江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

ちはやふる(33) (BE LOVE KC) コミックス – 2016/10/13 末次 由紀 (著)

2018-11-25 08:03:49 | ★★★☆☆おもしろかった
ちはやふる(33) (BE LOVE KC) コミックス – 2016/10/13
末次 由紀 (著)



場所:江東区図書館

A級準決勝で新に負けた肉まんくん、3年間はなんだったんだと泣く肉まんくんに水沢を強くしてくれた毎日だったと千早、下の子たちに残るのは肉まんくんの言ったこと。
A級決勝は新VS詩暢、リードする詩暢、藤岡東行くぞ!、団体戦でうまく声出しできなかったのに、新のイメージは団体戦の土壇場、1勝2敗、残っているのは滉と自分、チームの勝利がかかっている。
リードされていたのを巻き返して運命戦、新の逆転勝利、優勝。
B級はひょろと、滉。
C級に奏、D級に菫。
優勝できず告白をためらう机くん、それを引き出すために奏に告白する肉まんくん、ずっと好きだったと机くん、遅いですよ机くん、私もう藻塩みたいになっちゃってますよ(泣)。
クイーン戦に出ると理音、おれも名人戦とヨロシコ、桜沢先生(泣)。
新の好きに対する千早の答えは、世界一になりたい、おれも千早に勝ちたい、かるたをしてればおれらの道はいつか重なる、もっと近づいたらおれのことどう思ってんのか聞かせて、次来るときは名人戦クイーン戦やな、またの。
かるたバカにドン引きの詩暢母。
詩暢は一度は断った明星会に寄らせてもらうと、下から来るかるたバカが怖いですから。



【シリーズ】
ちはやふる(32) (BE LOVE KC) コミックス – 2016/7/13
末次 由紀 (著)
https://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/4fd661f58e8b4b1079ea3249432124e6

コメント   この記事についてブログを書く
« ONE PIECE 84 (ジャンプコミ... | トップ | 進撃の巨人(23) (講談社コミ... »

コメントを投稿

★★★☆☆おもしろかった」カテゴリの最新記事