泉山の草木花

ひそやかに咲く花々や、やさしさに溢れた植物を皆さんに紹介したいと思います。

くらら

2018-06-18 | 草花
  くらら~眩草、苦参  マメ科

泉山の墓苑に、クララの花が咲いています。

クララというと「アルプスの少女」に登場するクララを思い出します。
また、ヨーロッパの女性の名前として、
クララ・シューマンやクララ・ハスキルの名も思い出しますね。

日本語としての「くらら」は、
根をかじるとくらくらするほど苦く、
「眩草~くららくさ」から「くらら」と言われるようになったとか。

実はクララは毒草ですが、
使いようによっては「苦参~くじん」と呼ばれる生薬となります。

墓苑の草刈りで、なかなか花まで見ることは適わないのですが、
太い根が残っているので、
刈られても刈られても、また芽を出して、
花を咲かせようと、懸命です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名知らず草…

2018-06-11 | 草花
  名知らず草…

泉山本部へ上がる坂の途中、
紫色の可愛い花を見つけました。

鮮明な色をした星のような形の、
指先ぐらいの花ですが、
心惹きつける魅力があります。

早速検索してみます。
たぶん帰化植物ではないかと思ったのと、
キキョウに似た花であったことから、
「帰化植物 キキョウに似た花」と打ち込みました。

画像を表示すると、ありました!
「キキョウソウ」。
キキョウの花に似た草ということです。

アメリカ大陸原産で、
今では世界のいろんなところに根付いているようです。

周辺には見当たらなく、一株だけです。
果たして、ここまで誰が運んできたのか?

これから、泉山の草のひとつに、
なっていくのでしょうか。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どくだみ~十薬

2018-06-01 | 草花
  どくだみ~十薬

梅雨の花、ドクダミが斜面に満開です。

4枚の白い花弁のように見えるのは苞で、

真ん中の黄色いタワーが、花の集まりです。


ドクダミの葉を乾燥させた葉は生薬として、

利尿や、高血圧・動脈硬化予防に使われます。

「十薬」という名は、効能の多いゆえの名前です。


地下茎で繁殖するので、

庭や畑のドクダミを絶やすのは容易ではありませんが、

可愛い花と、すぐれた薬効を知れば、

愛すべき草のひとつとなります。



そして、夜の薄明かりで見るドクダミの花は、

空に点滅する星のように見えますね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さつきつつじ~咲き分け

2018-05-28 | 雑感
  さつきつつじ~咲き分け

サツキツツジの花が満開ですね!

旧暦の皐月の頃に咲くツツジの一種です。

園芸品種も多く、盆栽仕立てのサツキもいいものです。


この樹は、赤と白と、そして紅白に咲き分けて咲いています。

一本の木でこのような現象が起こるのは、

染色体の中を動く遺伝子が影響しているということです。


ある時は、赤い花へ。

ある時は白い花へ。

またある時は、気まぐれ的に、紅白の絞りの花へ!


その変化を私達は楽しんでいます。

梅雨入りしそうな空の下で、

なごみを与えてくれる花たちです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やまぼうし/山法師

2018-05-18 | 雑感
  やまぼうし/山法師

泉山のお堂の前のヤマボウシが、

今年も花を咲かせました。

花数はそんなに多くはないのですが、

ゆったりとして、

静けさのある咲き方は、

人を惹きつけますね。

四枚の苞を飾る真ん中の緑色の部分が、

花の塊です。

すでに受粉も終わり、

果実へ向けて、準備中です。

雨の後のひと時でした…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えごのき

2018-05-14 | 樹木
  えごのき

エゴノキの星が連なって、星座を作っています。

昨日の雨を含んで、より白く見える朝の木陰に、

たくさんの白い花をぶら下げています。

ときおり役目を終えた星は、香りをあと引きながら、

地上に降っていきます。



日本原産の花木の中でも、特筆すべきもののひとつですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あおぎり~梧桐

2018-05-07 | 雑感
  あおぎり~梧桐

アオギリの葉が気持ちよさそうに、

展開しています。

街路樹や庭園樹としてよく植栽されていますね。

秋の黄葉と、船の形の果実をたわわに実らせた姿は、

よく見かけますが、

花は意外と観察から漏れてしまいます。

以前アオギリの花を写真に納めました。

(開花しているのは雄花です。同じ花穂に雌花も付けます)

一度見たら忘れられない形です。

これから花の時期を迎えます。

ぜひもう一度観察し、雄花、雌花の区別を見極めてみたいものです。

4月23日のアオギリの新葉です。


今年、1月6日のアオギリの冬芽です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花に死す…

2018-05-01 | 雑感
  花に死す…

泉山の南斜面に植栽された石楠花に、

顔をうずめて動かない、熊蜂…

そっとお尻を触ってみても、

動く様子はありません。

眠っているのかもしれません。

あるいは石楠花の棺に死しているのか…

いずれにしても、世代をつなぐため、

花を飛び回り、懸命に蜜と花粉を集め、

その命を石楠花に委ねていて…


花と昆虫は共生の関係にあります。

与え、与えられ、

助け、助けられて、

共にこの地球に生きています。

人間の欲望渦巻く遥か以前より、

絆を深めてきたのです。


徒然に想うひと時、

そっとしておきましょう…





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

べにどうだん~紅満天星

2018-04-27 | 樹木
  べにどうだん~紅満天星

泉山本部には花海棠、ツツジ、皐月ツツジ、

そしてこのベニドウダンが多く植えられています。

今が見ごろになったベニドウダンは、

関東以西に自生するツツジの仲間です。

この近辺では、長門市と下関市豊田町との境の一位ヶ岳に、

県指定天然記念物の自生地があります。

小さな赤い鈴のようにぶら下がる花は、

可愛いものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカロウバイ

2018-04-23 | 樹木
  アメリカロウバイ

泉山本部の裏手につつじ園があります。

三角状に登っており、その頂点に水タンクが設置してあります。

その下に、このアメリカロウバイが咲いていました。

すでに2m以上伸びていて、花をたくさん咲かせていました。

今まで気づいてあげなかったことを詫びて、ここに紹介いたします。


香りのよいクロバナロウバイとは兄弟です。

名前の通り、北アメリカ原産の低木で、

独特のチョコレート色の花が魅力ですね。


冬に咲く香りのよい薄黄色のロウバイとは、

別の属になりますが、果実や葉の感じは似ています。

いずれも庭木として好まれる花木です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加