江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

仕事ができる人はなぜ「あそび」を大事にするのか [単行本] 美崎 栄一郎 (著)

2013-01-03 16:31:41 | ★★★☆☆おもしろかった
仕事ができる人はなぜ「あそび」を大事にするのか [単行本]
美崎 栄一郎 (著)



場所:江東区図書館

担当業務をしっかりとやり遂げることは当然、やって当たり前、期待通りということ。
もちろん各担当業務によって難易度に差はある。
しかしながら、難易度の差をもって評価に結びつけることは、現実的には難しい。
では、どこで差がつくか。
年度当初には予想もつかなかったような突発的かつ重要かつ緊急な何かを任されて、成し遂げたとき。
これで差がつかないようなら、誰もそんな面倒ごとを引き受けるはずがない。
であるがゆえに、面倒ごとを引き受けてくれて、それをきっちりとさばいてくれる部下は、上司から見てありがたい存在、当然にして評価も上がる。
だとするならば、そんな面倒ごとこそ、前向きに引き受けたいもの。
そのためには、いわゆる本業であるところの担当業務でいっぱいいっぱいになってちゃだめ。
どこかに常に余裕を持っておかなければ、引き受けたくても引き受けられない。
という意味で、「あそび」を持っておけ、という本。
以下、メモ。


●<P.22>会社では「確実にできる人に、確実にできる仕事をお願いするのが基本」という原則があります。
●<P.23>仕事をお願いするときに、人はリスクを嫌います。確実にできそうな人のところへパスを出す。そうすると、確実に仕事のできそうな人にしかパスが回ってこないことになります。
●<P.23>ここで、うまく結果を残せば、自分の実績になります。一度、実績ができてしまうと、その実績があるので、相手は仕事を依頼しやすくなるのです。
●<P.25>依頼されているということは、チャンスです。できないと思う人、やらせたくないと思う人に機会が与えられることはありません。
 自分が想像している以上に、相手は自分のことをできると思ってくれているのです。
 だから、みなさんのところにオファーがきたら、できないはずはありません。「この人ならできる」、そう思って周囲の人はあなたに依頼しているのですから。
★絶対無理な人には仕事は頼まない。
確実にできるとまでの確信はなくても、ストレッチしたらなんとかなるぐらいの人にしか仕事は頼まない。
とすると、頼まれた時点で、それなりに期待されているということ。
その期待に応えることが信頼になる。
その信頼が次の期待を生む。


●<P.40>やることは簡単です。スケジュールを立てるときに、必ず20%の「何もしない時間」を確保しておくこと。
●<P.40>具体的には、1週間(週休2日として、5日間)のうち20%、つまり1日分を何もしない時間としてあけておくだけです。
 この20%の時間的な余裕が、仕事のチャンスを行かすために重要になります。
★目安としてはまぁ、こんなところか。


●<P.43>緊急事態の仕事は、通常業務をこなすのが精いっぱいの状態では引き受けることができません。しかしながら、臨時的、緊急事態的な仕事は、注目もされるし、引き受け手もいないので、遂行した人の評価を上げることができる大きなチャンスなのです。
★言われてみれば当たり前。
確かに、その通り。
でも、これを狙ってできていたか?
逃げようとばかりしていなかったか?


●<P.62>会社の場所を説明するようなケースは意外と多いものです。同じような文章を何度か打っている場合は、できるだけ、本文中に差し込めるような文章で署名をつくっておきましょう。実際には、署名ではなく、定型文を流し込むために使っているのです。
★これ、おもしろい。
宴会なんかの待ち合わせで、緊急連絡用にケータイ番号をシェアすることがよくある。
これ定型文にできる。
やってみよう。


●<P.70>最初からみんなができるわけではありませんので、その人たちの仕事が継続的に続くとわかっているのであれば、議事録の訂正や追記などをフィードバックして、議事録を書いてくれる人のスキルが向上するように教育していくよう、私は心がけています。他社の人ではありますが、チームのメンバーが成長すれば、結局は自分たちの仕事に跳ね返ってきます。
★これも目から鱗。
チームミーティングの議事メモ、正しくメモされることにばかり意識が向いていた。
少し長い目の話にはなるけれども、直接的に間違いを指摘するのではなく、その間違いを起こさないためにはどうしたらいいかとか、この部分は特に注意して書いて欲しいとか、そういうことをコーチング的に伝えるべきであった。


