江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

できそこないの男たち (光文社新書) (新書) 福岡伸一 (著)

2009-05-24 21:10:40 | ★★★☆☆おもしろかった
できそこないの男たち (光文社新書) (新書)
福岡伸一 (著)

できそこないの男たち (光文社新書)

場所:江東区図書館

アダムはイブからできてたんだぁ。
前にも、男は最初女で途中から男になる、ってなことを聞いたことがあったような気がします。
この本では、デフォルト女で、カスタマイズで男になるって表現でそれを書いてます。
その男を男足らしめるY染色体の、それも肝のところを見つけるエピソードが、おもしろい。
上質の小説を読んでるみたいでした。
ZFYだと思っていたら、SRYだった、って今だからわかるけど、後から見たらこれなんだっけ?だろうなぁ;)
それも、両性具有の人を調べてってのがすごいなぁ。

最後に書いてる、著者の仮説、加速感と男が感じる快感の同質性は、確かにあるあるな感じ。
もしかして、これが書きたくて、それまでが前振り;P

コメント   この記事についてブログを書く
«  獣の奏者 II 王獣編 (単行本... | トップ | ドラゴンクエスト―ダイの大冒... »

コメントを投稿

★★★☆☆おもしろかった」カテゴリの最新記事