塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

Weekendの麺処巡り 盛 で 塩

2021-01-16 14:13:49 | 麺_2021
 「がんこ一条流」の塩らーめんが食べたい。そう思うとジッとし
ておられないのが私。

 なので、本日は江戸博で開催されている「古代エジプト展」を鑑
賞した後、江東区千田にある「らーめん屋 盛」(さかり、1998年10
月12日創業)へ。

 こちらの店主は、がんこ十一代目(行徳)で修行されており、習志
野台、葛西、両国の地で営業された後、こちらに落ち着かれている。
すでに“がんこ”の称号は使われていないが、提供された一杯を拝見
すると、その面影が垣間見える。もちろん、味も。

 では、メニューの中から「塩らーめん」大盛り800円に味玉を注
文。その味玉、サービスして頂いた、ありがとうございます。

 海苔といいロールチャーシューといい、そのままがんこだ。チャ
ーシューの下にはメンマと刻み葱が隠れている。スープを啜ると塩
気はマイルド、がんこのような強気の塩気は感じない。ところが、
食べ終えて店を後にすると、強烈に塩気が込み上がってくるほど身
体が水分を要求してくる。ここで“がんこ”の本来の旨味が津波のよ
うに伝わってくる。満足、ご馳走様。
この記事についてブログを書く
« ミュージアム巡り 工の芸術... | トップ | ミュージアム巡り 工の芸術... »
最新の画像もっと見る

麺_2021」カテゴリの最新記事