塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

Weekendの麺処巡り こかげ で 中華そば

2022-11-20 13:07:31 | 麺_2022
 昨日の11月19日にオープンした麺処「中華蕎麦こかげ」へGO。そ
こは飲み屋を中心にした歓楽街・上野広小路街にある路地のビル2階
「Ber Buzz」、こちらを昼営業で間借りされている。

 なので、伺った時は暖簾が出ていなかったので、こちらの近所をウ
ロウロ。入店するとズバリ、バーでした。カウンターに腰掛けるとグ
レンモルト・ウィスキーにチェイサーをオーダーしそう。

 で、シンプルなメニューの中から「中華そば」900円に味玉と海苔
をコール。

 注目の一杯、スープはややブラウンがかっていますが、塩味で鶏と
魚介のハーモニーがバランス良く旨味を醸し出している。たぶん製麺
所の特注麺だろうが、スープにピタリとマッチして素晴らしい。
 良いお店が出来た、ご馳走様。

中華蕎麦こかげ
台東区上野2-3-7 二三太楼ビル2F
11:30〜17:00 日・月曜定休日

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミュージアム巡り 鉄道開業150年 公文類聚

2022-11-20 05:07:16 | ミュージアム巡り_2022
 次の書は、法律、勅令、閣令、閣議決定等の原義を収録し年次別
に編纂された「公文類聚」で、明治15年(1882)から3年間、緒公文
から謄写し、部門ごとに文類編纂されており明治19年以降は原本を
収録。また、1955年以降の内閣保存文書は内閣公文等に文類編纂さ
れている。
 日本鉄道は私鉄だったが、創設当初は官鉄中心の時代であり経験
のある鉄道技術者を民間から集めることが困難だったため、線路の
建設工事や列車運行は政府が委託を受けて行っていた。
 展示頁は、明治24年12月28日付けの内務大臣から内閣総理大臣
への報告。盛岡〜青森間が開通し日本鉄道へ線路を引き渡し、また
線路が当初より延伸され民間の技術者も充実してきたことを受け、
列車運行も日本鉄道が自営するよう通行されたことが記されている。
NAJ(国立公文書館):千代田区北の丸公園3-2)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする