塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 雨に詠えば 勅撰和歌集

2019-09-30 05:40:13 | ミュージアム巡り_2019
 雨、特に梅雨時期の雨はジトジトと湿気が多く、気分も暗くなる。
しかし、季節によっては雨もまた恋し。飲料水としてや稲の育成に
は必要な雨。古代から雨にまつわる生活や風習が、その時代の和歌
や物語に登場してくる。

 今回の国立公文書館では「雨に詠えば」(空模様と古典文学、7/
27〜9/8)と題した展示が開催されていた。
 まず、歴代の天皇や上皇の命により編纂された歌集を勅撰和歌集
という。トップは、「古今和歌集」(延喜5年・905成立)に始まり、
「新続古今和歌集」(永享11年・1439成立)までの534年間で21
勅撰和歌集が編纂され、これを“二十一代集”と呼ばれている。そ
の他、南北朝時代に編纂された「新葉和歌集」は準勅撰集である。
 その撰集から“雨”に関する話題が登場する。
国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ミュージアム巡り みた? ... | トップ | ミュージアム巡り 雨に詠え... »
最新の画像もっと見る

ミュージアム巡り_2019」カテゴリの最新記事