医療法人真正会霞ヶ関南病院スタッフブログ

初志貫徹

コロナ禍で生活が一変した昨年から新しい年を迎えました。
新様式の生活に順応しつつ健やかな日々を送りたいものです。

ふじ病棟ではベトナムから2名、介護の技能を学び母国で活かすことを目的とした介護の技能実習生の受け入れを予定しています。
来日予定の実習生はとても真面目で、日本で学ぶことを楽しみに日本語や介護の専門用語、日本の生活について学んでいます。

当院の技能実習指導員や病棟スタッフは技能実習生がいつから来ても始められるよう準備を整えています。
技能実習指導員の他に生活全般を支援する担当の生活指導員がいます。

技能実習生は介護の業務をしつつ、技能の習得、それに伴う試験をことごとくクリアしていかなければなりません。日本語、腰痛の予防、衛生等も学びます。
学んだことは実習記録として残します。技能実習生、技能実習指導員の双方に進捗状況を聞きに監理団体の訪問がある等、内容は盛り沢山です。

3年間いろいろな経験をする中で、患者さんや家族からの感謝の気持ちや笑いあえる信頼があれば頑張れたり、悩みや愚痴を言い合えるスタッフと出会えたり、介護が好きになっていってくれたらいいなと思います。

母国に帰っても介護を続け、学んだことが役に立った時がきたら、この制度の目的の国際貢献に繋がっていきます。

介護への希望をいつまでも持ち続けてもらえるようなふじ病棟でありますように。

2021年ふじ病棟元旦お正月風景












写真は病棟の飾りや風景を写真に撮ったものを掲載しています。

ふじ病棟ブログ係
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「ふじ病棟」カテゴリーもっと見る