津々堂のたわごと日録

わたしの正論は果たして世の中で通用するのか?

■街角散歩・・コンクリート打ち放しの建物

2018-11-09 12:00:35 | 建築

 天気予報通り日にちが変わるころ随分雨が降ったらしい。いつもの散歩時間は少々の小雨で、雨が上がった朝食後に変更して出かける。今日は少々目的があってデジカメ持参。
数日前いつもは歩かない路地に入り込み、打ち放しコンクリートの見事な建築物を見懸けて、改めて眺めてみようと思ったからだ。
現役は引退したものの、まだこんな気分になることがあって自らおどろかされるが、それに値する建築だった。

 ひそかに、著名な建築家の作品ではないかと思っているが、確かめようがない。
角地に立つこの建物は、ゆったりとした凹凸のある平面から豊かな表情を見せている。
表面が滑らかな打ち放しや、杉板の型枠を使った面、打ち放し面を斫り仕上げにした広い壁面、玄関廻りの天井はキーストン状になって陰影をつけている。
腰回りとそれに続く低い塀は色合いの違う数種の荒い土を、細い目地を微妙に波うたせて塗分けている。
象徴的な大壁の縦方向の先端部分は、巾30センチほどアルミ板がコの字状に使われ、道路に面する部分はアクリル板が嵌められて表情を変え、見事な演出である。
正面左側の壁にはチャコールグレイの10×30センチほどの羽根状のパネルが、水平方向に日除け状に数段配置されているが、別段大きな開口部があるわけでもなく余裕に満ちている。

個人の住宅だと思われるが、素晴らしいクライアントであり、良い設計者と施工者にめぐり逢われた。
100点満点の作品と表しておきたい。写真も数枚とったが、無断開示は当然避けておくことにする。

コメント

■希首座を祀る祠

2018-10-20 07:16:07 | 建築

 よく原因が判らないが、一色氏の男子だとされる大徳寺の希首座(きしゅそ)を、細川忠興が殺害している。その後忠興はその折りの刀「銘・希首座」を細川内膳家に譲っている。その後内膳家は祠を建てて希首座の霊を待ったとされる。この祠は下屋敷であった現・熊本県立図書館の敷地内にあるが、現在の祠は昭和6年に建設されたものである。改めて眺めてみると大変凝った作りであり、小さいながらも寺社建築の見本のを見る如くである。基壇は石造であり、見事な彫刻や母屋先の飾り、えび紅梁や木組み、木間返しの二重垂木等非常に手が込んでいる。何とか詳細に採寸して図面化しておくべきだと思うのだが、熊本大学だとか熊本工業高校の各々建築科の生徒さんなどがやってくらないかしらと、ひそかに思っている。


コメント

■熊本の洋館建築の安否

2017-08-22 10:09:21 | 建築

 熊本城・須戸口門を右手に坪井川越に見た旧市役所庁舎だが、これは、押し入れ整理中開かずの段ボールから出てきた「都市住宅7406」掲載の写真である。
こうして改めて見ると懐かしく又風情ある建物だと感じさせる。

さてこの写真が掲載されていた雑誌「都市住宅」は、私が20数年間毎月購入していた建築関係の月刊誌4冊の中で、唯一棄てずにとっておいたものである。
それはこの74年06月号で「発掘文化都市熊本」特集されていたものだからである。
                      
41年前のものだから建築関係者でも余りお持ちになっていないのではないかと自負している。
当時熊本にあったいわゆる「洋館建築」が特集されている。
当時熊本大学工学部建築学科助教授の木島安史氏(熊大教授→千葉大教授・故人)や、武蔵野美大講師の長谷川尭氏(現・同大名誉教授、建築史家、評論家)などが調査などに関わられた結果、特集発刊されて当時は大いに評判になったものである。

懐かしいこの本のページをめくる時、今回の熊本地震でこれらの建物は生きながらえているのだろうかという想いが頭をよぎった。


コメント

■建築文学傑作選 (講談社文芸文庫)

2017-05-29 19:57:20 | 建築
  建築文学傑作選 (講談社文芸文庫)
 
