塩坂研究所研究日誌

日々徒然なることを。脳からダダ漏れに。

おう、運んだぞ。

2004年12月05日 21時04分01秒 | お出かけ
神北さん後を受ける。トラックバックって、これをコピーしてここに貼りゃいいのかな?

記念すべき愛車ノワール号のETC実戦初投入は、埼玉往復となった。
住所を出し忘れて、カーナビの電話番号検索を頼みに何とか建物前までたどり着く。部屋番号が判らずに途方に暮れる。
ふと、一部屋だけベランダに直接入る不審な電線が目に入る。
ははあ、これが噂の折れやすいケーブルかと、郵便受けを見ると当たり。合流、出発する。
途中、ノワール号オドメーター30,000km記念写真を撮り逃す。

目的地で、神北さんと相談しながら使用者にとって最適な配置と接続方法を決める。
「おおーっ。俺今なんだかものすごく『ネットワークエンジニアしてる』って感じですよぉ」
「おまえ神奈川県の金でネットワークエンジニアになったんだろうが。神奈川県民のために働けぇ!」
いや、たぶん国の金のはず。

で、LNFの柳澤さんの家について、俺が奇声を上げたところか。

神北さん、ちょっと違う。
確か5月に買った柳澤さんのレッツノートは、マカフィーが入っている。
入っているってのはデスクトップに『マカフィーをインストールするショートカットがある』ってことで、ライセンスの関係と思うが、ユーザーが本体を購入してから90日お試し版をインストールするようになってる。

理屈はわかるが、このご時世だぞ。でっかく『購入したらLANケーブルつなぐ前に、付属のマカフィーもしくは購入したセキュリティソフトをインストールしてください。』くらい書いとけ。パナソニック。ハードはノートとして俺的最高の位置にあるんだから。
柳澤さんに薦めた俺の立場が無いじゃないか。


で、そろそろ武田さんたちが駅まで来る時間なのだが、さすがに柳澤さんちの6畳の居間で8人が飯を食うわけにはいかない。ガタイがでかいの4人いるし。
駅前のサイゼリヤまで出ることになる。

新たに来る面子は武田警備隊長、栗原さん、横山さんである。これに柳澤さんとその息子、LNFの勝木さん、われわれ二人が合流する。
われわれ二人が居る事はまだ言ってなかったんで、先に二人でサイゼリヤに入って8人分席を取り、
『やあやあやあ奇遇だなあ、俺たち偶然ここで飯食ってたんだよ。どうだい一緒に。ちょうど席も空いてるし。』
をやるが、不発に終わる。

…つーか、俺ら二人とも『どこに居ても不思議じゃない』とか思われてる?
神北さんはともかく、俺まで? ちょっとショック…。


さて、いつも遊んでる連中とはあまりなじみの無い横山さんであるが、彼は『T-CON2003の鉄人定食を、ラーメン半分で脱落した秋山瑞人の目の前で、ラーメンは完食した』男である。
鉄人定食の説明は省略する。つーか買って読め。
当然メチャクチャ食うはずであるが、せいぜいがとこ2人前である。
期待して損したぞ。

で、今これ書くために、『T-CON2003の鉄人定食の企画レポート』探してみたんだが、どこにも無い。
出るのは別の人がやった奴だけ。
まずいぞLNF、何とかして。
『ネットには現実に無いものは存在するが、ネット検索で出てこないものは現実に存在しない』
という理論で、無かったことにされちゃうぞ。
一番近いと思われるのは大会打ち上げ合宿のミツルんの日記と、神北さんのブログだけど、あの臨場感は味わえない。
俺の手元にはDVDが有るんで、直接会える人には言ってくれれば見せます。

ちなみに、横山さんはこの打ち上げ合宿にも参加していて、鉄人餃子と鉄人中華丼も『人並みに』食べている。俺の手元には『電話の受話器と鉄人餃子を間違える横山さんの写真』がある。探すのめんどくさいんで公開はしない。


で、食べ終わると勝木さんが『カラオケ!』と騒いでいる。
近くのカラオケ屋に移動する。DAMである。
普通、オタクカラオケの定番といえばパセラである。独自の全機種システムで、アニソンの曲数とカルトさは他の追随を許さない。ここでの私の定番は最新曲スピード勝負とカルト攻めである。

ただし、今回はDAMである。パセラに慣れた目には、ぱっと見の曲の絶対数が少ない。今回はおとなしく収まると思っている。心は柳澤さんのレッツノートのセキュリティ対策にもどっている。

…甘かった。

オタクも40過ぎると凶悪である。

初っ端から「戦え!ウルトラマン」が来た。やるな栗原さん。さすがは元ダイコンフィルム。
「怪傑ライオン丸」と「風雲ライオン丸」は違うんだと神北さんが力説する。
五木ひろしの「明日の愛」が特撮ジャンルに入ったと二人して狂喜している。この辺に詳しい。

ぼく大阪万博の後に生まれたから、よくわかんないでちゅ。

だが、これは「試し」である。オタクとオタクの力のぶつかり合い。世代を超えた知識と魂の継承である。
全力で受けなければ失礼にあたる。全力で歌う。

一方、神北さんと同年の柳澤さんも濃さでは負けるものの熱さでは負けていない。
仕事の頼み方の上手さから「奴隷商人」の異名を持つ柳澤さんが、今日は「鬼」である。
時間のかかる歌本は見ず、検索型リモコンを抱え込んでの鬼の古典定番ハイテンション攻めである。
大体さあ、「勇者王誕生」「誰がために」「哀・戦士」「絶対運命黙示録」「仮面ライダークウガ」「特捜戦隊デカレンジャー」のコンボって何よ。
ついつい習性で全力で歌ってしまう。もう血圧上がって頭痛いわ、のどに来る歌い方をしちゃってのど痛いわ、大変キツかった。

そんな中、「太陽戦隊サンバルカン」だけ、なぜか全員落ち着きがない。特に栗原さんが。
「歌詞カード見ずに間違えずフルコーラス歌えたら10万円ってあるじゃん。あれSF大会でこの曲でやったらどうなると思う?」
「誰一人成功しないだろうな。」
濃さゆえの逆転現象が起こっている。

横山さんが「今まで俺と一緒に歌ってきた友人たちは、なんて薄かったんだ!」と嘆いている。

疲れ果てて会計をしてると、修羅場明けのここのき奈緒から電話が入る。
こいつのカラオケもキツイんだ。なんつーか次元とか魂が違う。しかも上手い。数年前に一度アニカラサークル合同例会の「パセラ15時間耐久」に紛れ込まさせてもらったんだが、ここのきとそのツレだけ耐久じゃなくてスプリントレースで、しかも完走しやがった。
うん出先あとで電話して。

埼玉組を栗原さんに無理を言ってお願いし、柳澤さん達を送る。
で、レッツノートである。マカフィーお試し版入れて、ドライバアップデートして、SP2適用させる。
どうもマカフィーのお試し版は最新ウイルス定義ファイルの適用が出来ないらしく、正式版を買わないと駄目らしい。
そしたら柳澤さんが、「マカフィー嫌い。ノートンがいい。」と言い出した。
気持ちはわかるがじゃあ買って入れとけよ。
明日朝一で買って、自分で入れてください。でも気休めでも、3月のウイルス定義でマカフィーで全体検索しておきましょう。
スキャンかけて帰る。


戻ってメールチェックしてると、ここのきから電話が来た。
近況報告から、来年の中期的戦略まで話して、すっかり長電話になる。

ああ、疲れる土曜日であった。

追伸。柳澤さんのパソコンは、奇跡的に無傷だったそうです。

コメントを投稿