江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

ちはやふる(6) (Be・Loveコミックス) [コミック] 末次 由紀 (著)

2013-01-12 14:51:00 | ★★★☆☆おもしろかった
ちはやふる(6) (Be・Loveコミックス) [コミック]
末次 由紀 (著)



場所:江東区図書館

データから千早の弱点を指摘する机、奏もお手つきの多さを指摘。
A級になってはじめての高校生だけじゃない大会。
対戦相手は、金井桜、かわいいっ、知ってる。
速いがお手つきも多い千早、対する桜は拾えるものを確実に拾う、3字の呼吸…
B級決勝は太一と肉まん、C級決勝は奏と机、どっちを応援すればいいかわからない千早。
着物の力の借り方をしっている奏、呉服の大江の真の広告塔。
お手つきからペースを乱す机、最終版に奏に迫るも、奏の勝ち。
太一と肉まんは残り一枚ずつの運命戦、基本は自陣死守、にもかかわらず攻めに出る太一。
読まれたのは肉まん、つい当たってしまった太一、反省、肉まんは太一が部長でよかったと。
そのころ、新は西日本代表を目指すことを宣言。
勝義書店、新がアルバイト、書棚を完璧に暗記、千早の姉の千歳の写真集を見て千早を想像、それを見て楽しむ店長。
女帝より、吉野会大会に出ることを禁じられた千早、このままでは落第、専属の先生をつけた、机先生。
太一は吉野会大会出場、そこには新も、勉強を抜け出して応援に向かう千早。



【シリーズ】
ちはやふる(5) (Be・Loveコミックス) [コミック]
末次 由紀 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/3e7b545093c3050093a51ee371abca35

コメント   この記事についてブログを書く
« 望遠ニッポン見聞録 [ハード... | トップ | 残念な人の仕事の習慣 (アス... »

コメントを投稿

★★★☆☆おもしろかった」カテゴリの最新記事