       講談社


ほとんど現役引退の建築士ですが、図書館に出かけると「新建築」などを手に取って眺めていますよ。
こんな本の存在を知ると、大いに食指が動きます。非常に興味があり読書後数冊の本を購入するということになりそうな気がしています。


内容説明

建築学科の必読書は谷崎「陰翳礼讃」であるという。文学と建築。まったく異なるジャンルでありながら、そのたたずまいやなりたちに文学を思わせる建築、そして構造、手法に建築を思わせる文学がある。構成、位相、運動、幾何学、連続/不連続―日本を代表する建築家が選び抜いた、既存の読みを覆す傑作“建築文学”十篇。

著者紹介

青木淳[アオキジュン] 
1956・10・22~。建築家。1982年、東京大学工学部建築学科修士課程修了。磯崎新アトリエに勤務後、91年に青木淳建築計画事務所設立。個人住宅を始め、青森県立美術館に代表される公共建築、いくつものルイ・ヴィトンの商業施設など作品は多岐にわたり、世界的な評価を得ている。99年に日本建築学会作品賞、2004年度に芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。15年には読売新聞読書委員を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ルイ・ヴィトンビルの設計などで世界的に知られた建築家・青木淳氏が厳選する、、建築文学の傑作10篇。建築学科の必読書は谷崎「陰翳礼讃」であるという。
文学と建築。まったく異なるジャンルでありながら、そのたたずまいやなりたちに文学を思わせる建築、そして構造、手法に建築を思わせる文学がある。
構成、位相、運動、幾何学、連続/不連続――日本を代表する建築家が選び抜いた、既存の読みを覆す傑作“建築文学”十篇。

収録作品
須賀敦子「ヴェネチアの悲しみ」
開高健「流亡記」
筒井康隆「中隊長」
川崎長太郎「蝋燭」
青木淳悟「ふるさと以外のことは知らない」
澁澤龍彦「鳥と少女」
芥川龍之介「蜃気楼」
幸田文「台所のおと」
平出隆「日は階段なり」
立原道造「長崎紀行」


コメント

惜檪荘

2014-01-03 10:44:03 | 建築

                                    

 確か二度目の放映だと思うが、昨日BS朝日で「惜檪荘ものがたり--文豪たちが愛した名建築」をやっていた。惜檪荘とは昭和16年岩波書店の岩波茂雄が数寄屋建築の巨匠・建築家吉田五十八に頼んで作らせた名建築である。作家・佐伯泰英の所有するところと成り、解体改修が行われたその顛末や工事の状況が映像化されて紹介された。この建物については、岩波の女婿・小林勇の「惜檪荘主人」に詳しい。

僅か30数坪の建築だが、この建物は近代数寄屋の神髄ともいうべき作品である。この名建築が佐伯氏の手に渡ったことは幸いであった。
下世話な話で申し訳ないが億に近いか、さらに超えているかそんな金額ではないだろうか。佐伯泰英氏の深い思いに敬意を表したい。
改修なったこの建物で佐伯氏はゲラの校正などをされるのだそうな。 

大変申し訳ない話だが、私は佐伯氏の著作は読んだことがない。TV化された「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを何度か見た位である。
惜檪荘の改築に関しても「惜櫟荘だより」(岩波書店、2012)を出しているので、是は読んでみたいと思っている。

平凡社のコロナブックスでは、「作家の家」「作家の住まい」等を出版していて、これがなかなか面白い。作家のそれぞれの想いが住まいや書斎に顕れている。書斎だとか作業場とかは男のあこがれの場所だが、なかなかこれが確保できない住宅事情がある。
本や資料の山に囲まれたわずかな空間で私も我慢をしているが、ここが一番よい居所である。 

 

コメント

伊東豊雄氏、プリツカー賞受賞

2013-03-18 11:35:11 | 建築

                                         新建築 2013年3月号

                     

              建築界のノーベル賞ともいわれる「プリツカー賞」の2013年の受賞者に、伊東豊雄氏が選出されたことをメディアが報じいる。
              東日本大震災後、建築家の苦悩は大きい。そんな中で氏は積極的に復興支援に携わっておられる。
          
