江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

One piece (巻12)

2008-07-17 09:45:47 | ★★★☆☆おもしろかった
One piece (巻12) (コミック)
尾田 栄一郎 (著)



場所:江東区図書館

ゾロはたしぎ曹長を一蹴、切らないゾロに切れるたしぎ、女だからか?その疑問にくいなを思い出してマネすんな!と切れるゾロ、ケンカする二人。
スモーカー大佐、モクモクの実を食べて体が煙、ルフィつかまるも、そこにドラゴン、ルフィを逃がす。
ルフィを追ってグランドラインに入ることにした、スモーカー大佐とたしぎ曹長、バギー&アルビダも。

グランドラインの入口はリヴァース・マウンテンのみ、グランドラインはカームベルト(凪の帯)にはさまれている。
リバース・マウンテンをのぼりグランドラインに入るゴーイングメリー号。
そこに鯨ラブーン、50年前からグランドラインに入った西の海の海賊を待ち続けていた。
ルフィ、ラブーンとケンカ、そしえ引き分け、ケンカの続きをするため、必ず返ってくると。

グランドラインではコンパス効かない、記録指針ログポースが唯一の道しるべ。
最終目的地ラフテルまで、島々でログをためて次の島を目指す。
入口は7つ、そのうち一つになってラフテルを目指す。

歓迎の待ちウイスキーピークで大歓迎。
寝たところで襲い掛からんとする待ちの住民、実は賞金稼ぎ集団バロックワークス。
ゾロ、酒は飲んでも飲まれるな、一人で引き受け大立ち回り。
ルフィは寝てる…





コメント   この記事についてブログを書く
« One piece (巻11) | トップ | One piece (巻13) »

コメントを投稿

★★★☆☆おもしろかった」カテゴリの最新記事