江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

鋼の錬金術師 (3) (ガンガンコミックス) (コミック)

2009-06-24 05:32:00 | ★★★☆☆おもしろかった
鋼の錬金術師 (3) (ガンガンコミックス) (コミック)
荒川 弘 (著)

鋼の錬金術師 (3) (ガンガンコミックス)

場所:江東区図書館

故郷に戻るエドとアル、ピナコとウィンリーに手と足を修復してもらって、アルも復活。
寝ぼけ眼のウィンリー、なんでネジが残ってるの?
セントラルに戻ったエドとアル、さっそく図書館に向かうも、第一分館は不審火で全焼。
イーストでは、スカーを襲うグラトニー、派手に戦闘、結果は?
第一分館に勤めていた本の虫シェスカのところへ、シェスカは一度呼んだ本の内容は全部復唱できる、シェスカによって復元されるマルコーの研究書。
10日後、とかれた暗号、賢者の石の材料は生きた人間。
閉鎖された第五研究所、となりは刑務所、あやしい。
忍び込むエドとアル、襲い掛かるナンバー66と48。
66のお前は作られた存在ではないのかに動揺するアル。
48はかなりの手練、追い詰められるエド、とっさにスカーを思い出し、48を破壊、勝利。
48が黒幕を語ろうとしたまさにその時、ラストとエンヴィーが。

番外編で、マスタングVSエド、右手の発火布を破られたが、左手にも発火布の手袋をしていたマスタングの勝利。
コメント