              最新号の「新建築」 に氏の作品が掲載されていて、これを拝見しご活躍ぶりに感じ入っていた中での朗報である。
              氏は八代市の未来の森ミュージアム以来熊本との関わりも深く、、くまもとアートポリスのコミッショナー(三代目)も務めておられる。
              そんな関係で、復興事業に熊本から木材等の提供がなされたりしている。
              大変喜ばしいことで、お祝い申し上げる。
         

 

コメント

にほんの建築家伊東豊雄・観察記

2012-10-31 10:26:41 | 建築

  

  にほんの建築家 伊東豊雄・観察記 (ちくま文庫 た 65-1)

 
                           筑摩書房


八代の未来の森ミュージアムの設計者である氏の、震災後の動きを私は興味深く拝見している。
津波の跡を見ると、被害などという言葉さえ通用しない、無の世界が残されていた。
建築に携わる人たちは無力感の中から、被災地のために何が出来るかを模索している。「今建築家は何が出来るのか・・・」
特に伊東氏はその先頭に立って試行錯誤を重ねながら、復興のための建築に心を砕いている。
彼の作品が今後様変わりしていくのではないかとさえ予感させられる。 

コメント

嘉永七年相州浦出陣東海道道中記(抜粋-安政大地震) -5

2011-03-16 08:48:21 | 建築

                天
                一、九日昼ル三四度例之通ユリ

                天
                一、十日
                  二タ川より遠州之内荒居関所迄
                  二り計入手と申処ニ木賀越ト
                  申浜松江出ル山道アリ候由ニ而
                  聞程ニ平野殿・田中・本田・中島
                  桜井・中島・荒木七人下二人
                  合九人罷越 入手名主
                  杉浦次郎八ト申人江右之段
                  委細咄し申候処成程木賀越ハ
                  有之候得共荒居から関所
                  ニ而舟直雇入ならバ支へ不申
                  候得共夜より雇入ハ六ツケ敷段
                  申聞候付此處先見合申
                  又々二タ川ノヨヲ七ツ比帰り
                  此夜三四度ユリ
                  吉田・松山・坂本・竹下・緒方・麻生六人荒居
                  舟越向合ニ御用達迄罷越候事

                天
                一、十一日
                  新居御用達前田作左衛門見送ニ
                  二タ川迄来り候 朝五ツ比大ユリ
                  ニ而皆々外ニ迯出候七ツ比又々大ユリ

                天
                一、十二日
                  七ツ比二度ユリ夜ル五ツ比ツヨシ
                一、十三日
                  二タ川より一り半海手小松原馬頭
                  観音参詣 平野殿初十人計
                  同道 此処馬頭観音元祖也
                        家康公御禁札有り
                            (略)

                天
                一、十四日九ツ比大ユリ八日より今日迄
                  大岩寺江逗留御座候也 今日
                  公儀御書籍荒居関所
                  越候ニ付明十五日越方儀不申段
                  新居御用達より申越候ニ付
                  今日新居よ迄四ツ比より出立也

                        浜松領
                遠州敷知郡水野越前守様六万石
                一、白須賀 荒居一り六丁江戸七十里
                  此駅も無難之家一軒も無之皆々
                  損申候
                一、元白須賀之様左者山ニして
                  右者遠州灘ニテ極々荒波
                  濱者波当り強ク去ル四日大津波
                  打懸往来続之海手長廿丁計
                  横五百間計内外田畑皆々無畑ニ
                  成惣躰件塘者松山ニ而汐際ヨリ
                  高サ廿間余モ有之候ヲ高汐
                  ニテ打越塘内誠ニ如湖水如
                  汐ヲタタエ申候 橋本と申町より
                  二三丁海中ニハナレヒルカ松山ト云島アリ
                  小島ニ而家数三十軒余モアリシカ
                  明応八年且元禄之比大地震
                  つ波ニ所々損し候由ニ而ヒルカ松山之様
                  小島ニ候得共頭計損不申由ニ而
                  此節トテモ無難ニ而当時者彼之
                  島ヲ淳島トトナエ候由

