流れのままに~

花が好き・海が好き・自然大好き・・・
   

ベニスジヤマユリ&サクユリ

2015-06-30 21:32:06 | 植物


今日は大船フラワーセンタへ行って来ました。
お目当ては温室でしたが、その前に入園してすぐ色鮮やかなユリの花が目にとまりました。
「ベニスジヤマユリ」と「サクユリ」と説明版があり、並んで置かれていました。


幻のヤマユリと言われます『ベニスジヤマユリ(紅筋山百合)』  説明版によりますと・・・


自生しているヤマユリの花色変異で、10年に一株くらい見つかると言われる貴重な個体とありました。


花びらに鮮やかな赤い筋が入っています。


この鮮やかな紅色も2、3日たつと褐色に変化してしまうそうです。



伊豆諸島のユリ『作百合(サクユリ)』 別名を為朝百合(タメトモユリ)と。


説明版によりますと、山百合の変種で伊豆諸島のみに自生。よく育つと花の大きさは30㎝、
草丈は2m近くにもなる世界最大の原種のユリとありました。


コメント

アジサイとハンゲショウ@瑞泉寺

2015-06-27 23:32:55 | 寺社


前回のヤマユリに続き・・・
『瑞泉寺』のアジサイも見頃となっていました。

北鎌倉は今日も大変混んでましたが、こちらは喧騒から離れ
とても静かでゆっくりとした時間を過ごせる寺院です。


ウグイスの美しい鳴き声が響き渡っています。


夢窓国師作の石庭を独り占め状態。


前回紹介の『ヤマユリ』が岩肌に咲いています。


本堂前では、キキョウ・ムラサキツユクサ・ビョウヤナギ(終盤)など彩りを添えていました。


キキョウ(桔梗) キキョウ科の多年草。


藤棚下のベンチにて。


ガクアジサイ


梅の古木に着生しているツユクサ。


山門前の『吉田松陰留跡』の石碑です。


吉田松陰母方の伯父が瑞泉寺第二十五世住職を務めていたそうです。



下境内庭園のハンゲショウ


梅園に咲くアジサイの自然美








早くも萩の花が咲きだしました。


そして、永福寺跡を過ぎた辺りから瑞泉寺迄のアジサイロード? アジサイの色が濃くなってきました♪(6月26日撮影) 


こちらは6月8日、色づき始めの頃です。


同じく6月8日の撮影でした。


コメント

ヤマユリ(山百合)

2015-06-26 23:04:49 | 植物


今年も神奈川の『県の花』ヤマユリが咲く季節となりました♪
今日は門前にヤマユリの咲く長寿寺と、久しぶりに瑞泉寺を訪ねました。



長寿寺門前にて。  (撮影日2015年6月26日)





紫陽花もまだまだ見頃。


亀ヶ谷坂を行く修学旅行生。 9時55分



瑞泉寺 池泉式庭園にて。












自宅裏の山の斜面にて。






二階堂や十二所など、金沢街道沿いでも所々で見ますが、此方は光触寺奥の山の斜面です。(撮影日は6月4日)


コメント

デイゴ(マルバデイゴ)の花

2015-06-23 19:34:53 | 植物


梅雨の合間の晴れ日、海辺にデイゴ(沖縄の花)が咲いていました。
調べたところ、デイゴには2種類あって、その一つの『マルバデイゴ』の方・・・
鎌倉・江の島辺りでは所々に見られますが、その殆どがこちらのようです。

青い空と海と (撮影日:2015年6月23日) 


マルバデイゴ(丸葉梯梧) マメ科  ブラジル南部・アルゼンチン北部原産の園芸種。


真っ赤なデイゴの花。


デイゴと言えば沖縄の「島唄」を思い浮かべますね♪ とても好きな歌です。


デイゴの花が咲き 風を呼び 嵐が来た・・・(1945年春、デイゴの花が咲く頃、米軍の沖縄攻撃が開始された)と歌詞は続きます。



そして、今日は戦後70年「沖縄慰霊の日」です。 犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。


コメント

紫陽花と海と江ノ島@稲村ケ崎

2015-06-22 22:58:55 | 風景


稲村ケ崎公園の紫陽花が見頃を迎えています。
此の季節ならではの景色を堪能してきました。

(撮影日:2015年6月22日)








展望台へ上る途中


↑の紫陽花をアップにて。


コメント