津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■御物本成立以前の「蒙古襲来絵詞」

2018-10-16 14:13:10 | 熊本史談会

 先に■蒙古襲来絵詞の「詞」を書いた。今月の史談会例会に於いて肥後古記集覧にある、大石真麻呂の「蒙古襲来絵詞」の釈文を史料として使わせていただこうと思いそろそろ準備を始めたところである。
ここに至ってこの釈文の後書きを読んでいたら、文政五年に書き写したとある。
「あっまずい」と閃いた。じつは文政八年に大矢野家で新たな史料「絵二」と「詞二」が発見されたことをうけ、十一年に至り福田大華らによって大々的な修復が行われている。
つまり修復後の「絵詞」が宮内庁の御物本である。大石真麻呂の釈文をよくよくながめていると確かにこの「詞二」が脱落していることが判る。事前に気づいてよかったなーとホッとしている。
この「絵詞」は修復以前に模本が多くつくられている。寛政五年細川齊茲が江戸へ持参して尾張藩主・徳川治行や白河藩主・松平定信(楽翁)らがこれを展観、それぞれ模本(建中寺本、楽翁本=宮崎県立図書館本)を作らせた。
又阿蘇神社本もこの時代のものとされ、九州大学本は阿蘇神社本の写しだとされる。
つまりこれらは、「絵二」「詞二」が抜けていることになる。九州大学アーカイブスによる「蒙古襲来絵詞」は「御物本模本」と記されているが同様部分は存在しておらず間違いである。
福田大華による修復は、一部識者は「さかしらの私意」による行き過ぎたものだと批判されるが、その大華は複数の写本を作り流れ出ている。

水損した殘欠を張り合わせ、また新たに発見されたものを途中に入れ込むなど、大いに手が入れらえているとともに、異筆の書き込みなどもあると言われるこの巻物だが、国宝級の逸品であることには間違いがない。
真近に拝見してこの機会に大いに勉強したいと思っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■度支彙凾 延享より明和迄 法... | トップ | ■度支彙凾 延享より明和迄 法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熊本史談会」カテゴリの最新記事