                十一月十四日        御用達
                一、新居             前田作左衛門
                  当宿之様海手ニ而別而ユリ方
                  強ク町屋一軒モ不残崩損し
                  皆々山際ニ小屋懸いたし最早
                  十日余も野住居ニ候 御用達方
                  ■ 成普請ニ候ヘとも散々崩レ
                  申候
                一、御関所之様津波之砌漸ク
                  御高札迄取留札所且番所等ハ
                  流レ御門計り少しかたぶキ
                  申候

コメント

又々 地震の間

2011-02-03 13:09:24 | 建築

 建築の設計を生業としてきた者として、「地震の間」とはいかなる建物であったのか大変興味がある。ガラシャ夫人が最後を遂げられたのは、玉造の御屋敷の「地震の間」であったと「関ヶ原記」や「小須賀覚書」は記している。

 豊前時代においても小倉城内に建設されていたことが「奉行日録」などで確認できる。
熊本の花畑邸に於いては、数葉の絵図にその所在を確認できるし、江戸藩邸にも見受けられた。

 現在彦根城の整備が行われているが、その一環として「楽々圓保存整備事業」があり、この中に「地震の間」その他の整備が23年度から6年間に亘り行われると言う。
この建物は「地震の間」と呼称する唯一の遺構建築ではないかと思われる。
数種の論文が確認されるが、さきがけとなったのが昭和15年4月に地震研究所の斎田時太郎氏が発表された「彦根城楽々園地震の間について」である。
詳細な測量を行うとともに、地震の間としての構造的仕様の確認作業を行っている。
複雑なプランが入り組んだ一画にある、「八畳、四畳、二畳半のへやと東西の廊下・縁」からなる小さな数奇屋造りの建物である。床面が足堅という135×360(㎜)という大きな部材で縦横に固められ、小屋裏を高くしてここに筋違いを入れてあるという。また水平方向には15㎜の麻縄がタスキがけ(ブレーシング)に入れられていると言う。
  細川家の御花畑邸の「地震の間」がどのような構造であったのか、現在では知る由もないが、その間取りから見る限り「楽々園」同様壁面の耐性がまったくない構造である。
とても大きな地震に耐えうる構造とは考えられないが、「楽々園の地震の間」は、当時の匠達の耐震に対する想いが見て取れてる。

コメント

建築基準法改正へ

2010-02-03 18:51:17 | 建築
 2007-12-28付ブログで「改悪・建築基準法の行方」を書いた。姉葉事件などの不祥事があってのことだったが、確認申請業務にからむ改悪改正は建築物の着工の停滞を生み、日本国中に経済的打撃を与えた。「改悪」と私は書いたが、当時の福田総理の言葉からも政府筋の思いも同様であったようだ。遠くない時期に、再びの改正があるに違いないと考えていた。

 国土交通省が1月22日付け「建築確認手続き等の運用改善の方針について」なる報道発表史料を公開、三月末を目途に公布し、六月には施行する予定だという。
          www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000142.html

 改善案の概要を見ても、先の現基準法の改正が、まったくお粗末なものであったことを露呈している。
確認申請業務に当たる人たちとて、迷惑千番の話だ。これも政権交代のお陰だろうか。なにはともあれ結構な事だが、ここ数年間の不愉快な思いは払拭できない。国交省のお役人も、確認申請業務の窓口で実習することをお薦めする。
 
コメント

「床の間」つづき

2009-04-10 10:44:45 | 建築
 4月1日のブログで書いた、太田博太郎博士の「床の間」なる本は、とうとう見つからないままである。

 話は遡るが、あるところで「床の間」の「ちんくぐり」についての話が出た。お前は建築の専門家だからと説明を求められ、一応の解説をしてお茶を濁したのだが、今ひとつ納得できないでいた。太田先生のご高説を知りたいと思い、本棚を探し回ったと言う次第である。
 床の間の一つの形式として、床の間と床脇の仕切り壁の下方を切り取ったものを「ちんくぐり」と称している。本来は床の間をへて、床脇まで外の光を導く為に考案されたものだという説がある。「ちんくぐり」とは「狆くぐり」で、愛玩する「狆」が潜り抜けるようにしたのだともいうが、これは単なるこじつけであろう。「狆」なる犬について詳しいことは承知しないが、床の間の発生より古くからいた事は間違いない。私が知りたかったのは、「ちんくぐり」がある一番古い床の間がどこなのかということである。

