Fine, Peace!

夢を叶えるために

はかぼんさん: 空蝉風土記

2014-04-07 21:58:21 | 小説
「風に立つライオン」に続いて、さださんの本です。

これはね、この「不思議」ものが好きな人にはたまらないですよ。

もう、最初の「はかぼんさん」からワクワク。

次々織り込まれている話、すべてワクワクしました。

「人魚の恋」がね、いかにもさださんぽい。
昔のね、さださんのね、恋愛を唄った曲の雰囲気をまとった話でした。

「鬼宿」はすごく好きな話です。
タイトルだけで、「たまほめー」と思った私はすでに違う方向に意識が行ってましたが、こっちの話もすごく楽しかった。
「ああ、ここにも『追儺式』が出てくる」とワクワク。

京極さんの影をちらちら感じながら、楽しかったです。

このシリーズ、早く続きを出して欲しいなあと思います。

『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 歩いてるー | トップ | 銀魂 1~4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事