塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り はこだて 函館天主公教会堂

2022-11-02 03:09:33 | ミュージアム巡り_2022
 続いて、撮影者不詳の「函館天主公教会堂」(慶応4年・1868、132
×179、First Roman Catholic Church in Hakodate、ゼラチン・シル
バープリント)。右の人物写真はS・石川撮影の「アレキサンドル・
ベルリオーズ」(大正15年・1926、Alecandre Berlioz、ゼラチン・シ
ルバープリント)。
 アレキサンドルは、パリ外国宣教会に所属する神父で、明治17年
(1884)に函館に赴任。91年に函館司教区が創設され、司教に就任。
アイヌ語の公教要理(教義書)を作成し、アイヌ民族の調査と伝道に
努め、トラピスト修道院の招致計画の実現に尽力。
TOP-M(目黒区三田1-13-3)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする