塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 古代〜近世の文書管理 続日本紀

2021-10-07 05:42:16 |  ミュージアム巡り_2021
 続いて,文武天皇元年(697)から桓武天皇の延暦10年(791)までの
95年間が収録された六国史の第二弾「続日本紀」で,前半20巻と後
半20巻が別々に編纂され奏上されている。
 展示書は、神道家で僧侶の梵舜が慶長18年(1613)に献上した20
冊に、翌年作成された“綱要”を合わせたもの。紅葉山文庫旧蔵、全
22冊。

 展示頁には、和銅6年(713)5月2日、朝廷は地名の文字の改正
や特産品などの種類、地名の由来など5項目の報告書の作成及び提
出を諸国に命じている。この報告書は後に「風土記」と呼ばれる。
NAJ(千代田区北の丸公園3-2)
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ミュージアム巡り 古代〜近... | トップ | Weekdayの麺処巡り がんこ西... »
最新の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2021」カテゴリの最新記事