 お座敷の造作材で、障子やフスマの下にある横架材を敷居、上にある横架材を鴨居という。さてこの鴨居という呼称についても良くわからない。大言海は「鴨柄=上枝の転か?」と片付けている。鴨がこんなところに居るわけがない。窓や出入り口のない壁に装飾的につけられたのが付鴨居、構造的に材木(ざいぎ)と壁との間に若干の透き間があり、かってはへそくりの隠し場所ともなった。(上等な普請では小さな材木で蓋をする) ガラシャ夫人の最後に当たっては、この鴨居の透き間に火薬を入れまわして爆発させたと、殉死した河喜多氏の文書は伝えている。遺骸を直接傷めることなく、一気に火中にするるにはまさに現実的妙案と言える。

 二つの(又はそれ以上)和室を仕切る建具の上部に欄間なるものがある。建築大辞典は「天井と鴨居の間に設けられた開口部」と、味も素っ気もない。是もまた採光や通風、換気を考えての事であろう。言語学的に何故「欄間」なのかと常々思っていたのだが、あるとき「蘭」好きの友人が、「蘭の香を運ぶ為のしつらい」だとのたまう・・・これには成る程と合点してしまった。如何・・・

 建築の世界に長く身を置いてきたが・・・・こんなものである。嗚呼。
コメント

百葉箱

2008-07-02 14:56:42 | 建築
 六月の熊本の降雨量は平均の1.7倍だったとか・・。良くぞ水害が無かったものだとほっとする。昨日の晩のどしゃ降りも止んで、今日は梅雨の中休み、しかしまだまだ降りそうだ。気温も上昇、我が部屋は32℃と相成った。湿度65%、涼しい風が吹き抜けるのだが・・。気象庁の発表は30℃とか言っているが、あちら様は環境の宜しい百葉箱での話で、いささか条件が違う。2℃の違いは何か・・家のつくりのヒントが隠されている気がする。
コメント

げぎょ

2008-05-14 17:44:09 | 建築
 悪友が孫をつれて、熊本城本丸御殿を見に出かけてらしい。鬼瓦の下部、破風板の上り詰めたところにある、「変な飾り物(孫君の言)」に目が止まったらしい。分からないまま帰宅、私に聞いてきた。「そらげぎょたい(それはげぎょです)」と答えると、「なんやよら(何よそれは?)」と聞き返してくる。いろいろ説明するが満足の行く回答にはならなかった。慌ててぐぐって、二つのサイトを紹介、「自分で調べろ」と悪態をついてやった。

 本丸御殿フォトギャラリー www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?id=650
 懸魚の形態と由来     www3.ocn.ne.jp/~toto

 翌日の悪友のメール「孫曰く、ギョギョ・・」・・・何たる事だ。

 
コメント

つつじの床柱

2008-04-26 15:38:18 | 建築
 どちらのお茶室であったのか、まったく記憶がないが、京都の有名なお寺様のお茶室である事は間違いない。説明の方が「床柱はつつじです」と仰った。40年以上建築に携ってきたが、後にも先にも「つつじの床柱」など、お目にかかったことがない。大変失礼だが「何かの間違いじゃないか」と思ったりした。

 熊本市東部の閑静な住宅地の中に、宅地を駐車場としておられるところがある。舗装もなく10台ほどの車が入っており、かっては庭であったろう面影が、所々に残る庭木でうかがえる。入り口近い処に、2メートルほどの立ち木が在って、花を着け満開状態である。近寄ってよく見ると、なんと「つつじ」だ。思わず「オウ・・」と声を発してしまった。脇に伸びる枝木は一切ない。意図的に剪定されている事が分かる。それでも直木の部分は1.5mもない。あのお茶室のものは2.2~2.3mはゆうにある。何年経てばあのような大きさになるのだろうか。しかし可笑しな姿の「つつじ」ではある。桜の季節を過ぎて、熊本ではあちこちのつつじの名所から、満開のニュースが伝えられている。一度一木のつつじを御覧いただきたいと思うが、場所は秘密にしておこう。証拠の写真が必要だナ。改めて出かけなければ成らない。
コメント (2)