塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

Holidayの麺処巡り 覆麺智 で 鮑の塩

2021-07-22 15:19:21 | 麺_2021
 神田神保町2丁目で2008年7年23日に創業された「がんこ総
本家」の「覆麺」、その2年後に店長であった及川智則さんが独
立し屋号を「覆麺 智」として継承された。

 本日から3日間、13年記念として3バージョンの麺が振る舞
われる。まず第1弾が「鮑の塩らーめん」¥2,800。約1ヵ月前
に確約申請していたおかげで、本日頂くことができた。
 で、午後1時過ぎに入店、及川店主に“アンガーラ”とご挨拶し
て13年を祝います。

 まずは、小鉢に入った鮑のきも和えが登場。その後から、豪華
な具が別盛りで添えられ、メインの麺はシンプルに。そしてメイ
ンの“粗みじん切り”にされた鮑がのせられて、緑豊かな青葱が目
を見はる。
 まさに大量の鮑を惜しげもなく摂取されたスープは、香りもコ
クも上品な旨味で溢れており、心まで堪能された。ご馳走様。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ミュージアム巡り 最後の殿... | トップ | ミュージアム巡り 最後の殿... »
最新の画像もっと見る

麺_2021」カテゴリの最新記事