ながれやま栞 お話グループ森 ゆかいな仲間たち

えほん大すき、子ども大すき、
そして何よりおはなしが大すきな仲間デス!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朗読会「平和への願い」

2010-07-27 22:13:32 | イベント
お話部会のことではないけれど・・・

先週の土曜日、森の図書館で朗読会「平和への願い」が開催されました。


今回の朗読会は、朗読グループ「こもれび」の皆さんと

流山市立北部中学校の生徒の皆さん


昨年「こもれび」さんによる平和の朗読会が好評で

「ぜひ中高生にも聴いてほしい」という声があって実現しました


この「こもれび」さんが、何いおう中央お話部会のAさんとFさん、

そして森のお話部会のAさんとMさんです


4人の方の朗読がすばらしい

いつもよみきかせしている時の

おはなしおばさんでない一面が見られて
私もファンの一人です


今回の「平和への願い」もとてもステキな会でした。

詳しくはこちら

http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/jouhoukan/1007/moriroudoku.htm



この朗読会中学生も一緒だったので舞台裏では色々なことが・・・


中学生が一人出れなくなったので先生が出演されることに・・・。

ところが先生は 朗読がとても上手なうえに 若い。

セーラー服を着たら学生に間違えられるほど

リハーサルの日に「本番はセーラー服とモンペで来ます

なるほどいけるかも・・・と納得してしまう私たち



さらに男の子たちとの会話
「遅刻したらランニングと麦わら帽子だからね」  「え~



そして、本番当日。男の子が目隠しのパーテーションに寄りかかったために
後ろにそのままひっくりがえり、舞台裏が丸見えに

まだ本番が始まる前でしたが
お客さんは会場に入っていて、お客さんも大笑い
ひっくり返ったSくんは先生に怒られるし、笑われるし


でもさすが朗読が始まると

今までの一番の出来
観客を魅了していました


中学生も「とてもいい思い出ができて参加できてよかったです。」と

感激して帰られました



これからはお話部会もスペシャルに向かって練習です
皆さん体調は万全ですか
私たちもこの夏 いい思い出になるように頑張りましょうね


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

西深井小おはなし会

2010-07-11 17:09:43 | おはなし会

1.2年の学期最後のお話し会は合同でお楽しみ会です。
パネル・紙芝居・大型絵本
締めはブラックライトパネル
『おりひめとひこぼし』
先生が足りない暗幕を用意してくださったので
きれいに光りました
子ども達が「わーきれい」と言ってくれたのが
うれしかったです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みんなの後ろ姿

2010-07-07 19:42:50 | 活動
図書館の定例おはなし会や学校のよみきかせが近づくと
児童書コーナーで本を探している部会の皆さんにお会いします
本を選ぶ皆さんの後ろ姿は真剣そのもの…
いえいえ、実は楽しそう…カナ?

でも皆さんのその後ろ姿があるからこそ、
たくさんのお子さんたちも来てくれるんですよね

最近なつやすみも近いせいか
おはなし会はおおにぎわい

先日もよみきかせの後

「何曜日に来れば、おはなし会があるんですか?」と
若いお母さんに聞かれました


いい本に出会えるのはいいけれど…感情移入しすぎても…
今日も油断をしてたら、よみきかせの最中に涙が出そうに…
いけない いけない…まだまだ修行が足りないぞ 

いつも子どもの心を忘れずに… 
いずれはおはなしの星になりたい…
なんてムリムリ
おはなしの道は果てしなく続きそう…

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スペシャルの著作権の電話で・・・

2010-07-03 22:11:08 | 活動
先日、次回のスペシャルで拡大投影する本の

著作権の許諾を得るために

出版社にFAXしました。

ところが3日位たつのに…なかなか返事が来ない
大抵は1~2日で返事が来るのに…もしかして…

すると出版社から直接のお電話
電話に出ると「拡大投影というとどうやって写すんですか?」のひとこと

ドキドキしながらお答えすると

「データを残さないというお約束で許諾します」の言葉と…
「お子さんたちのために喜ばれる楽しいおはなし会にしてあげてください

と言われました。


嬉しくなって思わず
「はい。ありがとうございます」とお答えすると
「楽しいおはなし会がんばってくださいネ

の励ましの言葉。

きっと絵本を創られることに誇りを持ってお仕事されているんですね
そんな出版社の方たちの想いがジ~ンと伝わってきて
とても嬉しいひとときでした


子どもたちって
こんな優しい人たちにも見守られているんですね
私たちもがんばろっと

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする