンピューター理工学部 (会津大学/京都産業大学:2008年4月設置予定)

[編集] サ行
サービス経営学部
サービス産業学部
産業理工学部
産業社会学部 (立命館大学ほか)
産業情報学部
歯学部
システム科学技術学部
システム工学部
システム情報科学部 (公立はこだて未来大学)
システムデザイン学部
システム理工学部 (関西大学)
社会学部
社会イノベーション学部 (成城大学)
社会科学部 (早稲田大学)
社会システム科学部
社会情報学部
社会福祉学部
事業構想学部
獣医学部
獣医畜産学部
生涯学習学部 (八洲学園大学)
生涯学習システム学部 (北翔大学)
商学部
商経学部
商船学部
情報学部 (文教大学ほか)
情報科学部 (法政大学ほか)
情報環境学部
情報工学部
情報コミュニケーション学部 (明治大学)
情報社会科学部
情報社会政策学部
情報デザイン工学部
情報フロンティア学部 (金沢工業大学:2008年4月改称予定)
情報文化学部 (名古屋大学)
情報メディア学部
情報理工学部 (立命館大学ほか)
食品栄養科学部
神学部
鍼灸学部 (明治国際医療大学ほか)
神道文化学部 (國學院大學)
人文学部
人文経営学部
人文社会学部
人文社会科学部
心理学部 (明治学院大学/中京大学)
心理科学部
心理福祉学部 (帝塚山大学)
水産学部
スポーツ学部
スポーツ科学部 (早稲田大学/福岡大学)
スポーツ健康科学部 (大東文化大学/同志社大学:2008年4月設置予定)
生活科学部
生活環境学部
政経学部
政策学部 (同志社大学)
政策科学部 (立命館大学)
政策情報学部
政策創造学部 (関西大学)
政策マネジメント学部
生産工学部 (日本大学)
政治経済学部
生物産業学部
生物資源学部
生物資源科学部 (島根大学/日本大学)
生物生産学部
生物生命学部
生物理工学部 (近畿大学)
生命医科学部 (同志社大学:2008年4月設置予定)
生命科学部 (東洋大学/東京歯科大学/立命館大学:2008年4月設置予定)
生命健康科学部 (中部大学)
生命歯学部 (日本歯科大学)
生命システム工学部 (中京大学)
生命理工学部
繊維学部 (信州大学/京都工芸繊維大学:2006年3月発展解消)
先進理工学部 (早稲田大学)
造形学部
造形表現学部
総合学部  (イオンド大学)
総合科学部 (広島大学/徳島大学/大阪府立大学)
総合家政学部
総合管理学部
総合経営学部 (大阪商業大学)
総合政策学部 (慶應義塾大学/中央大学/関西学院大学ほか)
総合情報学部 (関西大学ほか)
総合人間学部 (京都大学)
総合人間科学部 (上智大学)
総合キャリア学部
総合福祉学部
総合理工学部 (島根大学)
総合リハビリテーション学部 (大阪府立大学/神戸学院大学)
創造芸術学部
創造理工学部 (早稲田大学)
ソフトウェア情報学部 (岩手県立大学)

[編集] タ行
体育学部
第二工学部
第二文学部 (早稲田大学:2006年3月募集停止)
地域科学部
地域環境科学部 (東京農業大学)
地域教育文化学部 (山形大学)
地域政策学部
地域発展学部
地域創造学部
地球環境科学部 (立正大学)
畜産学部 (帯広畜産大学)
知的財産学部 (大阪工業大学)
デザイン学部
デザイン工学部
デジタルコミュニケーション学部
電気通信学部 (電気通信大学)
電子情報学部
東京メディア・コンテンツ学部 (宝塚造形芸術大学)
都市環境学部
都市教養学部 (首都大学東京)
都市経済学部
都市情報学部 (名城大学)

[編集] ナ行
新潟生命歯学部 (日本歯科大学)
21世紀アジア学部 (国士舘大学)
日本文化学部 (明星大学)
人間学部
人間科学部 (大阪大学/早稲田大学ほか)
人間環境学部 (法政大学ほか)
人間関係学部
人間看護学部
人間健康学部
人間社会学部 (日本女子大学)
人間情報学部
人間生活学部
人間文化学部
ネットワーク情報学部 (専修大学)
農学部
農学生命科学部 (弘前大学)

[編集] ハ行
バイオ環境学部 (京都学園大学)
バイオサイエンス学部  (長浜バイオ大学)
バイオニクス学部 (東京工科大学)
発達科学部 (神戸大学)
発達教育学部 (京都女子大学)
比較文化学部
光科学部 (千歳科学技術大学)
ビジネス学部
ビジネス情報学部
美術学部
美術工芸学部
ヒューマンケア学部
表現学部 (和光大学)
不動産学部 (明海大学)
福岡医療技術学部 (帝京大学)
福祉学部
福祉総合学部 (城西国際大学)
福祉保健学部
服飾学部 (杉野服飾大学)
服装学部 (文化女子大学)
仏教学部
文化学部 (京都産業大学)
文化教育学部
文化構想学部 (早稲田大学)
文化情報学部 (同志社大学)
文化表現学部
文学部
文教育学部 (お茶の水女子大学)
文芸学部
文理学部 (日本大学)
保育学部
法学部
法経学部 (千葉大学)
法文学部 (愛媛大学/琉球大学)
保健学部
保健医療学部
保健医療技術学部 (佛教大学)
保健医療福祉学部
保健科学部
保健看護学部
保健福祉学部

[編集] マ行
松戸歯学部 (日本大学)
マネジメント学部
マンガ学部 (京都精華大学)
未来創造学部 (北陸大学)
未来科学部 (東京電機大学)
メディア学部 (東京工科大学/城西国際大学)
メディア・コンテンツ学部 (宝塚造形芸術大学)

[編集] ヤ行
薬学部

[編集] ラ行
ライフデザイン学部 (東洋大学)
酪農学部 (酪農学園大学)
理学部
理工学部
リハビリテーション学部
リベラルアーツ学部 (玉川大学)
流通科学部
流通情報学部

[編集] ワ行

[編集] 関連項目
学科の一覧
研究科の一覧
学部
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7" より作成
カテゴリ: 学部 | 教育関連一覧

最終更新 2008年8月1日 (金) 02:25。Wikipedia®

高大連携情報誌「大学受験ニュース」  
236-0038 横浜市金沢区六浦南2-27-18-201 調べもの新聞社
nakamurayoshio@gmail.com    TEL&FAX 045-701-6113
【高大連携情報誌「大学受験ニュース」(ブログ版)毎日発信中!
 正会員(大学・高校・教育関係機関) 年会費(18000円) 
『演劇』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 滋賀県の大学・横浜市大を目... | トップ | ラグビー ブログ記事一覧 【... »

▽大学ニュース(高大連携)」カテゴリの最新記事