塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

Weekendの麺処巡り 桃の木 で こくまろ塩つけ麺

2021-02-27 14:11:13 | 麺_2021
 本日のランチは、新宿1丁目にある「小麦と肉 桃の木」へ。久
しぶりに暖簾をくぐる。

 復活前はらー麺も提供されていたはずだが、「せたが屋」Grか
ら独立されると、つけ麺だけになったのかな。券売機のメニュー
の中から「コクまろ塩」900円のチケットを買ってカウンターへ。
厨房には矢野女将と男性スタッフの姿があった。

 豚バラ肉と刻んだ油揚げ、白髪ネギが盛られたつけ汁、あさひ
や製麺の特注平打ち麺、箸をつけずともその旨味が伝わってくる。
メニュー品のタイトルどおり、まろやかで優しい塩気のスープは
コクがあり旨味が溢れ出ている。すすった時の麺の食感が舌をく
すぐり、喉元をサラリと滑る込まれていく。この食感がたまらな
く良い。

 まだまだ進化を続けている桃の木の逸品、それを確かめるため
に、また暖簾をくぐろう。ご馳走様。
この記事についてブログを書く
« Weekendの麺処巡り 白河そば... | トップ | ミュージアム巡り グルメが... »
最新の画像もっと見る

麺_2021」カテゴリの最新記事