ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

王朝人の初夏

2018-05-13 19:50:29 | 日記
 今年は1、2月が平年より寒く、3、4月は比較的暖かい陽気でしたが、5月に入って気温のアップダウンが激しいですね。夏になるかと思わせておいて、早春のような陽気に戻るので体がついてゆけません。雨もよく降りますし、風も強いので、「風薫る…」などという雰囲気でもありません。もう少し穏やかな「五月晴れ」が欲しいですね。


 五月は暦の上では夏ですけれど、まだ春の名残りもあっていろいろな花が咲きますし、本来はいい季節です。
 五月(さつき)待つ 花橘(はなたちばな)の 香(か)をかげば 昔の人の 袖の香ぞする(読人しらず)

 昔の人は衣の袖に香(こう)を焚きしめていたんですね。ここでいう昔の人とは昔の恋人というくらいの意味でしょうか。その人が橘の香りのする香を焚きしめていたので、橘の花の匂いを嗅ぐとその人を思い出すわけです。私は橘の匂いを知りませんけれど、そよ吹く風に乗って薫ってくるいい匂いなのでしょう。女性は匂いに敏感ですから。こんな歌もあります。

 五月雨の 空なつかしく 匂ふかな 花橘に 風や吹くらむ(相模)


 先日用事があって群馬の方へ出掛けましたが、その途中見事に咲いた藤の花を見つけました。五月は藤の花の季節でもあります。勿論花の咲く時期は地方によって差がありますし、その年によっても違いますけれど、王朝貴族たちは藤の花が咲くと宴を催したんですね。『源氏物語』にも藤の花宴の様子が描かれています。藤の花が愛されたのは、色が紫で当時の貴族たちの好みにあったということもあるでしょうが、藤原氏の栄えた時代でもあったからなのでしょう。

 

 また古今集には、「わが宿の 池の藤波 咲きにけり 山ほととぎす いつか来鳴かむ(読人知らず)」というのがあって、藤の花が咲くと同時にホトトギスが鳴くのを待っている様子がうかがえます。和歌や俳句にも多く詠みこまれていて、この季節を代表する鳥といってもよいでしょう。
 ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる(藤原実定)
 ほととぎす 鳴くや五月の 短夜(みじかよ)も ひとりしぬれば 明かしかねつも(読人知らず)
 いつの間に さつき来ぬらむ あしひきの 山ほととぎす 今ぞ鳴くなる(読人知らず)



 ホトトギス(鳥類図鑑より)



 というように枚挙に暇(いとま)がありませんけれど、当時の人はホトトギスが渡り鳥であることを知らないんですね。ですから四月までは山にいて、五月になると里に下りてくると思っていたようです。山にいる間は「山ほととぎす」といい、五月以前に鳴く時は忍んで鳴くものだとして、「忍び音」と言っています。面白いですね。そういえば唱歌に「夏は来ぬ」というのがありました。
 卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて 
 忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ


 随分昔の唱歌ですが、学校で習われた方も多いことでしょう。この歌には他にも「五月雨」、「早乙女」、「橘」、「蛍」、「水鶏(くいな)」、「早苗」等々の言葉が詠みこまれているので、王朝人が詠んだ初夏の風物詩の集大成かと思ってしまったくらいです。今更ながら「なるほど…」ですね。

 因みにホトトギスは何といって鳴いているかご存じですか。「本尊かけたか」、「特許許可局」、「てっぺんかけたか」などいろいろな説がありますけれど、一度ゆっくり耳を傾けてみるのもよいかもしれません。


 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます   関連ブログリンク(大江戸の初夏あやめの根合せ端午の節句
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 義経の最期 | トップ | 江戸のレンタルショップ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事