塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

Weekendの麺処巡り 覆麺智 で 鯛煮干し

2021-06-12 11:42:25 | 麺_2021
 神田神保町2丁目で、2008年7月23日に創業された「覆麺」
(がんこ総本家)、その後、10年4月19日から独立として「覆麺
」(及川智則店主)となる。
 その覆麺から数えて13周年記念イベントが来たる7月22〜24
日の3日間(22日:塩、23日:悪い奴、24日:冷やし)、SPらー
めんが振る舞われる。なので、その確約予約を行いに訪問。

 で、本日の12日の土曜日は「鯛煮干しらーめん」の日、醤油
と塩が振る舞われるので、鯛煮干し塩らーめん1,100円を頂こう。
 活き鯛の頭やガラから良いお出汁が摂れるが、それが煮干しと
なるとさらに旨味が凝縮され、そのスープを啜るのを考えると心
が躍る。注目の一杯が目の前に登場。

 幅広のバラチャーシューに少し隠れているが、春玉葱のリング
に目を奪われる。しっかりとしたコクのある鯛のスープが、舌の
蕾を心地よくさえずるように刺激する。これは旨い、ご馳走様。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ミュージアム巡り ANCIENT E... | トップ | ミュージアム巡り ANCIENT E... »
最新の画像もっと見る

麺_2021」カテゴリの最新記事