●<P.111>距離感を縮めるためには、一緒に食事をとるのが一番です。
 本書の製作過程において、緊張感のある「公開会議」のあとに、必ず軽く食事がとれるように、反省会をセットしていました。仕事をする仲間と食事をとるのは、古い慣習のようですが、効果があるのです。
★緊張と緩和。
厳しい打ち合わせの後にこそ、一緒に食卓を囲む。


●<P.116>気が進まない飲み会ならば、気が進むように変えてしまうのが生産的です。人任せにしているから何も変えることができないわけです。自ら幹事側に立つことによって、開催場所や開催時間、終了時間などをコントロールできる立場になります。
★これもおもしろい。


●<P.159>流れ星に願いを3回唱えると叶うといいます。流れ星が流れるのは一瞬です。願いを準備している人だからこそ、そんな一瞬に、願いを星に伝えることができるのです。
 星が流れたから、簡単に夢が叶うわけではありません。
 でも、準備をしている者の前には、必ず流れ星(チャンス)はやってくるのです。
★準備をしているからといって、チャンスが必ずくるかどうかは、よくわからない。
でも、準備をしていなければ、チャンスがきても、それをキャッチできずに終わる。
だから、準備を怠ってはいけない。


【アクション】
頼まれごと、それが誰でもできるようなものではなく、自分だからこそ頼まれたような緊急かつ重要な案件は、必ずキャッチする。
それにしっかりと応えることこそが、成果であり、評価であり、信頼につながる。
そのためには、「あそび」を積極的に生み出しておく必要がある。
個人としても、チームとしても、「あそび」を作り出すことを意識して、2013年をスタートしたい。



【著者】
Facebookバカ  友達を365日たのしませる男の活用術 [単行本(ソフトカバー)]
美崎 栄一郎 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/c88422a6fddd12bd3fe2ff39b083d191
コメント

キン肉マン 11 (集英社文庫―コミック版) [文庫] ゆでたまご (著)

2013-01-02 12:23:41 | ★★★☆☆おもしろかった
キン肉マン 11 (集英社文庫―コミック版) [文庫]
ゆでたまご (著)



場所:江東区図書館

2000万パワーズVSヘル・ミッショネルズ、鉄条網金網デスマッチ。
バッファローマンのニューロングホーン、モンゴルマンの1000万の技、ロングホーントレインで善戦するも、アイアンスウェット、マグネットパワーで追い詰められバッファローマンがまず倒れる。
クロスボンバーでモンゴルマンのマスク刈りを狙うヘル・ミッショネルズ、それを阻止すべくロビンの鋼鉄の鎧を借りて磁気嵐にのってかけつけるキン肉マン。
キン肉マンの健闘むなしく、モンゴルマンのマスクは刈られ、素顔を晒されるラーメンマン。
キン肉マンの左腕ももぎ取ってしまうクロスボンバー。
ドクターボンベの緊急手術、バッファローマンのロングホーンをキン肉マンの左腕の骨とし手術成功、ドクターボンベの寿命はつきる。

決勝、マッスル・ブラザーズVSヘル・ミッショネルズ、ソードデスマッチ。
クロスボンバーの勢いを利用してマッスル・ドッキングを仕掛けたマッスル・ブラザーズ、マグネットパワー反発で不発、ついにクロスボンバーでキン肉マングレートのマスクが狩られる、正体はテリーマン。
テンカウント、テリーマン立てず、一本目はヘル・ミッショネルズ。
テリーマンに試合の権利はない?、スターエンブレムをテリーマンに返し、試合の権利を認めるアシュラマン。
二本目、はじめこそギクシャクするものの、反発しながらも息のあったテリーマンとキン肉マン。
アイアンサンドをあびてしまい、マグネットパワーに吸い寄せられるキン肉マン、それを逆用しバッファローマンの力を宿した左腕のロングホーンボンバーがネプチューンマンに炸裂。


【シリーズ】
キン肉マン 10 (集英社文庫―コミック版) [文庫]
ゆでたまご (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/7042e7c3baca6d82b1eb6b1f26799a2b
コメント

采配 [単行本(ソフトカバー)] 落合博満 (著)

2013-01-01 10:34:42 | ★★★★☆もう一回ぐらい読みたいかな
采配 [単行本(ソフトカバー)]
落合博満 (著)



場所:江東区図書館

落合流リーダーシップ論。
8年中4年優勝、しかもずっとAクラスという実績が実績だけに、書かれていることには迫力あり。
リーダーとしてメンバにどう接するか、学ぶべきところは多い。
しばらくたってから、もう一度読みたい。
以下、メモ。

●<P.28>つまり、こちらはまだ試合で使えるレベルではないと見ているのに、選手本人は試合でもできると思い込むケースだ。それでチャンスがないと悩んでも道は開けない。要は、自分だけができるつもりになるのではなく、「誰が見ても試合でできると思えるレベル」まで、自分のパフォーマンス(仕事)の質を高めていくしかない。
★自分への戒めも込めてメモ。
チャンスさえもらえればと思うことがある。
マネージャの立場になってわかったことは、ポテンシャルに賭けてチャンスを与えられるのは、その余裕があるときだけ。
もっというと失敗できる状態であって、リカバリが可能なときだけ。
絶対に負けられない戦いのときんは、それは無理。
そして、最近は人も減り、余裕はない。
今後、ますますその傾向は強まるだろう。
ということは、先にチャンスをもらえるなんて機会はほとんどなくなるに等しいと思っておくべき。
であれば、ここに書かれているように、まずは自分を高める。
そして、高めた自分によって、あいつには任せても問題ないと思ってもらう。


●<P.31>「休みたければユニフォームを脱げばいい。誰にも文句を言われずにゆっくり休めるぞ」
 時折、私は選手に向かって冗談めかしてそう言う。だが、1年でも長くユニフォームを着ていたいのなら、休むということは考えちゃいけないよ、という本音のメッセージも込めている。だからというわけではないだろうが、最近の選手は若手に限らず、ポスト・シーズンも何かしら体を動かしている。結果的に、私たちの頃よりも休養している時間は短くなったのではないかと思う。
★いつ休んでもいいし、さぼってもいい。
その代わり、それによって失うものがあることを覚悟しなければならない。
失いたくなければ、休んではいけないし、さぼってはいけない。
成長を続けなければならない。


●<P.104>また、ミスをした選手で一番怖いのは、同じミスを繰り返さないようにと思いすぎて無難なプレーしかしなくなってしまうことだ。
<略>
 これらを省みることなく、次に同じような打球が飛んできた時、安全にワンバウンドで補給するようなプレーをしたら、私はその選手をファームに落とす。何も反省せずに失敗を繰り返すことは論外だが、失敗を引きずって無難なプレーしかしなくなることも成長の妨げになるのだ。
 ミスそのもの、またミスをどう反省したかが間違っていなければ、私は選手を叱ることはない。その選手の自己成長を「見ているだけ」だ。では、私が選手を叱るのはどういう場面か。
 それは「手抜き」によるミスをした、つまり、自分のできることをやらなかった時である。打者が打てなかった、投手が打たれてしまったということではない。投手が走者の動きをケアせずに盗塁された。捕手が意図の感じられないリードをした。野手がカバーリングを怠った。試合の勝敗とは直接関係なくても、できることをやらなかった時は、コーチや他の選手もいる前で叱責する。だから、私に叱られるのはレギュラークラスの選手のほうが圧倒的に多い。
 一般社会に置き換えれば、取引先との約束の時間に遅れる。必要な連絡をしなかった。そういうことになるのではないか。一人の「ミス」は自分で取り返せることもあるし、チームメイトがフォローしてやることもできる。しかし、注意しなければ気づかないような小さなものでも、「手抜き」を放置するとチームには致命的な穴があく。
★これは目からうろこ。
失敗を繰り返すのは論外、これはわかる。
失敗を避けるために、つい無難な方を選択するように指導していたかもしれない。
もっと言うと、失敗を避けるために、手を出さないようにさせていたかもしれない。
そうか、これは最もやっちゃいけないことだったのか。
失敗を避けるためにやるべきことをやるように指導しなければいけなかった。
これは大反省。


【アクション】
部下がミスをしたときに、無難な選択を指導していないか注意する。
無難な選択は、ミスは起こさないかもしれないが、得るところもない。
ミスをさけるためにやるべきことをしっかりやって、当初の目的を果たす、ここを目指した指導をする。


【著者】
なし
コメント